https://babys-care.net/life/

0歳児ママのマザーズバッグの中身

【0歳児】マザーズバッグの中身は何を入れる?

赤ちゃんとのお出かけに欠かせないマザーズバッグ。

大きくてたっぷり入りますが、あれもこれもと持ち歩くと、つい重くなってしまうことも。

マザーズバックの中身ですが、出かける目的や、赤ちゃんの過ごし方によって中身が変わってきますよね。

シーンに応じたマザーズバッグの中身の違いがわかれば、必要なものはしっかり揃えつつも、荷物を最小限にしてスマートにお出かけができます。

マザーズバッグには何を入れたらいいのか、詳しく見ていきましょう。

 

ミルクの赤ちゃんのマザーズバッグの中身

ミルク育児の赤ちゃんは、授乳がスムーズに行えるようにマザーズバックの中身を用意する必要があります。

 

【授乳セット】

・ミルク…固形やスティックタイプが便利。飲めるようなら液体ミルクでも。

・哺乳瓶…お出かけの時間に応じ、必要な本数用意しましょう。

・ガーゼ…赤ちゃんのお口周りを拭いたり、吐き戻したりした時の対応に役立ちます。

・白湯、湯冷まし…基本的には持ち歩きますが、お出かけ先には用意されている場所も。設置の有無を事前にリサーチしておくと、荷物を減らすことができます。

 

【その他の持ち物】

・おむつ替えセット

・おやつ

・おくるみ、ブランケット

・おもちゃ

・着替え

・母子手帳

・ウェイトティッシュ

・貴重品

 

母乳の赤ちゃんのマザーズバッグの中身

母乳育児の赤ちゃんは、ミルク育児の赤ちゃんとは授乳セットの中身が異なります。

 

【授乳セット】

・授乳ケープ…授乳室がある場合は不要ですが、授乳室が個室ではないこともあるため、念のため持ち歩くと安心です。おくるみやタオル、コートなどで代用もできます。

・ガーゼ…赤ちゃんのお口周りを拭いたり、吐き戻したりした時の対応に役立ちます。

 

その他の持ち物はミルクの赤ちゃんと同じものでよいでしょう。

 

長時間出かける時のマザーズバッグの中身

赤ちゃんと一緒に遠出をしたりイベントなどで長時間お出かけしたりする時は、中身の数は少し多めに持ち歩くといいですね。

 

【長時間のお出かけに備えたセット】

・着替え…吐き戻しやおむつ漏れに備え、多めに用意します。体温調節しやすい服も用意すると便利。

・スタイ、ガーゼ…よだれや吐き戻しが多い赤ちゃんは、多めに持ち歩くと安心です。

・袋…汚れものを入れる袋。

・水分…授乳の他にも白湯、お茶を持ち歩きましょう。ベビーマグやストローが付いている水筒など。

・おもちゃ…お出かけが長くなると飽きてしまうため、お気に入りのものを持っていきましょう。

・おやつ…機嫌が悪くなったり、お腹が空いてしまったりしたときに役立ちます。

・おくるみ、ブランケット…赤ちゃんが眠った時や、体温調節に役立ちます。

・母子手帳、保険証…お出かけ先での万が一に備え、必ず持っていきましょう。

 

【その他の持ち物】

・授乳セット(哺乳瓶、ミルク、授乳ケープなど)

・おむつ替えセット

・ウェイトティッシュ

・貴重品

 

短時間出かける時のマザーズバッグの中身

近場のスーパーなど、短時間だけ出かける際も、マザーズバッグは必要です。

荷物は最小限でも大丈夫なので、必要なものだけ持ち歩きましょう。

授乳は家で済ませてから出かけると、持ち物も最小限に抑えられます。

 

【短時間のお出かけに備えたセット】

・おむつ替えセット…短時間のお出かけでも、おむつが汚れる可能性があるからです。

・着替え…おむつ漏れ、吐き戻しなどで汚れる可能性があるため、一組持ち歩くと安心。

・おやつ、水分…短時間でも赤ちゃんの機嫌が悪くなってしまった時などに役立ちます。

・おもちゃ…コンパクトでマザーズバッグを圧迫しない大きさのものがいいですね。

・体温調節できるもの…室内の冷房が効きすぎていることもあるため、ジャンバー、カーディガン、おくるみ、ブランケットなど、体温調節できるものも用意しましょう。

・その他衛生用品…ガーゼ、ウエイトティッシュなど。

・貴重品、母子手帳

 

車で移動する際のマザーズバッグの中身

車で移動する場合、バッグの中身で必要性が低い物は、車に置いておくことも可能です。

 

【マザーズバッグの中に入れて持ち歩きたい物】

これらは予備を多めに用意し、必要な分だけマザーズバッグに入れて、予備は車に置いておくと、身軽に持ち歩けます。

・授乳セット…ミルクや哺乳瓶、授乳ケープなど。

・着替え…一組ほど持ち歩き、予備は車に置いておきましょう。

・おむつ替えセット…紙おむつも、必要な分だけ持ち歩きます。

 

【その他の持ち物】

・おやつ、水分

・おもちゃ

・おくるみ、ブランケット

・その他衛生品

・貴重品、母子手帳

 

ベビーカーで移動する際のマザーズバッグの中身

ベビーカーのは、収納スぺースがあるため、マザーズバッグの中身は必要最小限にもできます。

ただし、公共機関を使う場合など、ベビーカーを畳むことがあるかと思います。

その場合は、荷物はマザーズバッグに収納しておく必要があります。

 

【マザーズバッグの中に入れて持ち歩きたい物】

・授乳セット…ミルク、哺乳瓶、授乳ケープなど。

・おむつ替えセット、着替え…お出かけ時間の長さに合わせて用意しましょう。

・おくるみ、ブランケット…赤ちゃんの体温調整だけでなく、日よけにも使えます。

・おもちゃ…ベビーカーに固定できるタイプがおすすめ。

・おやつ、水分…特に水分は、脱水にならないよう注意し、意識して与えましょう。

・その他衛生品

・貴重品、母子手帳

 

まとめ

マザーズバッグの中身といっても、赤ちゃんの状態やお出かけの目的によって異なってきます。

目的別に必要なものを用意し、お出かけの際は困らないようにしたいですね。

この記事を書いたライター

斉藤亜依
斉藤亜依

4歳と2歳のやんちゃ娘を育児中の元保育士。現在は旦那の自営業を支えながらも、保育や子育ての経験を活かせる仕事がしたい!と強く思い、上の子の出産を期にライターの仕事をしています。 ワ―ママ×ワンオペ育児でキツイと感じることもありますが、同じように仕事や育児に奮闘するママに寄り添えるような記事をお届けしたいと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php