https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

乳児ママがランチするときの持ち物

乳児ママがランチする時の持ち物

乳児ママのランチ!持ちものは?

赤ちゃんがいるママにとって、赤ちゃんを連れての外食はなかなかハードルが高いもの。それだけに、準備を整えていきたいですよね!ランチへ行くときには、ママはどのようなものを持って行くと良いのでしょうか。

 

今回は持って行くといいものと、更にあれば便利なものをご紹介します。これから赤ちゃんと一緒にランチなどの外食に行かれる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ママがランチに持って行くと良いもの

赤ちゃんとランチに行くときに、ぜひ持って行っておきたいものをご紹介します。中にはお店側で用意してくれているものもありますが、全てのお店にあるわけではありませんし、普段から使い慣れているものを準備して持って行くと安心です。

 

【授乳用品】
・(母乳の場合は)授乳ケープ
・(ミルクの場合は)哺乳瓶、ミルク、お湯、湯さましなど

 

ランチの時間が赤ちゃんの授乳の時間に被ってしまうこともありますよね。その際は授乳用品を持って行きましょう。授乳の時間に被らなくても、お腹が空いたとぐずったときのために揃えておくと便利です。

 

授乳ケープは初めて使う場合、赤ちゃんがびっくりして飲んでくれないときもあります。事前に授乳ケープを使った授乳に慣れておくことがおすすめです。ミルクの場合は液体ミルクだと、お湯や湯冷ましを持ち歩く必要がないため、荷物が重くならずおすすめです。

 

【食事グッズ】
・除菌シート
・手口拭き
・スプーンやフォーク
・エプロン
・離乳食
・赤ちゃん用の飲み物
・おやつ 
など

 

離乳食を始めている赤ちゃんはママのご飯を見て、食べたくなってしまう子も。一緒にランチを楽しむのも良いですね。お店に赤ちゃんの食べられるメニューがあるか事前にチェックしておきましょう。ない場合は離乳食やおやつを持ち込みOKか、問い合わせるとスムーズ

 

食べる際には赤ちゃん用のスプーンやフォークがあると便利です。お店側で用意してくれていることもありますが、幼児用のスプーンやフォークであることも多いので、小さめの赤ちゃん用を持って行くと役立ちます。まだコップ飲みが難しい場合は、ストロー付きなどのマグを持って行くと、スムーズに飲ませられます。

 

また、除菌シートやお手拭きがあれば衛生面も安心です。食べこぼしなどの片付けにも便利ですよ。エプロンは紙製の使い捨てのものがあります。帰宅後、そのまま捨てられるので、エプロンを洗う手間が省けておすすめです。

 

お店のテーブルが汚れないよう、食事マットを敷くのもいいでしょう。くるくる丸めて持ち運びしやすい食事マットもありますので、活用してみてください。

 

【衛生用品】
・おむつ
・おしりふき
・オムツ替えシート
・着替え一式
・ゴミ袋
・ガーゼやハンカチ

 

おむつや着替えなども持って行きましょう。ただし、飲食店でのおむつ替えや着替えは他のお客さんもいるので、場所が決められている場合が多いです。店員さんに尋ねましょう。おむつ替えシートがトイレに設置してあるお店だと便利ですね。

 

ゴミ袋は使用済おむつの他、食べこぼしの片付けなどに便利です。1枚は持って行きましょう。

更にあると便利な持ち物をご紹介!

絶対ではないですが、外食時にあると便利なグッズをご紹介します。

 

【お気に入りのおもちゃ】
ランチの間、ママが食べ終わるまでじっと静かに待っているのは赤ちゃんには難しいですよね。その場合は赤ちゃんのお気に入りのおもちゃを持って行きましょう。ただし、大きな音が出るものや片づけづらい小さなおもちゃはNG

 

例えば布絵本、大きな音がなりにくいガラガラなど。赤ちゃんはふいにおもちゃを投げてしまうこともあります。人にぶつかったり食器を割ってしまったりなど、事故が起こらないようなソフトなおもちゃがおすすめです。

 

【ヌードルカッター】
お店のめん類を小さくカットするヌードルカッター。これがあればお店のメニューも特別に離乳食を持ち込まなくても、赤ちゃんにも食べさせられると持っていくママも多いようですよ。

 

【ひっくり返りにくい食器】
大人の食事を取り分け赤ちゃんに食べさせる場合、食器はお店側で用意してくれる場合も多いですが、それが赤ちゃん用の食器であるとは限りません。また、食べているうちにひっくり返してしまうことも。そんなときのために、吸盤付きのひっくり返りにくい赤ちゃん用食器があると便利です。

 

【チェアベルト・お食事クッション】
ベビーカーでの入店OKのところや赤ちゃん用のチェアを用意してくれている場合はいいですが、大人用のチェアに座らせるしかない場合もありますよね。そんな時に便利なのがチェアベルト。腰が据わっている赤ちゃんを大人用の大きな椅子にもしっかり座らせられる補助ベルトです。

 

また、大人の腰に装着可能なので、ママの腰につけて赤ちゃんを座らせてもOK。ママも片手ずっと赤ちゃんを支えたまま…ということがなくなるので、食べやすくなりますよ。高さを上げたい場合は、お食事クッションを使うのがおすすめ。テーブルに届く高さまで調節できますよ。

まとめ

赤ちゃんとランチなどの外食へ行くときに、ママが持って行くといいもの、あれば便利なグッズをご紹介しました。楽しいランチタイムのためには、お店選びはもちろん、準備物にも注目してみましょう。万全に準備しておいて、赤ちゃんもママも笑顔で外食を楽しみましょう。

この記事を書いたライター

おかだ うみ
おかだ うみ

11歳、6歳の兄弟を育児中のママライター。うどん県出身、お蕎麦の美味しい北陸在住。趣味はカフェ巡り、キャンプ、音楽鑑賞。子どもたちとの些細なできごとを100%楽しめるような毎日にしたい!と日々模索中。その中で学んださまざまな情報をお届けできたらと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php