https://babys-care.net/life/

働くママの「あるある」8選

働くママあるあるとは?

働くママであれば誰もが経験するようなエピソード、それが「働くママあるある」です。

 

出産を終えてしばらくは育児に専念していたママも、赤ちゃんの成長に伴い職場復帰を考えるケースは多いでしょう。

育休から復帰するママもいれば、新しく仕事を始めるママもいますよね。

 

おもしろいことに環境やライフスタイル、仕事内容などそれぞれ全く違うのに、働くママには共通する「あるある」があるようです。

仕事を持つママ達が感じるあるあるには、どのようなことがあるのでしょうか?

今回は働くママなら思わずうなずいてしまうような「あるある」を集めてみました。

 

働くママあるある【大変なこと】

働きだすと赤ちゃんと過ごしていた日々とは一変し、ママの生活は忙しくなります。

働くママ達が感じるあるあるで多いのは、やはり大変なことのようです。

 

【あるある①子どもの体調不良】

働くママが感じる1番のあるあるは、子どもの体調不良に関することでしょう。

 

・職場に着いて間もなく、保育園からのお迎え要請

・どうしても休めない日に熱を出す

・子どもの体調不良が続いて欠勤ばかり

・有給が一瞬でなくなる

・もれなくママも風邪が移る

 

などは、働くママの共通する悩みです。

仕方のないこととはいえ、あまりに頻繁だとママも辛いですよね。

休みや早退が多いと、職場に申し訳ない気持ちになるでしょう。

体調を崩している子どものことを1番に考えてあげたいのに、仕事のことが気になって自己嫌悪になることも。

子どもの体調不良と仕事の両立は、働くママにとって永遠のテーマのようです。

 

 

【あるある②家庭と仕事の両立がきつい】

仕事で疲れていても、家に帰れば家事育児が待っています。

これらをママ1人でこなすのは、体力的にも精神的にも大変です。

 

パパやおじいちゃんおばあちゃんの協力を得られる場合もあるでしょうが、それでもママの負担は大きいでしょう。

完璧にしようとせず、上手に手を抜いたり周りに頼ったりしたいですね。

 

 

【あるある③自分の時間がない】

自分の時間がないのも、働くママあるあるの1つです。

起きてから寝るまで家事に育児に仕事に大忙しのママは、自由な時間を作るのも難しいですよね。

自分時間の確保は、働くママの課題かもしれません。

 

 

【あるある④睡眠時間が足りない】

家に帰っても子どもが寝た後に家事や残った仕事をしたり、朝は家族の誰より早く起きて食事の準備や出かける支度をしたり。

睡眠時間が足りないと感じている働くママは多いようです。

疲れていればなおさらでしょう。

 

夜は子どもと一緒に早く寝しまうのも、睡眠時間を確保する方法の1つです。

その分朝に家事をすると、はかどるかもしれませんよ。

 

 

【あるある⑤ストレスが溜まる】

忙しくて自分の時間や睡眠時間が取れなければ、ストレスも溜まります。

ストレスを発散する機会もなかなか持てないため、悪循環になりがちです。

 

働くママあるある【嬉しいこと】

働くママあるあるには、もちろん嬉しいあるあるもあります。

 

【あるある①お迎えの時の子どもの笑顔に癒される】

家事や育児との両立が辛く、仕事を辞めたいと思ったことがあるママもいるのではないでしょうか。

働いていれば、職場で嫌なことがあって気持ちが沈んでしまう日もあるでしょう。

 

それでも保育園に迎えに行った時の子どもの嬉しそうな顔を見れば、また頑張ろうと思えますよね。

我が子の可愛らしい笑顔は、働くママの原動力です。

 

 

【あるある②収入があることで余裕ができる】

働いて収入を得られると、金銭面だけでなく精神的にも余裕が生まれます。

罪悪感なく好きなことに使えるお金が少しでも増えれば、ママも息抜きがでそうですね。

 

 

【あるある③子どもとの時間を大切にできる】

離れている時間があるからこそ、一緒に過ごす時をより大切にできるのも働くママあるあるです。

 

子どもとの時間が限られていれば、わがままや癇癪にも少しは穏やかに対応できるかもしれません。

休みの日に一緒に遊ぶ何気ない日常も、かけがえのない時間になりますよ。

 

働くママあるあるから見えるもの

働くママのあるあるから見えるのは、ママ達の悩みや楽しみでした。

 

家事や育児をしながら働くのは、想像以上に大変です。

嫌なことや辛いことがあった時は、孤独を感じるかもしれません。

しかし働くママはみんな、同じ悩みを抱えています。

自分だけじゃないと思うと、何だか少し気が楽になりますよね。

 

またこれから仕事を始めるママは、あるあるを知っておくことで心構えもできるでしょう。

嬉しいあるあるを知れば、それを楽しみに仕事も頑張れそうですね。

 

まとめ

働くママに共通する悩みや喜び、それが「働くママあるある」です。

今回ご紹介したのはほんの一部で、まだまだたくさんのあるあるがあるでしょう。

職場の働くママ同士で話したら、盛り上がるかもしれませんね。

 

あるあるの内容は、子どもの成長と共に変化します。

あんなに大変だと思っていたあるあるも、数年後に思い返せば良い思い出になっているはずです。

働くママの悩みは尽きませんが、誰もが通る道だと思えば、あるあるにも落ち着いて対応できそうですね。

 

あるあるを知ることで、働くママの気持ちが軽くなれば幸いです。

忙しい毎日を少しでも穏やかで楽しく過ごせるよう、応援しています。

この記事を書いたライター

中岡ゆり
中岡ゆり

5歳と2歳の男の子を育児中のママライター。ワンオペの毎日は大変ですが、バタバタと賑やかに過ごしています。 現在はパートをしながら、在宅ライターとしても活動中。ちょっとしたことで不安になり、心配していた0歳児育児。 同じように悩むママたちが、今しかない赤ちゃんとの貴重な時間を安心して楽しめるきっかけになるような記事をお届けしたいと思います。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php