https://babys-care.net/life/

赤ちゃんのお宮参りにかかる費用

赤ちゃんのお宮参りはいくらかかる?

赤ちゃんが生まれて最初のお祝い事となるお宮参り。

準備をするものが多いので、参拝する神社に納めるお金以外の費用も、意外と多く発生します。

 

どんなものにいくらかかるのか、しっかり把握しておきたいですね。

今回は、お宮参りに関するお金の情報について確認していきましょう。

 

①赤ちゃんのお宮参り費用:初穂料

お宮参りの際に神社で祝詞を上げてもらう時に支払うお金です。

初穂料は神社によって金額を設定しているところもありますので、お宮参りの予約の際に尋ねてみるといいですね。

 

もし、初穂料の金額設定がない神社であれば、初穂料の相場額の5千円~1万円を納めるといいでしょう。

家族だけでの参拝でしたら5千円、参拝後に縁起物のお守りなどを頂けたり、参加人数が多いようでしたら少し多めの1万円を包むと良いです。

 

また、初穂料を包むのし袋やそれを入れる袱紗(ふくさ)の用意も忘れずにしましょう。

初穂料は、お財布から直接支払うのではなく、のし袋に入れて納めるのがマナーです。

のし袋は、紅白の水引で蝶結びのものを使用します。

もし、どうしても用意できない場合は、白い封筒でも構いません。

 

 

②赤ちゃんのお宮参り費用:衣装代

お宮参りに着ていく服装の用意が必要です。

赤ちゃんと、パパ、ママの分もお宮参りに適した服を用意しましょう。

 

【赤ちゃんのお宮参りでの服】

赤ちゃんの服装ですが、祝い着(掛け着)と呼ばれる着物を羽織ります。

一般的に祝い着は、ママの実家で用意するものという風習もありますが、特にこだわらず誰が用意しても構いません。

 

《祝い着を購入する場合》

祝い着の値段は商品によって異なりますが、相場としては3万円~5万円ほど。

良い品物でしたらそれ以上の値段になります。

 

 

《祝い着をレンタルする場合》

もし祝い着の費用を抑えたいのでしたら、レンタルを利用するのがおすすめです。

祝い着のレンタルの相場は、3千円~3万5千円ほど。祝い着の品物によって値段の幅が大きくなります。

 

最近では、赤ちゃんにベビードレスなどの洋装を着させて参列することも増えてきました。

ベビードレスは、出産した病院を退院する時に着たものがあれば、そちらを着させてあげても構いません。

 

 

【お宮参りでのパパとママの服】

赤ちゃんの祝い着に合わせてパパやママも服の用意が必要になります。

 

《和装の相場》

和装の場合は、その着物にもよりますが、一般的にスーツなどの洋装に比べて費用がかかる傾向です。

 

ママの和装の場合…訪問着を購入すると相場は20万円~50万円ほど。レンタルの相場は8千円~3万円ほどです。

パパの和装の場合…正絹の着物を購入すると相場は数万円~十数万円ほど。レンタルの相場は1万円~2万円ほどです。

 

しかし、和装は着付けも大変なため、現在ではフォーマルな洋装で参列するという方も多くいます。

パパはフォーマルスーツやビジネススーツを、ママはフォーマルスーツやワンピースを用意しましょう。

 

③赤ちゃんのお宮参り費用:会食費

お宮参りの後に、会食をする家庭もあります。

会食の費用の相場ですが、1人当たり3千円~5千円ほどを予算としてみておきましょう。

 

➃赤ちゃんのお宮参り費用:写真代

赤ちゃんの成長の節目となるお宮参りの記念に、写真スタジオで撮影をするという方が多くいます。

必ず必要なものではありませんが、記念として残しておけるといいですね。

 

写真代の相場はスタジオによって異なりますが、相場としては2万円前後見ておきましょう。

 

オプションを追加することにより、どんどん追加で費用がかかるため、当初の予定よりも費用が大幅にかかることもあります。

写真撮影をする場合、あらかじめしっかり予算を組んでおくといいかもしれません。

 

なお、写真スタジオによっては、撮影をすると祝い着が無料でレンタルできるというサービスを行っていることもあります。

祝い着代を安く抑え、写真代に多く費用を回すという方法もあります。

どちらに費用を多くかけるか、よく考えてみてくださいね。

 

赤ちゃんのお宮参りでもらえるお祝い金

こちらはパパとママが負担する金額ではありませんが、祖父母や兄弟姉妹から、成長の節目としてお祝い金をもらえることもあります。

一般的には、祖父母の場合は5千円~1万円ほど、兄弟姉妹でしたら5千円ほどです。

また、お祝い金の代わりに、お宮参り後の食事代などを負担してもらうというご家庭もあるようです。

 

このようなお宮参りでのお祝い金ですが、身内で祝福をお裾分けする行事ですので、内祝いの用意は必要ありません。

相手からの気持ちですから、ありがたく頂戴しておき、赤ちゃんの成長を一緒にお祝いしましょう。

 

まとめ

お宮参りにかかる費用は、お宮に納める初穂料の他にも、赤ちゃんの祝い着やパパ、ママの服装など様々な費用がかかります。

 

また、記念に写真を撮影したり、会食をしたりする場合は、さらに多くの費用を用意しておかなければなりません。

何かと準備することも多く、出費が多いお宮参りですが、赤ちゃんの健やかな成長を願って、家族みんなでお祝いをしましょう。

 

この記事を書いたライター

斉藤亜依
斉藤亜依

4歳と2歳のやんちゃ娘を育児中の元保育士。現在は旦那の自営業を支えながらも、保育や子育ての経験を活かせる仕事がしたい!と強く思い、上の子の出産を期にライターの仕事をしています。 ワ―ママ×ワンオペ育児でキツイと感じることもありますが、同じように仕事や育児に奮闘するママに寄り添えるような記事をお届けしたいと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php