https://babys-care.net/life/

女の子の赤ちゃんのハロウィン仮装

赤ちゃんもハロウィンの仮装を楽しもう

秋の大きなイベントといえばハロウィンですよね。

最近では、大人も子どもも仮装をして楽しむ方が増えています。

赤ちゃんのいるご家庭でも、ぜひ今年はハロウィンを楽しみませんか?

赤ちゃんに仮装は難しいと考えている方もいるかもしれませんが、手軽に着られる衣装もありますよ。

今回は女の子の赤ちゃんにおすすめのハロウィンの仮装をご紹介いたします。

 

女の子の赤ちゃんにおすすめハロウィン仮装

女の子の赤ちゃんにおすすめのハロウィン仮装をご紹介いたします。

 

【かぼちゃのロンパース】

お尻まですっぽり入るロンパースは赤ちゃん服の定番ですよね。

足が出るので動きやすく、赤ちゃんが嫌がることが少ない衣装かもしれません。

お腹の全面にかぼちゃが描かれたものや、お尻がかぼちゃの形になっているロンパースなどが人気。

ハロウィンといえばかぼちゃなので、写真映えにも良いでしょう。

 

 

【プリンセスモチーフのワンピース】

憧れのプリンセスに、ハロウィンの時期だからこそ仮装して楽しみましょう。

プリンセスモチーフは女の子ならではの衣装ですよね。

ふんわり広がるレースのスカートに鮮やかな色の衣装など、ママが選ぶのもきっと楽しくなりそうですよね。

赤ちゃんもきっと、プリンセス気分を楽しめるのではないでしょうか。

 

 

【足つきカバーオール】

ハロウィンの時期は少し肌寒くなる時期なので、足まですっぽり入るカバーオールもおすすめです。

ハロウィン用のカバーオールには、パンプキンや可愛い動物モチーフのものがあります。

長時間着せて楽しむ場合には、少し温かい素材を選ぶと防寒対策にもなりますね。

 

 

【キャラクターのコスプレ風】

アニメや映画に出てくる人気のキャラクターに、赤ちゃんもなりきっちゃいましょう。

といっても、赤ちゃんはまだ好きなキャラクターというものはないかもしれません。

ママやパパが好きなキャラクターでもちろん大丈夫です。

ぜひ可愛い衣装を選んであげてくださいね。

 

 

【スタイやマントだけでもOK】

仮装というと、衣装をまるまる着ないといけないというイメージがあるかもしれません。

ですが、赤ちゃんは成長が早いので来年には着られないことがほとんどでしょう。

今年だけのために買うのはもったいない、という場合はスタイやマントだけハロウィン用にするのも良いでしょう。

スタイやマントなら普段の服装の上からつけるだけなので、お着替えも楽にすることができますね。

 

ハロウィンの仮装を作る方法も

仮装用の衣装は買う以外に、手作りする方もいます。

買うよりも作る方がコストはかからずにすみますね。

手作りするのが得意な方はぜひ、挑戦してみてはいかがでしょう。

 

【フェルトでかぼちゃ衣装】

定番のかぼちゃ衣装は比較的簡単に作ることができます。

 

<準備するもの>

・オレンジ色の大きめのフェルト2枚

・黒いフェルト

・ゴム

・ハサミ

・ボンド

 

<作り方>

①赤ちゃんのお尻までを覆うくらいのオレンジ色のフェルトを2枚用意

②手が出る部分だけを残し両端を縫う

③上下の空いている部分を三つ折りにしてゴムを通す部分を作る

④ゴムを通して縫う

⑤黒いフェルトでかぼちゃの顔を作って完成

 

 

【縫わずに作るチュールスカート】

難しそうなチュールスカートも、簡単に手作りする方法があります。

 

<準備するもの>

・チュール素材(オレンジ、紫、黒色などハロウィンっぽい色)

・サテンリボン

・織りゴム

・裁ちばさみ

・マスキングテープ

 

<作り方>

①織りゴムを赤ちゃんのウエストに合わせて切り、両端を結ぶ

②細長く切ったチュール素材を二つ折りにしてゴムの輪の部分に通し縛る

③飾りのサテンリボンを付けたら完成

 

ハロウィンの仮装をする際の注意点

見ているだけで楽しくなる赤ちゃんのハロウィン衣装。

ハロウィンの仮装をする際、どのような点に注意したら良いのでしょうか。

 

【肌トラブルに注意】

普段着ていない服装の場合、赤ちゃんの肌トラブルにも注意しましょう。

当たって痛くなるような素材や、重ね着しすぎて汗をかきすぎないよう、素材選びを気をつけましょう。

 

 

【シールやフェイスペイントは控える】

ハロウィンの仮装で、タトゥーシールやフェイスペイントをして楽しむ方も多いでしょう。

ただし赤ちゃんの場合は肌が弱いので、トラブルを起こす可能性もあります。

赤ちゃんにはこのようなタトゥーシールやフェイスペイントは控えましょう。

 

 

【赤ちゃんのリズムや機嫌に合わせて】

いつもと違う服装を着るということ自体、嫌がる赤ちゃんもいるかもしれません。

また、仮装して写真を撮ったりパーティをしたりなど、盛りだくさんにすると赤ちゃんは疲れてしまうかも。

仮装の時間はできるだけ短めにして、赤ちゃんのリズムや機嫌に合わせてあげるようにしてくださいね。

 

まとめ

楽しいハロウィンの行事。

赤ちゃんの仮装姿を見るのは今しかありません。

大人だけではなく赤ちゃんも一緒に楽しみたいですよね。

おすすめのハロウィンの仮装を参考にして、赤ちゃんに似合いそうなものを選んであげましょう。

衣装を買う方法もありますし、スタイなどで少し付け足したり手作りしたり方法もあります。

赤ちゃんにとって無理のないよう、ご家庭にとって楽しめる方法で取り入れてみてはいかがでしょう。

この記事を書いたライター

おがわ みなみ
おがわ みなみ

関西在住で一児の母です。 子育てをしながら仕事も両立したいと思い、在宅ライターを始めました。 日々、子供と楽しく暮らせるよう工夫することが大好きです。 新米ママやプレママさんのお役に立てるような記事をお届けします。よろしくお願いします。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php