https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

縦抱き授乳のメリットとは?

縦抱き授乳のメリットとは?

授乳は縦抱きの姿勢も試してみよう

赤ちゃんの授乳の姿勢、どうしていますか?
生まれたばかりの赤ちゃんなら首もすわっていないこともあり、授乳クッションなどを使って横抱きで行っているといるママが多いでしょう。

 

授乳の姿勢には一般的な横抱き以外にも、以下のような様々な姿勢があるんです。

 

スタンダードな横抱き
脇に抱えるように飲ませるフットボール抱き
赤ちゃんの首や腰を支えて抱く縦抱き

 

姿勢を変えると、これまで赤ちゃんがおっぱいを咥えにくく、上手く吸えていなかったり、母乳が詰まってしこりができやすかったりした悩みが解消されるかもしれません。
今回はなかでもメリットがたくさんある縦抱き授乳についてまとめました。

 

赤ちゃんの縦抱きと授乳のやり方

首がまだすわっていない赤ちゃんの場合、抱き上げるときは赤ちゃんの頭と首の境目あたりをしっかり支え、首がぐらつかないようにします。
反対の手は、赤ちゃんの腰のあたりを支えるようにして抱き上げましょう。
ママの体と赤ちゃんを密着させるようにすると安定しますよ。

 

おっぱいを咥えさせるときは、ママの乳首を赤ちゃんの口に優しく当ててあげると、赤ちゃんが口を開いてくれます。
頭と首を支えている手を引き寄せるようにし、赤ちゃんがしっかり咥えこめるようにしてあげましょう。
授乳の姿勢が安定したら、腕をお尻の下に滑らせるようにして支えてあげるとママが楽になります。

 

横抱きの授乳のときには、授乳クッションを使うことで赤ちゃんとママとの高さの調節を行っていたかと思います。
しかし縦抱きだと赤ちゃんの身長があるため、授乳クッションだと高すぎてしまうことも。
普通の柔らかいクッションや折りたたんだタオルなどを使うと、高さ調節がしやすくなります。

 

赤ちゃんの首がしっかりすわり、お座りや立っちができる月齢になると、縦抱きの授乳も楽になるでしょう。

 

縦抱きで授乳をするメリット

赤ちゃんの授乳の姿勢を変えることで、以下のような効果が期待できます。

 

【おっぱいを飲ませやすくなる】
横抱きでうまくおっぱいを咥えられなかった赤ちゃんも、縦抱きだと大きく口を開いて乳首をしっかり咥えることができることもあります。
ママがしっかり首を支えることで、赤ちゃんが口を開いた時に頭をおっぱいに引き寄せやすい姿勢になるからです。

 

変な姿勢でおっぱいを吸わせていると、乳首を傷めてしまうこともあります。なかなか横抱きでうまくいかないときは、縦抱き授乳を取り入れることで、ママの負担が軽減されるかもしれません。

 

【乳腺炎の予防になる】
横抱き姿勢が多いママは、時々縦抱きで飲ませてあげることで、赤ちゃんにおっぱいをまんべんなく吸ってもらうことができます。
飲み残しがなくなるので、おっぱいの詰まりを解消でき、乳腺炎の予防にも繋がります。

 

飲み残しは自分で絞り出しているママもいるでしょうが、やはり赤ちゃんに吸ってもらったほうが、しっかりと出し切ることができますよ。
1日の授乳のうちの数回は、授乳姿勢を変えるように心がけてみてください。

 

【吐き戻しが軽減される】
赤ちゃんの授乳後の吐き戻しは個人差もあるため、縦抱きをして授乳したからといって必ずしも吐き戻し予防につながるとは言い切れませんが、赤ちゃんのなかには縦抱きにした方が、吐き戻しが少なくなるという子もいるようです。
もし吐き戻しの量が多いようでしたら、姿勢を変えてみてください。

 

【赤ちゃんとの良いコミュニケーションになることも】
縦抱き授乳はママの両手がふさがるため、スマートフォンなどを使いながらの”ながら授乳”はできません。
そのため、ママがしっかり赤ちゃんに注意を向けることができるのです。

 

一生懸命おっぱいを吸う様子を見ることで、よりわが子への愛着が湧くことでしょう。コミュニケーションを大事にしたいママにおすすめの姿勢です。

 

縦抱き授乳ができる時期

赤ちゃんの縦抱き授乳で心配なのが、首がグラグラするということではないでしょうか。
そのため、まだ首がすわっていない月齢では難しいのでは?と思いがちですが、実は新生児期からでも縦抱き授乳は可能です。

 

ただし、首がすわるまでの間は、しっかりと赤ちゃんを支えてあげましょう。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、おっぱいを飲むのが上手ではありません。
いろんなおっぱいの咥えさせ方、飲ませ方、姿勢を試しながら、ママも四苦八苦して母乳育児をしていることかと思います。
なかなか飲んでくれないからと、母乳育児を諦めるのではなく、色々な姿勢を試してみてくださいね。

 

赤ちゃんとの授乳の時間を楽しもう

授乳はママと赤ちゃんにとっての至福の時、大切なコミュニケーションの時間です。
でも慣れるまでは大変でしょうから、色々な方法を試してみて、ママにとって1番やりやすい方法を見つけていきましょう。

 

今回ご紹介したように縦抱き授乳は、様々なメリットがあります。もし授乳で悩んでいるようでしたら、ぜひ試してみてください。
併せて、母乳外来なども活用しましょう。より母乳育児の悩みがすっきり解消されるかもしれませんよ。

この記事を書いたライター

斉藤亜依
斉藤亜依

4歳と2歳のやんちゃ娘を育児中の元保育士。現在は旦那の自営業を支えながらも、保育や子育ての経験を活かせる仕事がしたい!と強く思い、上の子の出産を期にライターの仕事をしています。 ワ―ママ×ワンオペ育児でキツイと感じることもありますが、同じように仕事や育児に奮闘するママに寄り添えるような記事をお届けしたいと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php