https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

プレママ必見!マザーズバッグの選び方

プレママ必見マザーズバッグの選び方

ママが使う「マザーズバッグ」とは

マザーズバッグは、赤ちゃんとのお出かけの時に、赤ちゃんのお世話に必要なものを丸ごと入れて運ぶバッグのこと。
赤ちゃんの荷物はおむつや調乳グッズ、着替えやおくるみと、かなりかさばるものが多いため、すべて入れるとなると大容量で中身が整理しやすいなど、普通のバッグに比べて機能性も求められます。

 

そのため、マザーズバッグは、ママの使い勝手を一番に考えて作られている商品が多いのです。
今回は、そんなマザーズバッグの選び方についてご紹介します。

 

マザーズバッグの選び方のポイントは?

マザーズバッグを選ぶ時には、以下のポイントを押さえて選びましょう。

 

【①バッグの容量】
赤ちゃんが小さいうちは特に荷物がかさばります。1つでたくさん入る大容量のバッグを選ぶようにしましょう。

 

【②収納の多さ】
赤ちゃんのかさばる荷物を一気にバッグに収納すると、中身がごちゃごちゃになってしまいますよね。そこで、整理しやすいように小さいポケットや仕切りのあるバッグを選ぶのがおすすめです。

 

【③バッグの軽さ】
マザーズバッグの中には、バッグ自体に重さがある商品もあり、荷物を入れたらかなり重くなってしまったということも。荷物だけでなく、赤ちゃんも抱っこしますので、なるべく軽いバッグを選ぶようにしましょう。

 

【④バッグの耐久性】
マザーズバッグはお出かけに欠かせない存在です。
素材が安価で軽いものは、あっという間に縫い目がほつれたり、布が破れたり…ということもあります。
頻繁に買い替えを検討しているのならいいのですが、お気に入りを長く使いたいのでしたら、耐久性があるものや縫製がしっかりしているものを選びましょう。

 

また、ミルクがこぼれてしまうなど、汚れても洗える素材のほうがお手入れもしやすく清潔に保つことができます。
お手入れしやすい素材・洗っても壊れにくい素材という点も忘れずに選びましょう。購入前に先輩ママの口コミを参考にすると良いですね。

 

【⑤ママのお出かけスタイルに合わせて】
マザーズバッグには主にトートバッグ、ショルダーバッグ、リュックの3タイプがあります。ライフスタイルに合わせて選ぶのも1つです。

 

《トートバッグがおすすめのママ》
容量も大きく、サッと中のものを取り出せるトートバッグ。
ただし、赤ちゃんを抱っこしながら持つには、肩からずり落ちたり、片方の肩に負担がかかったりと、不便な点もあります。

 

普段から、お出かけは車やベビーカーですることの多いママにおすすめです。

 

《ショルダーバッグがおすすめのママ》
両手が開くので、抱っこ紐での移動が多いママにおすすめのショルダーバッグ。
容量が大きいことや使いやすいこと、トートバッグにもできることもあり、使い勝手がとてもいいです。
だたし、斜めがけのバッグが抱っこの邪魔になったり、片側の肩に負担がかかってしまうこともあります。

 

《リュックがおすすめのママ》
負担を両肩に平等に分散でき、たくさんの荷物も運びやすいリュックタイプ。
両手が開くので、赤ちゃんのお世話がしやすいというのもおすすめのポイントです。ただし、荷物の取り出しが不便というデメリットがあります。
赤ちゃんが大きくなり、アクティブに動き回るようになったママにおすすめです。

 

【⑥ママのファッションの傾向に合わせて】
バッグも立派なファッションアイテムの1つです。ママの服のコーディネートに合わせて選ぶのも良いでしょう。
マザーズバッグでおしゃれを楽しんでみてくださいね。

 

【⑦パパが使いやすいデザイン】
色や柄がシンプルで、パパが持っても違和感のないものもおすすめです。パパも積極的に育児に参加してくれるかもしれませんね。

 

セカンドバッグがあると便利

マザーズバッグには赤ちゃんのお世話に必要なものを入れるため、中身を把握しにくいというのが、先輩ママたちに多くある悩みです。
そこで、頻繁に出し入れが必要な携帯電話と財布だけを入れられるような、ショルダータイプのセカンドバッグも用意しておくと便利です。
最近では、サコッシュやボディバッグなど、おしゃれなものも増えています。

 

気になる方は探してみてくださいね。

 

バッグは赤ちゃんの成長と共に変化する

マザーズバッグは、赤ちゃんが成長するに従って変化していきます。
赤ちゃんの月齢が上がるにつれ、お世話に必要な荷物が変わっていくからです。

 

例えばおむつ替えの頻度が減れば、持ち歩く枚数は減りますし、ミルクの間隔が開くようになれば、用意する調乳器具が減ったりしますよね。
また、赤ちゃん自身の行動範囲が広がれば、大容量から軽くて持っていても動きやすいものが必要になってくるでしょう。

 

あまり難しく考えず、その時々で使い易いサイズ・使い易い形のバッグを選ぶといいかもしれません。

 

まとめ

育児雑誌や育児サイトなどを見ていると、魅力的なマザーズバッグがたくさんあって目移りしてしまうこともあるでしょう。
マザーズバッグは、普通のバッグと違って、赤ちゃんとのお出かけに使い易いものを選ぶことが大切です。今回ご紹介した選び方のポイントを参考に、ママ自身が気に入るものを選びましょう。

 

赤ちゃんとのお出かけが楽しみになる、そんなバッグが見つかるといいですね。

この記事を書いたライター

斉藤亜依
斉藤亜依

4歳と2歳のやんちゃ娘を育児中の元保育士。現在は旦那の自営業を支えながらも、保育や子育ての経験を活かせる仕事がしたい!と強く思い、上の子の出産を期にライターの仕事をしています。 ワ―ママ×ワンオペ育児でキツイと感じることもありますが、同じように仕事や育児に奮闘するママに寄り添えるような記事をお届けしたいと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php