https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

赤ちゃんと楽しむハロウィンの仮装

赤ちゃんと楽しむハロウィンの仮装

赤ちゃんもハロウィンを楽しめる?

近年日本でも楽しまれるようになってきたハロウィン。ヨーロッパ発祥のお祭りで秋の収穫を祝うとともに、死者の霊をお迎えする日という、日本のお盆に似た行事です。日本でも毎年10月31日がハロウィンとして定着してきていますよね。

 

「トリック・オア・トリート!」と言いながら仮装した子どもたちがお菓子をもらって回るイベントや、仮装をした人たちがハロウィンの夜に街を歩くハロウィンパレードなどのイベントが行われている地域もあるようです。しかし、赤ちゃんはまだイベントに参加したり、夜に出歩いたりするのはまだ難しいかもしれませんね。

 

そんな赤ちゃんも、ママやパパと一緒におうちでハロウィンを楽しむ方法がありますよ。それはハロウィンの仮装を楽しみながら写真を撮ること!赤ちゃんの時期にしかできない、とってもキュートで思い出に残るハロウィン仮装を赤ちゃんと楽しんでみませんか?

 

赤ちゃんのハロウィン仮装を楽しむコツ

ハロウィンといえば仮装をするというのがよく知られていますが、なぜ仮装するのかご存じでしょうか?ハロウィンは死者の霊をお迎えする日と先述しましたが、死者の霊とともに悪霊や魔女も復活してしまうと言われており、その悪霊たちから身を守るために悪魔や魔女の姿に変装したのが始まりだそうです。

 

最近ではそんなハロウィン用の仮装の衣装がさまざま販売されていますよね。もちろん、赤ちゃん用もたくさんあります。仮装して写真に撮れば思い出に残りますし、SNSなどにアップして楽しむのもいいですよね。

 

0歳の赤ちゃんにはどのようなハロウィンの仮装がおすすめでしょうか。写真を撮るコツとともにご紹介します!

 

【低月齢の赤ちゃんにおすすめのハロウィン仮装】
まだお座りができないねんね時期の赤ちゃんにはスタイを使った仮装がおすすめです。低月齢だと着替えさせるのが大変ですし、履き戻しやおむつからの漏れなどで汚してしまいやすい時期。しかし、普段着のロンパースにハロウィンカラー(オレンジ、黒、紫など)のスタイや、ハロウィンらしいジャックオーランタン、こうもりなどのデザインのスタイを付けるだけで、すっかりハロウィンコーデになりますよ。

 

また、ねんね期だからこそ、ねんねアートを楽しんでみましょう。ねんねアートとは寝転がっている赤ちゃんを中心に、アートのように飾りつけをし、真上などから写真を撮ること。赤ちゃんが目を覚ましていても大丈夫ですよ。

 

赤ちゃんの周りをハロウィンカラーをテーマに、ガーランドやジャックオーランタンの置物、大き目のキャンディーなどお菓子を置いて簡単にデコレーションしてみましょう。グッズは100円ショップなどでも揃います。

 

【お座り期の赤ちゃんにおすすめのハロウィン仮装】
お座りができるようになったら、仮装できるロンパースとともに帽子をかぶってみるのがおすすめです。頭にも何かをかぶせてあげることにより、本格的な仮装が楽しめますよ。帽子をかぶるのに慣れていない子は、嫌がってしまう場合もありますが、その場合はお座りした横に帽子を置いて撮影してもかわいい写真が撮れるでしょう。

 

また、大きなかぼちゃを用意して、興味を持って触っているところを写真に撮るのもいいでしょう。秋の収穫祭らしい素敵な写真が仕上がります。

 

【たっちができる赤ちゃんにおすすめのハロウィン仮装】
つかまり立ちやひとりたっちができたり、あんよが少しずつできるようになってきた赤ちゃんには、本格的なハロウィン衣装がおすすめです。ロンパースにしっぽが付いていたり、フードに耳が付いていたり、前からも後ろからも撮影が楽しくなる衣装がいいですね。

 

特に人気なのはディズニーのキャラクターたちや動物の衣装。女の子ならプリンセスのようなドレスを着せてあげるのもいいでしょう。

 

【さらにSNS映えさせるにはハロウィンメイクも?!】
最近では小さな子どもから仮装を楽しむ子も増えてきたため、クレヨンのようなすぐに水で落とせる子ども用のメイクグッズも増えています。肌にもやさしく、添加物が無添加のものが多いのですが、赤ちゃんの肌にはまだ使うのが不安だというママもいますよね。

 

その場合はスマホアプリを使った、加工メイクを施してあげるのがおすすめです。猫のひげやガイコツメイクなど、簡単にアプリで加工できますので、映えるメイクをアプリでしてあげるのもいいでしょう。

 

また、タトゥーのようなシールも販売されています。メイクよりも簡単に楽しめる仮装なので、取り入れてみてもいいですね。ただし、長時間貼っておくと、肌がかぶれてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

まとめ

どんどんと日本でも盛り上がりを見せているハロウィン。日本古来のイベントではないですが、季節を楽しむイベントとして、取り入れるのも楽しいですよね。

 

赤ちゃんとはおうちでハロウィンを楽しむのがおすすめです。まだねんね期の赤ちゃんだって、工夫すればハロウィン仮装を楽しめます。それぞれの赤ちゃんの成長に合わせて、ハロウィンの仮装を楽しんでみましょう!

この記事を書いたライター

おかだ うみ
おかだ うみ

11歳、6歳の兄弟を育児中のママライター。うどん県出身、お蕎麦の美味しい北陸在住。趣味はカフェ巡り、キャンプ、音楽鑑賞。子どもたちとの些細なできごとを100%楽しめるような毎日にしたい!と日々模索中。その中で学んださまざまな情報をお届けできたらと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php