https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

授乳ストラップの使い方と選び方

授乳ストラップの使い方と選び方

授乳ストラップとは?

授乳専用の服は意外と高価。しかも、授乳口のついている授乳専用の服でも、意外と使ってみると、ママが片手で服を押さえていないと赤ちゃんが飲みにくくなってしまうこともありますよね。
いったいどうすれば快適に授乳ができるのか…と頭を抱えているママも多いと思います。毎日のことですから、ストレスフリーに授乳したいですよね。

 

そんなママにおすすめなのが「授乳ストラップ」です。授乳ストラップは、授乳ネックレスとも呼ばれていて、その名の通りネックレスのように大きな輪になっているもの。
首にかけ、輪っかの中に服を通すようにして使用します。これを使うと、服がずれてきて、赤ちゃんのお顔にかかってしまう心配もいりませんし、授乳口のない普通の服でも授乳しやすくなります。

 

今回は、授乳をもっと楽にしたいママへ、授乳ストラップの使い方や選び方をご紹介します。

 

授乳ストラップの使い方

授乳「ネックレス」とも呼ばれている様に、授乳ストラップは首にかけて使用します。

 

【授乳ストラップの使い方】
①首にかけた授乳ストラップを服の中に入れる。
②下から授乳ストラップを出して、授乳したい側の服を引き上げる。
③そのままもう一度授乳ストラップを首にかける。

 

言葉にすると少し複雑に感じるかもしれませんが、要は首に引っかけた紐で服をたくし上げて、再度首に引っかけることで固定するという仕組みです。

 

授乳口のある服の場合は、授乳口を通して引き上げて使うと、授乳中にかがんでも服が赤ちゃんを邪魔することを防げます。
授乳口付きの洋服+授乳ストラップというパターンは、授乳に必要な部分だけ出せるので外出先や寒い時期にもはさらに便利です。

 

授乳ストラップの選び方とおすすめ3選

授乳は毎日、何度も行うものですから、できるだけママの負担にならないように、首が痛くならない様な素材、肌に優しい素材を選ぶことも大切です。
授乳時間も赤ちゃんによって違うので、デザインで選ぶとストラップが食い込んでしまって痛いなども起こり得ます。

 

授乳ストラップを選ぶ時には、まずは機能性を1番重視して選びましょう。
授乳ストラップには様々な種類がありますが、中でもおすすめな種類を3つご紹介します。授乳ストラップ選びの参考にして下さいね。

 

【①ネックレスに見える授乳ストラップ】
授乳ストラップの中には一見、アクセサリーにしか見えないものもあります。
レース素材でナチュラルなコーディネートに合うものもあれば、コットンパールでできている真珠のネックレス仕様のものもあります。
赤ちゃんが引っ張っても切れない様にゴムが使われているので、コットンパールの授乳ストラップはアクセサリーとして使うこともできます。

 

1日に何度もある授乳タイムだからこそ、授乳ストラップをついつい外し忘れてしまうこともあります。そんな場合も、アクセサリーと兼用できれば恥ずかしい思いをすることもありません。
赤ちゃんが小さいうちはネックレスも容易に付けられないので、授乳ストラップでおしゃれを楽しめるのも嬉しいポイントですね。

 

【②マスコットが付いている授乳ストラップ】
授乳ストラップにマスコットがついているものあります。マスコットは取り外しができる様になっていることが多いので、赤ちゃんの視界に入るところに付けてあげられます。
また、授乳中以外でも赤ちゃんがぐずってしまった時にも、携帯用のおもちゃとして使えるので一石二鳥です。

 

【③ロングヘアにはシュシュタイプ】
授乳ストラップは首からかけて仕様しますが、ロングヘアのママの場合はストラップが髪に絡んでしまったりすることもあります。
また、首にかけて使用するのが状況的に難しい場合もあるかも。そんなときはシュシュタイプがおすすめです。

 

シュシュタイプは、ヘアゴムに使用するシュシュの輪っかがスナップボタンなどで取り外しできる様になっています。
首にかけるという動作をしなくても、たくし上げた服を首の部分からまとめて固定できます。

 

冬場で厚着の場合はシュシュではまとめきれない場合もあるので、注意してください。また、ネックレスでは長すぎるということもあります。場面に合わせてネックレスとシュシュを使い分けるのも良いですね。

 

授乳ストラップを手作りするママも!

ハンドメイドで自分だけの授乳ストラップを作れば、毎日がもっと楽しくなりますよね。
さまざまな作り方がありますが、1番簡単な方法としては、ひもやゴムを輪にしてアレンジする方法です。

 

ゴムひも
革ひも
ヘアゴム

 

ある程度ストレッチの効いている紐ならば問題ありません。
どれも長い状態で売られている為、切らずに使えます。好きなボタンやタッセルなど、飾りになるものを通して結んで固定します。

 

あとは長い紐を結んで輪にしたら、あっという間に授乳ストラップの完成です!
子育ての合間でも時短でパパッとできるのでおすすめですよ。

 

まとめ

授乳ストラップをまだ使った事がないママはぜひ一度試してみて下さい。
100円均一にある材料で簡単に作ることもできるので、すぐに試せますよ。

 

授乳は同じ体勢が続き、タイミングもなかなか自分ではコントロールできない為、ストレスが溜まります。
だからこそ、少しでもストレスフリーに、スムーズに授乳ができる様に授乳ストラップを活用して下さいね。

この記事を書いたライター

みはる
みはる

料理が好きでブログも運営しているマルチライター。プレママやこれから妊娠を予定している方に役立つ知識を、分かりやすくお届けします!

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php