https://babys-care.net/life/

赤ちゃんの断乳と卒乳どっちが良いの?

赤ちゃんの断乳と卒乳どっちが良い?

今、ママのおっぱいを飲んでいる赤ちゃんも、いつかは卒業します。

さて、そこでよく耳にするのが「断乳」と「卒乳」ではないでしょうか。

どちらもおっぱいを飲まなくなるという点では、同じように感じるかもしれませんね。

今回は赤ちゃんの断乳と卒乳の違い、どちらが良いの?という点についてみていきましょう。

 

赤ちゃんの断乳と卒乳の違い

まず、断乳と卒乳の基本的な違いについてご紹介いたします。

 

【断乳とは】

断乳とはママの意思で授乳を止めることです。

赤ちゃんはまだおっぱいを欲しがっていても、復職や病気、二人目を考えているなど、ママや家族の何らかの理由により授乳を断つことを指します。

 

【卒乳とは】

卒乳とは赤ちゃんの意思で授乳を卒業することです。

卒乳は本来、赤ちゃんが母乳を欲しがるまで与え続けることを指していました。

最近では、母乳を欲しがるまで与え続けることを「自然卒乳」、赤ちゃんの意思や成長を確認しながら計画的に卒業できるようにする「計画卒乳」に分けられて呼ぶことも多いようです。

 

このように、断乳と卒乳の基本的な一番の違いは赤ちゃんの意思で行うかどうかです。

赤ちゃんの意思ではない場合は断乳、赤ちゃんの意思を優先する場合は卒乳、ということになりますね。

 

断乳と卒乳はいつが良いの?

断乳と卒乳、いずれもおっぱいを離れるという点では一緒ですが、どれくらいの時期を目安にしたら良いのでしょうか。

目安としては、以下のような成長がみられたら断乳・卒乳ともに大丈夫と言えるでしょう。

 

・水が麦茶などからしっかり水分を摂れるようになった

・離乳食を3食しっかり食べられている

・歩けるようになった

・大人の声かけに反応してくれるようになった

 

母乳の大きな役割は栄養や水分を摂るためなので、他でちゃんと摂れているかが重要です。

水分をしっかり摂れていたり離乳食を食べられていたりするのであれば、断乳と卒乳、どちらも進めて大丈夫でしょう。

 

断乳のメリットとデメリット

断乳と卒乳の違いを解説いたしましたが、今度はそれぞれのメリットとデメリットについてみていきましょう。

 

【断乳のメリット】

・夜泣きが減る

・就寝時に起きなくなる

・離乳食が今までよりも食べられるようになる

 

断乳すると、赤ちゃんが就寝時に起きなくなったり夜泣きがなくなったりする傾向があるようです。

赤ちゃんがしっかり寝てくれるようになるおかげで、夜中のお世話がなくなりママもしっかり眠れるというメリットもありますね。

また、母乳以外でしっかり栄養を摂ろうとするので、離乳食を今までよりもしっかり食べるようになった赤ちゃんも。

 

【断乳のデメリット】

・赤ちゃんが不安定になる事がある

・おっぱいが詰まって炎症を起こす場合も

 

急におっぱいから離れるとなると、赤ちゃんの気持ちが不安定になることも。

また、今まで母乳の出が良かった場合、急にやめることで詰まってしまいおっぱいトラブルを起こしてしまうかもしれません。

ただし、少しずつ搾乳をすることにより、トラブルを回避する事もできます。

 

卒乳のメリットとデメリット

続けて、卒乳のメリットとデメリットをご紹介いたします。

 

【卒乳のメリット】

・スムーズにおっぱいから卒業できる

・赤ちゃんの気持ちの負担がない

・おっぱいトラブルが少ない

 

卒乳は赤ちゃんの意思でおっぱいから卒業するため、断乳よりもスムーズにおっぱいから離れることができます。

赤ちゃんは満足している状態なので、気持ちの負担も少ないでしょう。

また、卒乳に合わせて徐々に時間をかけて母乳量が減っていくため、おっぱいトラブルも少なく済むことが多いようです。

 

【卒乳のデメリット】

・おっぱい卒業まで時間がかかる、時期が読めない

 

デメリットは少ないですが、赤ちゃんの意思で決める卒乳の場合はタイミングをママが決めることはできません。

自然なタイミングを待っていると、2〜3歳までかかる場合もあるようです。

時間にゆとりがあったり、子どもとの触れ合いが大切と考えたりするママであれば問題ないと言えるでしょう。

 

最終的にはママの判断で

断乳と卒乳、どちらの方が良いという答えはありません。

 

断乳と卒乳にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

大きく異なる点は赤ちゃんの意思があるかどうかです。

 

しかし、やむをえずおっぱいを卒業しないといけない事情も人それぞれあるでしょう。

周りから「もう卒業するの?」と言われることがあっても、最優先にしたいのはママの判断です。

早く断乳したからといって、赤ちゃんは愛情不足と感じることはありません。

 

また、卒乳を無理に待つというのも負担に感じるママもいるかもしれません。

卒乳するか断乳するかの判断は、赤ちゃんの成長とママの判断で決めるようにしましょう。

 

まとめ

生まれてすぐから始めた母乳での授乳。

赤ちゃんが欲してくれる姿はなんとも愛おしいことでしょう。

ですが、成長によっていつか赤ちゃんはおっぱいを卒業します。

おっぱいを卒業するには断乳と卒乳の方法がありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。

どちらが良いかを決めるのは、赤ちゃんの成長とお世話するママの判断が最優先です。

離れるのはちょっと寂しいという場合もあれば、復職するからおっぱいから離れてもらいたいという場合など人により状況が異なります。

どちらが良いということはありませんので、ママがしっかり自信を持って決めてくださいね。

この記事を書いたライター

おがわ みなみ
おがわ みなみ

関西在住で一児の母です。 子育てをしながら仕事も両立したいと思い、在宅ライターを始めました。 日々、子供と楽しく暮らせるよう工夫することが大好きです。 新米ママやプレママさんのお役に立てるような記事をお届けします。よろしくお願いします。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php