https://babys-care.net/life/

マザーズリュックの選び方7選



マザーズリュックとは?

赤ちゃんとのお出かけは、とにかく荷物がいっぱい!

おむつやミルクだけでなく、赤ちゃんのお気に入りのおもちゃや絵本、着替えなどを持って行くこともありますよね。そんな時に活躍してくれるのが、「マザーズリュック」。

 

マザーズリュックとは、一般的なリュックとは異なり、育児中のママが使いやすいように工夫されているリュックのことです。

今回は、そんなマザーズリュックの魅力や選び方についてまとめました。

 

マザーズリュックはなぜ人気?

マザーズバッグ(ママバッグ)には、大きく分けて下記のような種類があります。

 

・トートタイプ

・斜め掛けタイプ

・リュックタイプ

 

この中でも特に人気なのが「リュックタイプ」。

マザーズリュックはなぜ人気なのでしょうか?

 

【①両手が空くから便利】

リュックタイプには、他のバッグと比べると”両手が空く”という最大のメリットがあります。

歩き始めの赤ちゃんの手をつないでのお散歩や公園遊びはもちろん、赤ちゃんが疲れたときも抱っこがしやすいのが特徴です。

 

【②肩の負担が軽減される】

トートタイプや斜め掛けタイプのバッグの場合、どうしても片側だけに重さがかかってしまうので、肩こりや腰痛の原因になってしまいます。

リュックタイプであれば、両側の肩に重さが分散されますので、負担が軽減されるでしょう。荷物の多いママには特におすすめです。

 

マザーズリュックの選び方

それでは早速、マザーズリュックの選び方をご紹介します。下記のポイントを参考に選んでみてくださいね。

 

【①軽い素材を選ぶ】

先述したとおり、赤ちゃんとのお出かけに必要な荷物はたくさんあります。なるべく重くならないように、バッグの素材はナイロンなど軽いものを選びましょう。

 

また、肩ベルトにクッションが入っていたり、肩ベルトが太いものなど、背負ったときに肩に負担がかからないよう工夫されているものを選ぶといいですよ。

 

【②容量で選ぶ】

どんなに気に入ったバッグでも、荷物が入らないのでは意味がありませんよね。必要なものをリュック1つにまとめて収納できるものを選びましょう。

 

ただし、荷物が入るからといって、「あれもこれも…」と、たくさん入れすぎると重量が増してしまいますので、バランスを見て、ママが使いやすいサイズを選んでくださいね。

 

【③ポケットや背面ファスナーがあるものを選ぶ】

どんなにたくさん荷物が入っても、必要なときにサッと取り出せないと不便ですよね。

荷物が整理しやすいように、リュックの外側・内側に仕切りやポケットが付いているものを選ぶようにしましょう。

 

また、マザーズリュックの場合、お財布やカギ、スマートフォンなどよく使うものが取り出しにくいというデメリットがありますが、これも「背面ファスナー」が付いているものなら問題ありません。

背中の部分にあるポケットに貴重品などを入れておけば、背負ったままの状態でファスナーを開け閉めするだけでOK。わざわざリュックをおろす必要もないのでとても便利です。

 

【④水に濡れても大丈夫な素材を選ぶ】

マザーズリュックの汚れや水濡れを気にしていては赤ちゃんと楽しくお出かけできませんよね。雨の日でも使えるように、撥水加工が施されたものや水に濡れてもシミになりにくい素材を選ぶのも1つです。

 

【⑤ファッションに合わせて選ぶ】

マザーズリュックを使うのはママですから、普段使いしやすいよう、日ごろのコーディネートに合わせやすいデザインのものを選びましょう。

 

カジュアル派ママであれば、アウトドアブランドのものなど機能性抜群で容量もたくさん入るリュックがおすすめです。色も、黒やネイビーなどベーシックなものに限らず、赤やブルー、イエローなど差し色カラーで選んでみてもおしゃれですね。

 

一方、きれいめ派ママであれば、トータルコーディネートしやすいようにシンプルなデザインがおすすめ。

背負っていても違和感のないサイズ感や、すっきりとしたフォルムであれば働くママの通勤バッグとしても使えます。素材は、ナイロンに限らず合成皮革のものを選んだり、ファスナー部分がゴールドになっているものを選んだりすれば、カジュアルになりすぎずに使うことができますよ。

 

【⑥2WAY・3WAYタイプもおすすめ】

マザーズリュック選びに迷ったときはシーンごとで使い分けられる2WAY・3WAYタイプがおすすめです。

ベルト部分を変えれば、リュックにもトートにも斜め掛けにもできるというマルチタイプ。

これなら、その日の気分や使うシーンによって変えられるので、バッグをいくつも揃える必要もなく、とても便利ですよ。

 

【⑦パパと兼用で使えるデザインもおすすめ】

最近は、抱っこひもと同様にマザーズリュックもパパ兼用で使える「ユニセックスデザイン」が人気があります。

パパが持っても違和感のないデザインなら、パパも積極的に育児参加をしてくれるかもしれませんね。ママのちょっとした息抜きタイムに、パパが赤ちゃんを連れて公園に行きやすいようなリュックを選んでみるのもおすすめです。

 

まとめ

お気に入りのマザーズリュックがあれば、赤ちゃんとのお出かけも楽しくなります。デザインはもちろん、機能性も考えて自分に合ったリュックを選んでみてください。

この記事を書いたライター

たけだ あおい
たけだ あおい

東京都出身、埼玉県在住。 現在、パートにて事務職の仕事をしながら、在宅ライター、幼稚園児の娘の母と3つの顔を持っています。 毎日ちょっぴり反抗期の娘の子育てに奮闘中!! 働くママという目線から、同じように子育てに悩み、楽しんでいるママたちのためになる情報をお届けしたいと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php