https://babys-care.net/life/

子育てか仕事か…ママの選択とは?

子育てか仕事か悩むママは多い

子育てか仕事か…。女性にとって永遠のテーマでもありますよね。

女性が社会で働くことが当たり前となった今。

産休・育休を経て、本格的に仕事復帰をすべきか、それとも子育てに専念すべきか…。

どのような道を選択するか、ママ自身にゆだねられています。

 

一体どのような選択をすることが良いのでしょう。

今回は、子育てか仕事か?というテーマについて考えていきたいと思います。

 

子育てか仕事か…どちらを優先する?

子育てか仕事か、どちらを優先すべきなのでしょう。

ここでは様々な考え方をご紹介します。

 

【子育てを優先する派】

・子どもと過ごせる時間は限られているから

・保育園が入りにくいから(入れなかったから)

・産前と同じように働けない職場(業種)だから

・パパも仕事でいないことが多いので、自分しか子育てをする人がいないから

 

子育てを優先したママのなかには、今しかない子どもの成長を見守りたい!…という思いが強いママもいれば、保育園や周囲の協力が得られないなど物理的要因でやむを得ず「子育てを優先した」というママもいるようです。

 

実際のところ、正社員で育休明けに仕事復帰できたとしても、子どもが小さいうちは産前と同じように働くことが難しいもの。

子どもの体調不良で、急に休んだり、遅刻・早退があったり、子どもの行事や習い事でスケジュール調整をしなければならなかったりするものです。

 

思うように働けない苛立ちや周囲の目を気にしてしまうママは多いため、思い切って「子どもが小さいうちは子育てを優先する」という選択をすることもあるでしょう。

 

【仕事を優先する派】

・子育てが終わってからでは、年齢的に正社員で働けなさそうだから

・単に仕事が好きだから

・子育てにお金がかかるから

・子どもに誇れるママでいたいから

・周囲のサポートが得られそうだから

 

理解を得やすい職場だったり、子どもを預かってもらえる家族の存在など、周囲のサポートが得られたりする場合は、出産後、そのまま仕事に復帰して働くママもいます。

 

せっかくの「やりたい仕事」を諦めきれないという思いや、将来的なことも視野に入れて「仕事を続けていった方がよい」という思いから、仕事を続ける選択をすることもあるでしょう。

 

「子育てと仕事」どちらも選べないとき

子育てか仕事か?という選択肢を突き付けられたとき。

やはりどちらも選べない!というママもいますよね。

 

子育てを優先したいけれど、働くことを辞めたくないというママもいるでしょう。

働くことで、新たな世界を知ることができたり、「○○ちゃんのママ」ではない自分でいられたりすることは、大きなメリットでもあります。

 

とはいえ、環境的に産前と同じように働けないというママがいるのが現実。

そんなときは、働き方を変えてみましょう。

 

【子育てママにとって無理のない働き方とは?】

出産後のママが、子育てか仕事か選べない場合、選択肢に入れたい「働き方」とは一体どのようなものが考えられるでしょうか?

 

たとえば、「正社員」にこだわるのではなく、時間の融通が利く派遣社員やパートとして働くことも可能です。

これまで働いていた職場で、雇用形態を変更できるようであれば、相談してみるのも良いでしょう。

 

また、在宅でできる仕事に変えて、うまく子育てと仕事を両立するというのも1つです。

最近は、子育て中のママでも働ける在宅ワークが増えていますから、自分の経験が活かせる仕事があるといいですね。

隙間時間を有効に活用し、自宅で無理なく働くというのも1つのスタイルでしょう。

 

ほかにも、託児所完備の仕事を探すという選択肢もあります。

 

子育てと仕事を両立するには?

たとえ正社員でバリバリ働くことができず、パートや派遣社員という雇用形態であっても、ママが働くということは、決して簡単なことではありません。

 

産休・育休中に、すべての時間を子育てに費やしてきたと違って、慣れるまでは慌ただしい日々が続くかもしれません。

子育て・仕事に加え、家事もこなさなければなりませんから、ママの負担は増えてしまうでしょう。

 

無理なく子育てと仕事を両立するためには、やはりパパの存在は必要不可欠

子育てか仕事か悩んでいるママは、まずは夫婦でよく話し合って、共働きをする際に生じる様々な問題についてシミュレーションをしてみるといいでしょう。

 

まとめ

子育てを優先させる、仕事を優先させる、子育ても仕事も両立する…。

このどれを選択しても、決して間違いではありません。

 

よく「小さいうちから働くなんて子どもがかわいそう」という声を耳にしますが、それは各個人の考え方。

働くママの子どもが、みんな不幸なわけではありませんよね。

仕事をしているからこそ、ママが輝いていたり、子育てとのメリハリができて、笑顔でいられる時間が増えたりすることもあるでしょう。

 

逆に子育てを優先させるために専業主婦になったとしても、それは間違いではありません。

子育てがひと段落してから、また仕事に復帰するという未来だってあるからです。

 

最も大切なことは、ママが無理のない決断をすること。

周りに左右されず、ママの考えをしっかり持って、今できる最善の道を選択してくださいね。

この記事を書いたライター

たけだ あおい
たけだ あおい

東京都出身、埼玉県在住。 現在、パートにて事務職の仕事をしながら、在宅ライター、幼稚園児の娘の母と3つの顔を持っています。 毎日ちょっぴり反抗期の娘の子育てに奮闘中!! 働くママという目線から、同じように子育てに悩み、楽しんでいるママたちのためになる情報をお届けしたいと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php