https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

赤ちゃんと温泉旅行はいつから?

赤ちゃんと温泉旅行はいつから?

赤ちゃんとの温泉旅行はいつからOK?

赤ちゃんとの外出に慣れてきて、ママも育児に慣れてくると、次は少し遠出をしたくなるものですよね。休日に赤ちゃんと温泉旅行に行けたら、ママも日ごろの育児ストレスから解放され、リフレッシュできるのではないでしょうか。

 

しかし、そこで気になるのが「赤ちゃんとの温泉旅行はいつから行けるの?」という疑問。そこで今回は、赤ちゃんとの温泉旅行に行く際の注意点や温泉旅館の選び方についてご紹介します。まずは、赤ちゃんが温泉に入れる月齢についてから見ていきましょう。

 

【赤ちゃんはいくつから温泉に入れる?】
生後すぐの赤ちゃんは、まず沐浴からスタートしますよね。その後、生後1ヶ月健診を経て、パパやママと一緒の湯船に入れるようになります。基本的には、沐浴を卒業し、普通のお風呂に入れる月齢になれば、温泉にも入ることができるようになります。
ただし、まだ首がすわっていない・ひとり座りもできない月齢の場合、慣れない温泉に入れるのは非常に大変です。また、遠出をすることで、体力のない赤ちゃんに負担がかかってしまいます。
目安としては、生後6ヶ月以降で首がしっかりとすわり、ある程度生活リズムが整ってから温泉デビューをするようにしましょう。

 

赤ちゃんと過ごす温泉旅館の選び方

赤ちゃんと一緒に温泉旅行を楽しみたいということであれば、泊まる宿の選び方も慎重に検討しましょう。以下のようなポイントをおさえて選ぶと、安心して過ごすことができますよ。

 

【①和室がある宿を選ぶ】
赤ちゃんと宿泊する際は、洋室ではなく和室がおすすめです。広い畳の上なら、おむつ替えもしやすいですし、赤ちゃんも思いきり動き回れてご機嫌になるでしょう。赤ちゃんが静かにお昼寝できるような休憩室やミルクや母乳を哺乳できる授乳室になるような小部屋があるとさらに便利です。
やむを得ず、洋室しかない場合は、ベビーベッドを用意してもらえるか、ツインベッドをくっつけてもらえるかなど、事前に宿泊先に確認しておくと良いでしょう。

 

【②赤ちゃんに優しいサービスが充実している宿を選ぶ】
バスチェアがある・ミルク用のお湯のために湯沸かしポットを部屋に用意してもらえる、哺乳瓶の消毒のための電子レンジがあるなど、赤ちゃん連れに嬉しいサービスが充実していると助かります。
生後6ヶ月以降で離乳食が始まっている場合は、宿泊先に離乳食を持ち込んでもOKか、または宿泊先が離乳食を用意してくれるのかなど事前に確認しておくと良いでしょう。赤ちゃん用のお皿なども用意してもらえるかも確認しておくと安心ですね。

 

【③赤ちゃん連れ歓迎と記載のある宿を選ぶ】
ホームページや予約サイトに「赤ちゃん連れ歓迎」と謳っている宿であれば、それなりのサービスが充実していることが予想されます。また、宿泊客も赤ちゃん連れが多いので、多少の泣き声も「お互いさま」と理解してもらいやすいでしょう。
スタッフも、赤ちゃん連れの対応に慣れている場合が多いので、安心して泊まることができると思います。

 

【④家族風呂や貸切風呂がある宿を選ぶ】
赤ちゃんと温泉を楽しみたいと思っていても、いざ大浴場に行って見たら、いつもと違う雰囲気に赤ちゃんが泣きだしてしまうというケースも少なくありません。お風呂でウンチをしてしまうかもしれませんし、温泉の成分によっては家庭のお風呂より滑りやすく、抱っこして入るのも心配です。また、周りの目を気にしながら、気を遣いながら入るのでは、せっかくの温泉もゆっくりつかることができませんよね。

 

お部屋に付いている家族風呂や時間で貸し出してもらえる貸切風呂がある宿であれば、家族だけで入浴できるので、気兼ねなく楽しむことができるでしょう。人見知りの赤ちゃんも、ママやパパとだけなら安心して入ってくれます。

 

赤ちゃんとの温泉旅行の注意点

せっかくの赤ちゃんとの温泉旅行ですから、安全に、マナーを守って楽しみたいですね。以下に赤ちゃんとの温泉旅行で気をつけたいポイントをまとめましたので、参考にしてみてください。

 

【①泉質に注意する】
温泉の中には、赤ちゃんのデリケートなお肌に合わない泉質もあります。赤ちゃんの肌には、硬めより肌当たりのやわらかい泉質の温泉を選びましょう。事前に宿に確認しておくと安心です。

 

【②温度に注意する】
源泉かけ流しなどは湯の温度が高いこともあるので、赤ちゃんがのぼせやすくなります。長湯は禁物です。また、入浴の際は、必ずママが先に入って温度を確認してから入るようにしましょう。

 

【③授乳直後の入浴は避ける】
赤ちゃんの授乳直後に温泉に入ると、吐き戻してしまう恐れがあります。授乳後は30分ほどあけてから、入浴するようにしましょう。

 

【④赤ちゃんの入浴が可能な温泉か確認する】
温泉は、家族だけでなく多くの人が入浴します。衛生管理の面でも、おむつのはずれていない乳幼児の入浴を禁じているところもありますので、事前に確認するようにしましょう。

 

まとめ

初めての温泉旅行ですから、事故のないよう事前にしっかりと準備しましょう。家族にとって良い記念になるよう、素敵な温泉旅館を見つけてください。

この記事を書いたライター

月子
月子

親の病を機に九州へ舞い戻る一児のママライター。 おかしな方言の使い方をする子どもに笑い、癒されながら、バタバタ過ごす毎日です。 趣味は料理とベランダ菜園。育てたものはおいしく食べています! 心がほっとするような、楽しく役立つ情報をたくさんお届けしていきたいです。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php