https://babys-care.net/life/

赤ちゃんとの海遊びで必要な持ち物

赤ちゃんと海に遊びに行こう

暑い季節になると、遊びに行きたくなる場所で思いつくのが海。

海には赤ちゃんの感覚を刺激してくれる自然の遊びがたくさんありますので、ぜひ一緒に遊びにいきたいですね。

 

海に行く際には、持ち物にも不備がないよう念入りに準備が必要になります。

特に赤ちゃんは必要な持ち物がたくさんありますので、しっかり押さえておきましょう。

 

赤ちゃんの海遊びに必要な持ち物

赤ちゃんと一緒に海に遊びに行く際に、必ず準備をしておきたい持ち物から確認していきましょう。

 

 

【水着】

せっかく海に行くのですから、水着は用意しておきたいですね。

海に行くときは日差し対策のために、ラッシュガードも一緒に用意してあげてください。

水着の下には、海水を吸い込まない水遊び用のおむつを着用するとよいでしょう。

 

 

【帽子】

日焼けと熱中症対策に帽子は必ず持って行きましょう。

 

スイム帽子で首までUVカットしてくれるタイプの物がありますので、そちらがいいですね。

スイム帽子の代わりに、赤ちゃんが普段かぶり慣れている帽子を持参しても構いません。

 

 

【タオル】

海遊びをした後に体を拭くために使うタオルも必要です。

海では敷物を敷いていても地面が熱くなることがあるので、地面の熱から赤ちゃんを守るためにタオルをお尻の下に敷くこともできます。

 

 

また、屋外は日差しが強くても風が強いということもありますし、海水に浸かると体が冷えてしまうこともあります。

体が冷えた時にタオルを巻いて、暖を取るためにも使えますよ。

海では使用の機会が多くなるため、タオルは多めに持っていくことをおすすめします。

 

 

【着替え】

砂や海水で服が汚れることもあるため、着替えはいつもより多めに持っていきましょう。

 

 

【食事】

大人はバーベキューをしたり海の家で買ったりできますが、赤ちゃんが食べられるものは限られるので、離乳食やお弁当などを用意して持っていくのがいいでしょう。

 

水分補給もこまめに行うようにしてくださいね。

 

 

【水遊び用サンダル】

海へ行く時には、水遊び用のサンダルを持っていくと便利です。

 

赤ちゃんの足を熱い砂浜から守ってくれます。

また、砂浜には、瓶の破片や貝殻の破片が落ちていることもあり、赤ちゃんを裸足で歩かせていると大変危険ですから、ケガ予防のためにも水遊び用サンダルを持っていたほうが良いでしょう。

 

普通のスニーカーよりも、水はけが良いので、海辺で遊んでいても歩きやすいですよ。

 

 

【日焼け止め】

大人よりも肌が弱い赤ちゃんですから、日焼け止めは必ず塗ってあげてください。

赤ちゃん用でもSPFとPAが高い日焼け止めもあるので、海に行くときはそちらを用意してください。

水に濡れた際は、こまめに塗り直してあげるといいでしょう。

 

 

【レジャーシート】

ママや赤ちゃんが座るレジャーシートです。

断熱素材が使われているシートを用意しましょう。

 

 

【冷却アイテム】

海は暑さ対策が必須です。

うちわハンド扇風機があるといいですね。

 

万が一日焼けをしてしまった時に、肌はすぐにでも冷やさなければなりません。

保冷剤冷却タオル(濡らすと冷たくなるタオル)、冷却シートなど、体を冷やせるものを用意しておきましょう。

 

 

【虫よけアイテム】

海は蚋などの虫が発生します。

虫よけスプレー虫よけシールなどを活用しましょう。

 

 

【保険証】

海では思わぬケガや事故も予想されます。

万が一のために、保険証や母子手帳を持ち歩きましょう。

 

 

【救急セット】

ケガをした時のために消毒液、絆創膏、ガーゼ、虫刺され薬などの救急セットを用意しておくと安心です。

 

 

【おもちゃ】

砂遊びができるものや、シャボン玉などを持って行くといいですね。

浮き輪は、赤ちゃん用の足入れ浮き輪でも対象年齢は1歳からというものがほとんどです。

波がある場所で使うには不安定になり危険ですので、対象年齢を守って使用しましょう。

 

赤ちゃんの海遊びであると便利な物

必ず必要ではありませんが、状況に応じて用意しておくと便利なものです。

 

【防水カバー】

ママやパパのスマートフォンやカメラなどを海辺で使用する時は、防水カバーに入れて使うと安心です。

紐が付いていて首からぶら下げられるタイプもあります。

財布などの貴重品も持ち歩けて便利ですよ。

 

 

【テント】

海水浴場によっては、全く日陰がない場所もあります。

長時間炎天下にいるのは赤ちゃんにとって負担になるので、テントを用意してあげるといいですね。

レジャーに便利なポップアップテントやタープテントがおすすめです。

 

 

【洗い用の水】

シャワーや砂落とし用の洗い場がないことも考えられますので、タンクなどに水を入れて持っていくと安心です。

冷水ではなく、少しぬるくなるよう、車に積んでおくといいですね。

 

まとめ

赤ちゃんと海遊びをする際は、今回ご紹介したような持ち物を持っていくと安心です。

もし、海の家がある場所であれば、万が一忘れ物があっても現地で購入することができ、荷物を減らすこともできるでしょう。

 

何か必要なものがあればすぐに買いに行けるよう、海から最寄りのホームセンターやスーパー、コンビニの場所も探しておくといいですね。

 

目的地によって持ち物も多少変化がありますが、赤ちゃんとの海遊びは用意するものがたくさんあります。

不備のないよう、しっかり確認しておきましょう。

この記事を書いたライター

斉藤亜依
斉藤亜依

4歳と2歳のやんちゃ娘を育児中の元保育士。現在は旦那の自営業を支えながらも、保育や子育ての経験を活かせる仕事がしたい!と強く思い、上の子の出産を期にライターの仕事をしています。 ワ―ママ×ワンオペ育児でキツイと感じることもありますが、同じように仕事や育児に奮闘するママに寄り添えるような記事をお届けしたいと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php