https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

完全母乳育児のメリット・デメリット

完全母乳育児のメリット・デメリット

完全母乳育児とは?

“完全母乳”という言葉を聞いたことはあるでしょうか。
赤ちゃん用のミルクなどに頼らず、母乳だけで赤ちゃんを育てることを指します。

 

「完母」と略されることも多いですね。世界的に赤ちゃんはできるだけ母乳で育てましょうという傾向があるため、妊娠中から完母を目指したいという人も増えています。

 

しかし、それだけにプレッシャーを感じているママも少なくありません。
母乳の量はもちろん、母乳育児が軌道にのるまでの過程は個人差が大きいもの。赤ちゃんの成長やママの産後の回復状態も考慮する必要があります

 

今回はそんな完全母乳のメリットとデメリットを見ながら、ママにとってストレスのない授乳方法とはどのようなものか考えていきましょう。

完全母乳はいい?母乳育児のメリット

母乳で育てることにはさまざまなメリットがあります。赤ちゃんにとってのメリットと、ママにとってのメリットの2つに分けてそれぞれみていきましょう。

 

【赤ちゃんにとっての母乳のメリット】
感染症のリスクが下がる
生まれたばかりの赤ちゃんは免疫力が未熟な状態。そんな赤ちゃんをさまざまな病気やアレルギーから守るために大切な役割をしてくれるのが、ママの母乳です。特に授乳開始時に出る“初乳”には抗体が多く含まれ、赤ちゃんの免疫力や腸の調子を整えるサポートをしてくれます

 

母乳育児ではSIDSの発症率が低い
SIDS(乳幼児突然死症候群)の原因は不明ではありますが、どちらかというと母乳を飲んでいる赤ちゃんの方が発症率が低いと言われています。ミルクがSIDSを引き起こすというものではありませんが、母乳が出るのであれば飲ませてあげましょうという傾向が世界的にあります。

 

安心感がある
母乳を飲ませる場合、ママと赤ちゃんの体は密着します。しっかりとママに抱っこされた赤ちゃんは、安心した時間を過ごすことができるでしょう。

 

【ママにとっての母乳育児のメリット】
産後の回復を早める
授乳は妊娠中大きくなった子宮の収縮を促進してくれます。出産という大仕事を終えたママの体を元に戻す役割も担ってくれます。

 

がんのリスクを下げる
母乳育児をしているママは乳がん、子宮体がんや卵巣がんを患うリスクが低いと昔から言われてきました。これらのがんの発症には女性ホルモンであるエストロゲンが関連していると考えられていますが、授乳によりエストロゲンの分泌を抑えられるからです。

 

あくまでリスクを下げるだけなので、絶対がんにならないというわけではないのですが、ママにとってのメリットになりえますね。

 

体重が戻りやすい
母乳ダイエットという言葉があるように、母乳育児をしている間は太りにくいと言われています。授乳によってエネルギー消費量が日常よりも増えるからです。

 

妊娠中に増えた体重が戻りやすく、さらには妊娠前よりも痩せる方もいます。ただし、太りにくいからと言って食べ過ぎては痩せられないので注意しましょう。

 

手間がかからず、経済的
ミルクと比べて調乳の手間が省けること、ミルクの購入費用がかからないことも母乳育児のメリットです。手軽で経済的ですね。

母乳育児・完母のデメリットとは?

たくさんのメリットがある母乳育児ですが、デメリットも存在します。また、完母にこだわりすぎることでの注意点もあります。

 

【母乳育児のデメリット】
薬の服用に制限がある
授乳中は妊娠中と同じく、薬の服用には制限があります。もちろん、授乳中でも母乳に影響しないものは服用可能ですが、万が一のことを考え、服用自体を避けるママが多いようです。

 

乳腺炎などのリスクがある
母乳育児が軌道にのり始めても、乳腺炎などのトラブルに悩むことは多いです。

 

授乳を代わってもらえない
ミルクの調乳や飲ませるのはパパや他の人にも代わってもらえますが、母乳の授乳はママにしかできません。幸せなことではありますが、授乳中は長時間子どもを預けるということが難しいのが難点です。

 

搾乳して、それを飲ませてもらうということも可能ではありますが、搾乳に手間がかかったり、赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がって飲まなかったりということもよくあることです。

 

授乳に適した服を考える必要がある
赤ちゃんが欲しがった時すぐに授乳をするためには、授乳しやすい服を選んで着なければいけないというデメリットもあります。ワンピースなどは卒乳まで避けている、というママも多いようです。

 

【完全母乳へのこだわりは危険】
完全母乳という言葉に、一切ミルクに頼ってはいけないというイメージを持つ人もいます。母乳育児の良さはもちろんたくさんあるのですが、「絶対に母乳で育てなきゃ」とこだわりすぎるのは危険。大切なのは赤ちゃんの成長です。

 

赤ちゃんが上手に母乳を飲めるようになるのにも、ママの母乳の出が軌道にのるようになるにも時間がかかります。母乳だけでは赤ちゃんの体重が増えていなかったり、授乳がうまくいかずに悩んでしまうようなら、こだわりすぎずミルクに頼りましょう

まとめ

母乳にメリットがあるように、ミルクを使って授乳することにもメリットはたくさんあります。赤ちゃんの体重が順調に増えているか、変わった様子がないかなど赤ちゃんの体調を重視し、ママにとってもストレスのない授乳生活を楽しみましょう。

この記事を書いたライター

おかだ うみ
おかだ うみ

11歳、6歳の兄弟を育児中のママライター。うどん県出身、お蕎麦の美味しい北陸在住。趣味はカフェ巡り、キャンプ、音楽鑑賞。子どもたちとの些細なできごとを100%楽しめるような毎日にしたい!と日々模索中。その中で学んださまざまな情報をお届けできたらと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php