https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

ハーフバースデー

ハーフバースデーとは

ハーフバースデーとは、日本では生後6ヶ月の赤ちゃんの成長をお祝いするイベントです。

もともとはアメリカやイギリスなどの欧米で行われていた風習ですが、日本で行われているハーフバースデーは内容が全く異なります。

 

欧米のハーフバースデーは、長期休暇中に初めてのお誕生日を迎える子のために行われるものです。長期休暇中だと、お誕生日パーティーを開いても参加者が少なくなってしまうことから、「お誕生日を半年ずらしてお祝いしてあげよう」という目的で行われるようになりました。

それが日本に渡り、「ハーフ=1/2」という意味から生後6ヶ月の赤ちゃんのお祝いとして定着するようになりました。

 

生後6ヶ月になると、赤ちゃんはこれまで以上に色々なことができるようになります。

寝返りをうったり、おすわりしながらおもちゃで遊んだり、ずりばいなどもできるようになるでしょう。そんな赤ちゃんの成長を家族でお祝いしながら、ご馳走を食べたり、記念撮影をして楽しみます。

また、ママやパパが半年間、育児を頑張ってきたことへのねぎらいの意味を込めても良いでしょう。

 

ハーフバースデーのお祝いの仕方

ハーフバースデーのお祝いの仕方には、特に決まりはありません。

赤ちゃんが生まれてからは、お宮参りやお食い初めなど様々なイベントがあるため、一般的にハーフバースデーのお祝いは、家族だけで小規模に行う家庭も多いようです。

 

もちろん、おめでたいことなので、おじいちゃんおばあちゃんが近所に住んでいる場合などは、一緒にお祝いしても良いでしょう。

 

【離乳食でお祝い】

ちょうど生後6ヶ月となると、離乳食がスタートしている時期でもあります。

赤ちゃんも一緒に食べられるように、いつもの離乳食を可愛く盛り付けてあげたり、赤ちゃんでも食べられるような離乳食ケーキを手作りしてあげたりするのも良いでしょう。

 

【記念撮影でお祝い】

また、赤ちゃんらしい可愛い姿を写真に残す家庭も多いです。

お部屋をバルーンやガーランドなどで飾り付け、それを背景に写真を撮ったり、「寝相アート」と言って、寝かせた状態の赤ちゃんの周りに様々なデコレーションアイテムを置いて、真上から写真を撮ったりしても良いでしょう。

 

スケジュールに余裕があれば、写真スタジオで家族写真を撮るのも記念になります。

なかなか家族そろって1枚の写真に写ることはないでしょうから、ハーフバースデーを機に撮影をすると、良い思い出になります。

 

【プレゼントを贈る】

ママやパパから、成長した赤ちゃんへおもちゃのプレゼントを贈るのも良いでしょう。

この時期の赤ちゃんは、様々なものに興味を示すようになります。赤ちゃんの発達を促すようなおもちゃを選んであげましょう。

 

叩くと音の出る太鼓や木琴、カラフルなワイヤーにそってビーズを動かして遊ぶルーピングトイなど、五感を刺激してくれるおもちゃがおすすめです。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php