https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

授乳中にコーヒーは控えた方がいいの?

授乳中にコーヒーは控えた方がいいの_

授乳中のコーヒーについて

妊娠中だけではなく、授乳中もカフェインの摂取に気をつけている方がほとんどではないでしょうか。

 

妊娠前にたくさんコーヒーを飲んでいた方にとっては、飲まないようにセーブするのはなかなか難しいですよね。
授乳中でも、コーヒーを飲むのは控えた方が良いのでしょうか?

 

今回は、授乳中にコーヒーは控えた方が良いのかどうかについてと、飲みたくなった時の対処法について詳しくご紹介します。

授乳中のコーヒーが与える影響

まず、授乳中のコーヒーが与える影響についてみていきましょう。

 

【カフェインの作用】
コーヒーを飲むと目が覚めたりトイレが近くなる、という経験はありませんか?
コーヒーに多く含まれるカフェインには、どのような作用があるのでしょうか。

 

・利尿作用
・眠気さましなど興奮する作用
・集中力を高める
・疲労を抑制する
・皮下脂肪燃焼

 

作用自体は体に悪影響を及ぼすものではなく、むしろ良い点の方が多いでしょう。
過剰摂取してしまうと、授乳中に関わらず、心拍数増加など有害な作用を引き起こすこともあります。

 

【授乳中のコーヒーはどれだけ母乳に影響する?】
赤ちゃんのお世話で疲れた時や眠気さましに、つい飲みたくなるコーヒー。
ママだけではなく、コーヒーは赤ちゃんにも影響するのでしょうか。

 

授乳中にカフェインを摂取すると、そのうちの1%程度は母乳へと移行します。
授乳中のカフェイン摂取量として、コーヒーは1日2杯までならリスクがない(※)とされています
ただし、コーヒー以外の飲料や食材にもカフェインが含まれているため、1日の合計で考える必要があるようです
<※食品安全委員会ファクトシート「食品中のカフェイン」 https://www.fsc.go.jp/sonota/factsheets/caffeine.pdf

 

【カフェインを赤ちゃんが摂取すると良くない理由は?】
カフェイン摂取の後に授乳をすると、赤ちゃんへの影響が心配ですよね。
母乳にカフェインが移行してしまうと、赤ちゃんにもそのままカフェインの作用が影響してしまうことも。
作用として挙げた「興奮作用」「眠気さまし」などが影響し、夜に眠れなくなる、頻繁におしっこをする、何度も泣いてしまうということもあるかもしれません

 

ただでさえ難しい赤ちゃんの生活リズム。
赤ちゃんに与える影響を考えると、摂取量には注意して、1日1〜2杯程度なら大丈夫と考えておきましょう。

授乳中にコーヒーと上手に付き合う方法

赤ちゃんのお世話をしていると、常に寝不足になってしまう方も多いですよね。
そんな時につい飲みたくなるコーヒー。
授乳中にはどのようにコーヒーと付き合っていけば良いのでしょうか。

 

【カフェインレスやカフェイン量の少ないものを選ぶ】
コーヒー以外のカフェイン量を含めて、1日のトータルで考えるのはなかなか大変ですよね。
カフェインレスやできるだけカフェイン量の少ないものを選ぶようにしましょう。

 

【授乳後に飲む】
コーヒーを飲んですぐだと、体内のカフェインの濃度が高いままになってしまうため、どうしても飲みたい場合は授乳後にしましょう
ただし、授乳後に飲んでもカフェインの濃度が極端に下がるということではないので、摂取量には気を付けましょう。

 

【コーヒー以外のドリンクに変えてみる】
もともとコーヒーが大好きな方は、疲れた時こそ飲みたくなりますよね。
そこで、次節で紹介する代わりにおすすめの飲み物を思い切って試してみるのもおすすめです。
今までコーヒーばかり飲んでいたけど、実はおいしい!という発見があるかもしれません。

コーヒーの代わりにおすすめの飲み物

コーヒーだとカフェインの摂取量に気をつける必要があります。
そこで、授乳の期間が終わるまでは、コーヒー以外の飲みやすいものに思い切って変えてみるのもおすすめです。
試してみると意外とおいしくて、コーヒーよりもはまってしまうかもしれません。

 

【たんぽぽコーヒー】
たんぽぽの根をコーヒ豆の代わりに使って焙煎し作られたもので、「コーヒー」という表記ですが実際にはコーヒー豆は使われていません。
ノンカフェインで見た目や風味はコーヒーに似ていますが、味はお茶に近いため「たんぽぽ茶」として販売されていることもあります。

 

【ハーブティー】
ノンカフェインのものが多いハーブティー。香りや風味が特徴的なので、色々と試してお気に入りのものを見つけたいですね。
中には微量のカフェインが含まれている場合もありますので、ノンカフェインかどうか確認をして選びましょう。

 

【ノンカフェイン・カフェインフリー】
カフェインの入っていないコーヒーやお茶などもあります。そこで気をつけたいのが、「ノンカフェイン」などの表記です。
「カフェインレス」や「デカフェ」と書かれいてる飲料には、少量のカフェインが含まれていますので、確認をして選ぶようにしましょう

まとめ

授乳中でも飲みたくなるコーヒー。
もともと飲む習慣があった方は特に、我慢するのがつらいこともあるかもしれません。
どうしてもという時は、1〜2杯程度に留めたりカフェインレスを選ぶ、他の飲み物に変えるなど、授乳の期間が終わるまでは上手に付き合っていきたいですね。

この記事を書いたライター

おがわ みなみ
おがわ みなみ

関西在住で一児の母です。 子育てをしながら仕事も両立したいと思い、在宅ライターを始めました。 日々、子供と楽しく暮らせるよう工夫することが大好きです。 新米ママやプレママさんのお役に立てるような記事をお届けします。よろしくお願いします。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php