https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

離乳食期のお出かけの便利アイテム7選

離乳食期のお出かけの便利アイテム7選

離乳食時期のお出かけは大変!

赤ちゃんとのお出かけは、何かと荷物が多くなりがちですよね。
特に離乳食が始まると、食事の際に使うアイテムがさらに増えてお出かけが面倒になってくることもあります。特に、外での食事のときはハラハラしっぱなし・・・。
これは多くのママの共通の悩みかもしれません。

 

だからと言って、離乳食期のお出かけをあきらめるのはもったいない!この記事では離乳食期でも気軽にお出かけできるような、便利でかさばらず、ママも助かるアイテムをご紹介します。参考にしてみてくださいね。

①食事用エプロン

離乳食期の赤ちゃんはまだ上手に食べることができません。
ママが食べさせてあげても、口の周りにはみ出したりこぼしたり、吐き戻すこともあります。
洋服を汚さないために、食事用エプロンは必須ですね。

 

人気があるのは、ポケット付きのタイプです。
特に、すそを折り返したり脇のスナップボタンを留めることによって立体的なポケット付きエプロンになるタイプが持ち運びにも便利です。

 

食事用エプロンには洗って繰り返し使えるタイプと使い捨てタイプがあります。
洗えるタイプは経済的ですし、使い捨てタイプは衛生的で手軽に使えますね。
旅行や帰省など数日間のお出かけの場合は洗えるタイプ、買い物など数時間のお出かけには使い捨てタイプ、などと使い分けするのも良いですね

②おしぼりやウェットティッシュ

口の周りや手を拭くためには、乾いたハンカチやタオルではなく濡らしたおしぼりやウェットティッシュが便利です。
ハンドタオルを濡らしてケースやジッパー付きの袋に入れて持ち歩いても良いでしょう。

 

ウェットティッシュの中には除菌目的でアルコールを使用しているものもあります。
お肌が敏感な赤ちゃんには赤ちゃん用の手口拭きシートを使うと安心です

③お弁当箱

手作り離乳食を持ち歩くために、赤ちゃん用お弁当箱の種類も増えてきました。

 

汁漏れしにくい構造(おかゆやスープなど、ドロドロしたものを持ち歩くのも安心)
電子レンジ対応(お出かけ先でも温かい離乳食を食べさせてあげられます)
保冷剤付き(ふたの内側などに保冷剤をセットできます)
スプーン付き

 

保温機能付きのランチジャーやフードコンテナを利用するのも良いですね。

 

手作り離乳食を持ってお出かけする場合は、保冷機能付きの容器やバッグに入れて持ち歩くようにしましょう。特に夏場は傷みやすいので、保冷剤などと併用するとより安心ですね。
いつの季節であっても、食べ残した離乳食はもったいないですが廃棄しましょう

④カトラリー(スプーン、フォーク)

外出先では赤ちゃん用の小さなカトラリーをすぐ調達できるとは限りません。必ず必要なものなので、持参すると安心です。

 

ママが食べさせる場合は、少し柄の長いカトラリーが使いやすいでしょう。赤ちゃんに持たせる場合は短めのものを
フォークは、先端の丸い赤ちゃん用のものを使いましょう。

⑤離乳食用はさみ

お出かけ先で、大人の食事から赤ちゃん用に取り分けることも多いと思います。
多くのママが苦戦するのが、お箸やフォークで食材を細かくカットすることではないでしょうか。
結構時間がかかりますし、赤ちゃんを待たせるのもかわいそうですね。

 

そんな時にとても便利なのが離乳食用はさみ。
お皿やお椀の上でチョキチョキするだけで、食材を細かくカットすることができます

 

赤ちゃんのそばで使用することを考えて、刃先が丸くなっていたりチャイルドロックが付いているものもあります。
お出かけ用にはキャップやケース付きのものを選びましょう。バッグの中でも安心です。

⑥チェアベルト

お出かけ先のレストランやフードコートでベビーチェアが使えない場合に大助かりなのがチェアベルトです。

 

大人用の椅子に取り付け、赤ちゃんを座らせてベルトで固定するだけで即席のベビーチェアの出来上がり
背もたれのある椅子なら、たいてい取り付けられます。

 

サイズ調整ができるので、ひとりでお座りができる頃から3歳くらいまで長い期間使うことができますよ

 

カフェのソファ席で食事するときなどは、チェアベルトをママやパパの腰に巻いて赤ちゃんを膝に乗せて使うこともできます。
赤ちゃんを手で支えなくてもよいので、ママが食事するときも助かりますね。
たためばコンパクトになりますので、持ち運びにも便利です。

 

使用する際は、必ず取扱説明書で装着方法などを確認してくださいね。

⑦レトルトパウチホルダー

お出かけ先で市販のレトルト離乳食を食べさせるときに便利なアイデアグッズです。
市販の離乳食を移し替えるための食器を持って行くのは面倒ですよね。そのまま食べられる瓶入りタイプは重たいし、プラカップのものは量が少なくて割高です。
レトルトパウチホルダーを使えば、封を開けたレトルトパックの離乳食を立てた状態でキープすることができます
たためばコンパクトになりますし、移し替え不要、洗い物不要、で助かりますね。

まとめ

上で紹介したアイテムは、離乳食期が終わった後も使える便利なものばかりです。
また、毎日おうちで使うこともできますので、使う機会が少ないから無駄になるかも…という心配も少ないですよ。ぜひお試しください。

この記事を書いたライター

北村 美涼
北村 美涼

関西在住、1男1女を持つワーキングママです。 産休、育休、フレックス、時短、在宅、テレワーク、といろいろな勤務体系経験済み! ハワイとたこ焼きと太陽の塔が大好き!どれも私のパワーのみなもとです。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php