https://babys-care.net/life/

赤ちゃんのお食い初めにケーキは必要?

赤ちゃんのお食い初めにケーキは必要?

もうすぐ迎えるお食い初め。

赤ちゃんの成長を感じられるお祝い事は、ママも楽しみですよね。

 

お祝いといえば、ケーキを思い浮かべるママも多いのではないでしょうか。

しかしお食い初めは生後100日を迎えたお祝いであり、赤ちゃんは生後3ヶ月位。

赤ちゃんは食べられないのに、ケーキは必要なのでしょうか?

初めてのお食い初めだと、分からないですよね。

 

今回は「赤ちゃんのお食い初めとケーキ」について解説します。

お食い初めの準備を考えているママは、是非参考にしてくださいね。

 

お食い初めのケーキが必要かはママ次第

結論から言うと、赤ちゃんのお食い初めにケーキは必須ではありません。

しかし最近では赤ちゃんがまだ食べられなくてもケーキを用意し、みんなで楽しむケースも増えているようです。

 

お食い初めは赤ちゃんの生誕100日を祝い「一生食べ物に困らないように」「丈夫な歯が生えるように」といった願いが込められた伝統儀式。

赤ちゃんに料理を食べさせる真似をするため、お膳を用意します。

住んでいる地域によって違いはありますが「一汁一菜」を基本とした献立が一般的です。

その他には儀式に必要な「歯固めの石」も用意します。

お食い初めは平安時代から行われている行事ということもあり、基本的な献立にケーキはありません。

 

しかし最近は伝統的な行事もしきたり通りではなく、アレンジを加えてさまざまなスタイルで楽しまれています。

そのためお食い初めでも、ケーキを用意してお祝いをするケースが増えてきているようです。

 

お祝いに可愛らしいケーキがあると、とても盛り上がりますよね。

写真に撮っても雰囲気が良く思い出にも残るため、お食い初めにケーキを用意するのはおすすめです。

 

赤ちゃんのお食い初めのおすすめケーキ4選

赤ちゃんのお食い初めに用意するのは、どのようなケーキが良いのでしょうか。

もちろん赤ちゃんはまだ食べられませんが、一緒に写真を撮ったり家族で食べたり。

お食い初めにケーキがあると一気にお祝いムードが高まり、楽しい雰囲気になりますよ。

 

ここからは赤ちゃんのお食い初めにおすすめの、ケーキアイデアをいくつかご紹介します。

 

【メッセージケーキ】

ケーキに乗せたチョコレートやクッキーのプレートに、絵や文字を書いたメッセージケーキ。

お食い初めにちなんで「100」の数字を書いたり赤ちゃんの名前を書いたり、さまざまなアレンジができて楽しめます。

 

手作りを考えている場合、お菓子作りが苦手なママでも挑戦しやすいでしょう。

また市販のケーキにメッセージプレートを乗せるだけでも、オリジナリティが出ますよ。

お食い初めでは他にも準備しなければならないものがたくさんあるため、簡単に可愛らしいケーキができるメッセージケーキはおすすめです。

 

【お食い初めを題材にしたケーキ】

お食い初めのモチーフをあしらったケーキだと、写真を見返した時にもすぐに何のお祝いか分かりますよ。

モチーフにはお食い初めに必要な「鯛」や「スプーンやフォークなどの食器」を選ぶと良いでしょう。

モチーフをかたどったクッキーやマジパンを乗せたり、ケーキ自体をその形にしたりといったアレンジもできます。

 

赤ちゃんと一緒に写真を撮る時も、お食い初めモチーフのケーキだと雰囲気が出てぴったりですよね。

まだケーキが食べられない赤ちゃんも、見るだけで楽しめるでしょう。

 

【ちらし寿司ケーキ】

パパやママが甘いものが苦手なら、ちらし寿司で作ったケーキはどうでしょうか?

お祝い事であるお食い初めに、見た目も華やかなちらし寿司は最適です。

 

酢飯を土台にして錦糸卵やエビ、サーモンといった好きな具材でケーキのように飾り付けましょう。

大きなケーキにするのも豪華で良いですが、1人前ずつカップに入れて、カップカーキのようにするのもおしゃれですよ。

ちらし寿司なら食事も兼ねているため、大人の食事を用意する手間も省けます。

 

【大人が食べておいしいご褒美ケーキ】

お食い初めケーキは、大人が食べるのが大前提です。

そのため、パパやママが食べたいケーキを用意するのも良いでしょう。

 

お食い初めは赤ちゃんの生後100日を祝い、これからの健やかな成長を願う行事です。

しかし同時に慣れない育児にパパとママが奮闘した事への、ご褒美にしても良いのではないでしょうか。

いつもとは違う豪華なケーキや、ママがお気に入りのケーキ屋さんの大好きなケーキなど、少し奮発してお祝いを思いっきり楽しみましょう。

パパとママが嬉しそうだと、赤ちゃんもご機嫌になりますよ。

 

まとめ

赤ちゃんのお食い初めにケーキは必須ではないため、用意するかはママの自由です。

最近ではさまざまなスタイルで伝統行事を祝うことも増え、ケーキはお食い初めを盛り上げるアイテムの一つとして人気を集めています。

 

まだケーキが食べられない赤ちゃんも一緒に写真を撮るだけで、良い思い出になるでしょう。

またケーキはお食い初めの雰囲気を華やかにするだけでなく、実際に食べる大人の楽しみにもなりますよね。

 

アレンジ方法やアイデアもたくさんあり、お食い初めケーキは用意するママの楽しみにもなるかもしれません。

手作りでも市販でも素敵なケーキを用意して、思い出に残るお食い初めにしたいですね。

この記事を書いたライター

中岡ゆり
中岡ゆり

5歳と2歳の男の子を育児中のママライター。ワンオペの毎日は大変ですが、バタバタと賑やかに過ごしています。 現在はパートをしながら、在宅ライターとしても活動中。ちょっとしたことで不安になり、心配していた0歳児育児。 同じように悩むママたちが、今しかない赤ちゃんとの貴重な時間を安心して楽しめるきっかけになるような記事をお届けしたいと思います。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php