https://babys-care.net/life/

授乳中ははちみつを食べてもいいの?

授乳中のママははちみつを食べられる?

1歳未満の赤ちゃんは、はちみつを食べてはいけないということを聞いたことがあるかと思います。

これは、乳児がはちみつを口にしてしまうことで、乳児ボツリヌス症という病気を発症する危険性があるためです。

 

では、赤ちゃんに母乳を与えているママは、はちみつを食べてはいけないのでしょうか。

ママがはちみつを口にしてしまったら、赤ちゃんに影響がないか心配になってしまうママもいるかもしれませんね。

授乳中のママの体や、赤ちゃんの体にはちみつが与える影響について、一緒に見ていきましょう。

 

授乳中のママははちみつを食べても大丈夫

授乳中のママが何も知らずにはちみつを食べてしまった時、真っ先に心配になるのが、赤ちゃんに与える影響ではないでしょうか。

 

結論から言いますと、授乳中にはちみつを摂取しても、赤ちゃんの体には全く影響はありません

はちみつはママの体の中(腸内)で吸収されますが、母乳から赤ちゃんにとって危険な成分が出てしまうということもありません。

 

むしろ、はちみつは栄養が豊富な食べ物です。

ビタミン類やミネラル類、アミノ酸、酵素などを豊富に含んでいることから、授乳中にも摂取したい食べ物と言えるでしょう。

また、ぶどう糖や果糖も含んでいるため、疲労回復効果も期待できます。

 

授乳中のママは風邪をひいても、安易に風邪薬を飲めないということもあるかと思います。

そんな時にもはちみつは、咳止めの効果も期待できるのでおすすめです。

 

はちみつを授乳期の赤ちゃんが食べるのは危険!

授乳のママははちみつを食べることができますが、1歳未満の赤ちゃんにとってはちみつは食べてはいけないリスクが高い食べ物です。

はちみつにはボツリヌス菌が稀に混入していることがあり、体や腸が未発達の赤ちゃんが口にしてしまうと、乳児ボツリヌス症を発症してしまう恐れがあるためです。

赤ちゃんが乳児ボツリヌス症に感染・発症すると、便秘、筋力低下、脱力状態、母乳やミルクを飲む力が少なくなる、泣き声が小さくなる、頭を支えられなくなるといった症状が見られることがあります。

 

大人は体が成熟し、腸も正常に機能しているため、ボツリヌス菌を口にしても、腸内の細菌がボツリヌス菌の定着を阻止してくれるため、いつもと変わらず消化機能が働くため、体は平気ですが、赤ちゃんは違うということを覚えておきましょう。

 

【赤ちゃんははちみつが入った加工食品にも注意】

はちみつを使っているジュースやお菓子などの加工食品、料理なども、1歳未満の赤ちゃんは口にすることはできません。

はちみつを料理に使うことで味にコクや深みが出ておいしく仕上がることもありますが、大人の料理を赤ちゃんの離乳食の取り分けに使う際は注意しましょう。

 

大人がはちみつを食べる際の注意点

先述にも記載しましたが、はちみつは大人にとっては、とても栄養価の高い食品です。

特に、咳を伴う風邪をひいている時には効果が期待できます。

授乳中のママがはちみつを食べることは可能ですが、気を付けたい注意点がいくつかあるため、押さえておいてください。

 

【扱いに気を付ける】

はちみつは必ず1歳未満の赤ちゃんの手が届かないところで管理、保管しましょう。

赤ちゃんが手に取ったり、誤って口にすることは絶対にないようにしてください。

また、はちみつはこぼれやすいので、こぼれた部分に赤ちゃんが手を伸ばしたり、誤って舐めたりしないよう気を付けましょう。

 

また、はちみつが入っている容器や中身に赤ちゃんが触れないようにも気を付けたいですが、ママやパパが口にしている食事や、はちみつを食べるために使ったスプーンや食器を、赤ちゃんが真似をして口に入れてしまうという危険性もあります。

好奇心旺盛な赤ちゃんがいる家庭では、赤ちゃんの見えないところで口にするといいですね。

 

ただし、このように気を付けていても、1歳未満の赤ちゃんがはちみつを舐めていた…という事故は、発生する可能性があります。

1歳未満の赤ちゃんが、「はちみつの含まれているものを食べたら必ずしも乳児ボツリヌス症を発症する」とは限らないため、まずは赤ちゃんの様子を注意深く観察してください。

もし、赤ちゃんの様子がいつもと違うようだったり、体調が悪くなるようなことがあったりすれば、すぐに病院を受診しましょう。

 

【食べ過ぎに注意】

体にいいとされるはちみつですが、糖分が多く含まれます。

食べ過ぎることで中性脂肪の増加や体重増加に繋がることが考えられるため、食べすぎには注意が必要です。

授乳中は特にバランスの良い食事を心がけていきたいですね。

 

まとめ

はちみつは、1歳未満の赤ちゃんは食べることができない食べ物です。

しかし、授乳中のママが食べても、母乳からはちみつの成分が赤ちゃんに届くという心配はありません。

栄養が豊富に含まれているため、授乳中にもおすすめしたい食べ物です。

 

ただし、誤って赤ちゃんが口にしてしまうと危険です。

はちみつを食べる際は、管理などに気を付けるようにしましょう。

この記事を書いたライター

斉藤亜依
斉藤亜依

4歳と2歳のやんちゃ娘を育児中の元保育士。現在は旦那の自営業を支えながらも、保育や子育ての経験を活かせる仕事がしたい!と強く思い、上の子の出産を期にライターの仕事をしています。 ワ―ママ×ワンオペ育児でキツイと感じることもありますが、同じように仕事や育児に奮闘するママに寄り添えるような記事をお届けしたいと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php