https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

赤ちゃんの離乳食用食器の選び方

離乳食用食器はいつから必要?

赤ちゃんが生後5~6ヶ月を迎えると離乳食が始まります。

多くのママは生後4ヶ月くらいから、離乳食に備えて赤ちゃん用の食器を選び始めるようです。しかし、一口に離乳食食器といっても、様々な種類がありますので選ぶ際に迷ってしまいますよね。

離乳食用の食器は、赤ちゃんが楽しく食事をするためにとても大切なものです。大人が使う食器を代用しても良いのですが、赤ちゃんが自分で食べるようになる時期には、赤ちゃんにとって使いやすい素材やデザインのものを用意してあげると良いでしょう。

離乳食が進まない赤ちゃんも、可愛い色や柄の食器が並ぶことで、食事を楽しんでくれるようになります。

今回は、赤ちゃんのためにどんな食器を選んであげればよいのか、失敗しない離乳食用食器の選び方についてご紹介します。

 

選び方①素材で選ぶ

離乳食用食器は、素材選びも重要です。大きく分けてプラスチック製・磁器・木製があります。それぞれの特徴をご紹介していきます。

 

【プラスチック】

軽くて丈夫なプラスチック製の食器は、赤ちゃんがひっくり返したり、投げたり落としたりしても壊れにくいのが最大の特徴です。電子レンジが使えるタイプは、食材を温めたいときも便利です。

値段も安価なので、手軽に揃えられるというのもメリットでしょう。

ただし、プラスチックは柔らかい素材のため、歯の生え始めた赤ちゃんが噛むと食器に傷がついてしまうこともあります。また、商品によっては、食材のニオイが食器に移ってしまうこともあります。

 

【陶器】

磁器や陶器は、食材のニオイ移りがしにくく洗いやすいので、常に清潔な状態を保つことができます。また、電子レンジや食洗器も対応可能なので便利ですね。

ただし、重さがあり、落っことした時に割れたり欠けたりする恐れがありますので、取り扱いには注意が必要です。

 

【木製】

最近特に人気の高い木製の食器。軽くて落としても割れにくい上に、遮熱性が高いという特徴があります。汁物などを入れるのにも便利です。 赤ちゃんが口にするものなどで、天然素材の食器なら安心ですよね。また、木のぬくもりを感じさせる見た目やデザインがおしゃれなので、出産祝いなどにもおすすめです。

ただし、電子レンジや食洗器は対応していませんので注意しましょう。また、しっかり乾燥させないとカビが生える恐れがありますので、お手入れには十分注意が必要です。

 

選び方②目的に合ったタイプで選ぶ

離乳食用食器には、汁状・ペースト状の離乳食が入れやすい器タイプと、1枚のお皿に複数品の食材を分けて盛り付けられる仕切りがついたプレートタイプの2種類があります。2種類を比較して、目的に合ったタイプのものを選びましょう。

 

【器タイプ】

深さがある形状の器タイプの食器は、汁状・ペースト状の離乳食が入れやすいので、離乳食初期から利用できます。持ち手付きのものを選べば、赤ちゃんが自分で食べるようになった時も、自分の手で持ちやすいのでおすすめです。

 

【プレートタイプ】

プレートタイプの食器は、1枚の大きなお皿に複数品の食材を分けて盛り付けられる仕切りがついているのが特徴です。

底が浅くて平たい形状のものが多いため、生後9ヶ月くらいになると始まる「手づかみ食べ」の時期におすすめです。プレートにたくさんの食材がバランスよく盛り付けられていると、見た目も美しく、赤ちゃんも食べることが楽しくなりそうですよね。

ワンプレートで完結するので、あれこれ食器を用意する手間がなく、食後の洗い物も楽になります。

 

離乳食用食器のお手入れ方法

赤ちゃんの毎日の食事に活躍する離乳食用食器。きちんとお手入れをして、常に清潔にしたいものですよね。素材によっても多少お手入れ方法は異なりますが、ここでは一般的な洗い方についてのポイントをご紹介します。

 

【洗剤はしっかり落とす】

洗う際は、すすぎ残しがないよう注意しましょう。心配な場合は、哺乳瓶などを洗う際にも使える赤ちゃん用の食器洗剤を使うといいです。

 

【消毒はしなくても大丈夫】

哺乳瓶は必ず消毒をしてから使用しますが、赤ちゃん用の食器は消毒をしなくても問題ありません。ただし、毎回使った後は食器をきれいに洗い、しっかりと乾燥させてから使うようにしましょう。生乾きのままだと、カビや雑菌が繁殖してしまいます。

 

【普段の食器洗いスポンジと分けると良い】

あまり神経質になる必要はありませんが、気になる場合は普段使う食器用スポンジと分けると安心です。特に、刺身や魚など生ものを扱った包丁やまな板などを洗うスポンジや、フライパンなどの油汚れを落とすときに使ったスポンジとは分けておくと良いでしょう。汚れ移りの心配がありません。

 

まとめ

赤ちゃんの離乳食用食器についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

離乳食の時期は大変ですが、振り返ってみるとほんの一瞬です。離乳食は、赤ちゃんの成長を感じる1つの目安でもあります。わが子と楽しく食事ができるよう、お気に入りの食器を見つけてくださいね。

この記事を書いたライター

西村 みどり
西村 みどり

信州在住。 3歳の娘と猫2匹と暮らしています。 フルタイムで働きながら、空いた時間でライターを勉強中。 休みの日に娘と公園に行ったりするのが楽しみです。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php