https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

赤ちゃんと旅行!あると便利な持ち物

赤ちゃんと旅行!持ち物は何が必要?

赤ちゃんが生まれて初めての家族旅行。赤ちゃんと一緒に、たくさんの楽しい思い出を作れる良い機会ですよね。 しかし、赤ちゃんとの旅行は大人だけの旅行とは違い、おむつやミルクなど、様々な持ち物が必要となります。
旅行先で困らないためにも、事前にしっかりと準備したいものですよね。

 

そこで今回は、赤ちゃんと旅行に行くときに必要な持ち物と、あると便利な持ち物についてご紹介します。忘れ物がないよう、リストを参考にチェックしてみてください。

 

また、後半では、ついつい増えすぎてしまう持ち物を賢く減らすコツについてもまとめました。 初めての赤ちゃん連れの旅行も、すっきりスマートに楽しみましょう。

赤ちゃんとの旅行に必ず持っていく物

大人と違い、少しの環境の変化に敏感に反応してしまう赤ちゃんは、突然旅行先で体調を崩したり、思わぬトラブルが発生することもあります。

慣れない旅行先で慌てないためにも、赤ちゃんとの旅行には、必ず以下の物を持っていくようにしましょう。

 

 

【赤ちゃんとの旅行に必需品リスト】

・着替え(汚れることが多いため、多めに持っていくと良い)

・パジャマ

・おむつ、おしりふき(現地で買えそうな場合は最低限でもOK)

・タオル

・食事用エプロン、ベビースプーン(離乳食の場合)

・授乳ケープ

・哺乳瓶、粉ミルク、ミルク用の水筒、洗浄グッズ一式

・おやつ

・レトルト離乳食(離乳食の場合)

・抱っこひも、ベビーカーなどの移動手段

・赤ちゃん用マグ

・歯ブラシ

・母子手帳

・保険証

・乳幼児医療証

・ベビーソープ

 

万が一、赤ちゃんが体調を崩した時も、旅行先で病院に行けるように、母子手帳や健康保険証、乳幼児医療証は必ず持っていくようにしましょう。

 

また、ベビーカーは、現地での移動に大変便利ですが、旅行先によっては、道が狭かったり段差が多かったりすることもあります。

 

ベビーカーが使いにくい時でも、抱っこひもに切り替えて移動ができるよう、抱っこひもも忘れずに持って行きましょう。

 

赤ちゃんとの旅行であると便利な持ち物

赤ちゃんとの旅行に不慣れな新米ママやパパにおすすめの「あると便利な持ち物」についてご紹介します。

 

【あると便利な持ち物リスト】

・ビニール袋(汚れもの入れやごみ袋として活用可)

・消臭効果のあるビニール袋(旅行先でおむつが捨てられない時に便利)

・音の出ないおもちゃ

・ウェットティッシュ

・レインコートなどの雨具

・カーディガンやパーカーなどの羽織もの

・保湿剤 ・虫よけスプレー、日焼け止めクリーム

・チャイルドシート用保温、保冷シート

・サンシェード(自家用車での移動の場合)

・ストールやひざ掛け

 

ちょっとした環境の変化にぐずってしまう赤ちゃんのために、おもちゃは必需品です。
しかし、公共の場では、周りの人の迷惑になるので、あまり大きな音の出るおもちゃは控えるようにしましょう。

 

ぬいぐるみや絵本や、月齢によってはぬりえとクレヨンなどを持って行っても良いと思います。
自家用車での移動の場合は、赤ちゃんが飽きないよう、おもちゃにプラスして、車内で流せる音楽、DVDなどがあると便利ですよ。

かさばる荷物を賢く減らすコツ

赤ちゃんとの旅行は、本当に荷物が多く、かさばりますよね。

 

しかし、「持っていないと不安」な気がして、結局は、あれもこれもと荷物が増えてしまいます。
スマートに旅行をしたいと思うママやパパのために、持ち物を上手に減らすコツについてご紹介します。

 

【①現地調達できるものは持って行かない】

おむつやレトルトの離乳食、ミルク、おやつなど、現地で購入できるものは行きに必要な分しか持って行かないというのも1つの方法です。
現地で購入できる場所にめどがついている場合は、このような方法で極力荷物を減らしていきましょう。

 

【②使い捨てタイプを活用する】

離乳食用エプロンやおむつ替えシートなど、使い捨てタイプがあるものはどんどん活用しましょう。
ほかにも、ベビーソープやベビークリームなど、サンプルでもらった物をいくつか持って行けば、荷物を減らすことができます。

 

【③旅行先で洗濯する】

何泊かする場合は、日数分持って行かず、現地で洗濯して使うというのも良いでしょう。
赤ちゃんの衣類であれば、小さいのでお風呂場や洗面台で簡単に洗えますし、比較的早く乾かすことができるでしょう。

 

【④宿泊先で借りられるか確認する】

「赤ちゃん歓迎」と謳っているホテルや旅館では、赤ちゃんのお世話グッズがレンタルすることができます。
ベビー布団やベビーチェア、おむつ用ごみ箱など、レンタルできるものは何があるか、宿泊先に確認してみましょう。

 

また、離乳食は始まった赤ちゃんには、離乳食を用意してくれるところもあります。
事前に宿泊先に確認し、少しでも荷物を減らすよう工夫しましょう。

まとめ

赤ちゃんとの旅行は、今回ご紹介したように様々な物が必要となります。
旅行に不慣れな方は、事前にしっかり確認し、忘れ物がないよう気を付けましょう。

 

あまりに荷物が増えてしまった場合は、現地に荷物を送ってしまうというのも1つの方法です。荷物が重くて負担になるより、スムーズに移動ができますよ。
楽しく安全に旅行するために、今回ご紹介した記事を参考に、色々と工夫してみてくださいね。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php