https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

赤ちゃんとの外食に!便利グッズ7選

あかちゃんとの外食に便利グッズ7選

赤ちゃんとの外食に便利なアイテムは?

赤ちゃんの外食デビューは、1歳前後が一般的と言われています
そろそろ離乳食も最終段階に入り、食事にも慣れてきた頃なので、赤ちゃん連れで外食する機会も増えていきますよ。

 

しかし、外食は、自宅での食事とは環境が違うため、事前の準備も必要です。
そこで今回は、赤ちゃんとの外食に持って行くと便利なアイテムをご紹介します。
赤ちゃんと外食される際は、是非参考にしてみてください。

 

便利グッズ①チェアベルト

チェアベルトは、赤ちゃんが椅子から落ちないように固定するおすわり補助ベルトで、大人用の椅子に取り付けて使います。
ベビーチェアのないお店でも、ママやパパの腰に装着し、赤ちゃんを膝の上に固定して座らせることができます。
赤ちゃんがしっかり固定されているので、ママは片方の手で支える必要がなく、両手が使えて大変便利です。

また、前ベルトのないハイチェアの場合に使用すれば、赤ちゃんがずり落ちる心配がありません。

 

布製なのでコンパクトに折りたためて手軽に持ち運べます。外出時もかさばりません。
各メーカーから色柄さまざまなタイプが出ています。
汚れても布製なので丸洗いできるので、お手入れも簡単ですよ!

 

これ1つあれば、ベビーチェアの有無をお店に確認する手間もなくなりますし、たまたまベビーチェアがすべて使用中なんていう場合にも安心です。

サイズ調整可能なので、お座りできる6ヶ月頃から3歳頃まで長く使うことができます。
上手に使うポイントは、普段から自宅でも使っておくこと。いつもと同じ環境だと赤ちゃんは落ち着いてくれやすいですよ。

 

便利グッズ②ヌードルカッター

赤ちゃんとの外食というと、大人の食事の取り分けから始めるケースも多いと思います。
そんな時に便利なのが、ヌードルカッターとマッシャーです。

 

【ヌードルカッター】
取り分けしやすいメニューと言えば「うどん」や「パスタ」。
長細い麺類を赤ちゃんが食べやすくするために、短く切ってあげる際に活躍するのが「ヌードルカッター」です。

いつも持ち歩いておけば、麺類に限らず色々な食材を食べやすいようにカットできて便利ですよ。

 

【マッシャー】
平たくカーブの少ないスプーンのような形状で、温野菜や煮物などをその場で潰して赤ちゃんに食べさせることができます。
スプーンやフォークで潰すよりも簡単です。
潰した後は、赤ちゃん用スプーンとして使うことができるものもあります。

 

便利グッズ③使い捨てエプロン

自宅ではビニール製やプラスチック製のエプロンを使っている赤ちゃんも多いかもしれませんが、外食時は使い捨てできるペーパーエプロンが便利です。

 

使用後はサッと外してゴミ箱に捨てて帰ることができ、汚れ物を長時間持ち歩かなくて済みます。
ビニール製のエプロンの場合、その場で洗ったり汚れを拭き取ったとしても、長時間外出しているとカビが生えてしまうこともよくありますので、使い捨ては便利です。

 

紙製とはいえ撥水性に優れたものやポケット付きもあり、丈夫な素材のものが多くなっています。
数枚持ち歩いてもかさばらないのも嬉しいポイントです。

 

便利グッズ④シリコン製お食事マット

いつもはママに食べさせてもらっているのに、自分でスプーンを持ちたがったりテーブルの上の食器に手を出そうとしたりする赤ちゃんもいるでしょう。
いつもと雰囲気の違う場所でお食事するというのは、赤ちゃんにとっても嬉しいものですよね。

 

こんな時は、お食事マットを使うと便利です。
シリコン製なので赤ちゃんの食器が滑りにくく、料理もこぼれにくくなっています。
マット自体もずれにくいため、赤ちゃんが引っ張っても安心です。

 

柔らかい折り畳み式のものを選べば外食時にもコンパクトに持ち歩けるでしょう。

 

便利グッズ⑤ベビー用カトラリー

赤ちゃんとの外食時は、ベビー用のスプーンやフォークなどのカトラリーも必需品。
お店で用意してくれているところも多いですが、いつもと違うものだと赤ちゃんが嫌がって食べてくれないこともあります。

携帯用のケースに入ったタイプもあるので、1つママバッグに入れておくと安心です。

 

便利グッズ⑥市販のベビーフード

いまや市販のベビーフードの種類はとても充実しています。
温めずそのまま食べられるものや、スプーン付きのもの、ご飯にかけて食べるタイプのものなど様々です。

 

外食先に、赤ちゃんが食べられそうなメニューがない時も一緒に食事を楽しめるので、念のため市販のベビーフードを用意しておくと便利ですよ。
ただし、離乳食の持ち込みは、お店によって断られてしまうことがあります。
事前にお店の人に確認してから食べさせてあげましょう。

 

便利グッズ⑦タオル

赤ちゃんの手や口が汚れた時にサッと拭けるタオルも必需品。お食事用として1枚多めに持って行くと良いでしょう。

手や口を拭くだけならウェットティッシュやおしり拭きで代用するママもいますが、ジュースをこぼしてしまった場合にタオルがあった方がすぐに拭けるので便利ですよ!
ほかにも、うっかり食事用のエプロンを忘れてしまった時にタオルで代用したり、少し大きめのタオルであれば、赤ちゃんが寝てしまった時にタオルケットの代用としても使えます。

 

まとめ

いかがでしたか?
慣れないうちは、赤ちゃんとの外食が負担になるママもいると思いますが、慣れてしまえばとても楽しいものです。
たまにはパパやママ友と一緒に外食を楽しんでみるのも気分転換になるでしょう。

 

今回ご紹介したような便利グッズを参考に、準備を整え、楽しい食事を楽しんでください。

この記事を書いたライター

北村 美涼
北村 美涼

関西在住、1男1女を持つワーキングママです。 産休、育休、フレックス、時短、在宅、テレワーク、といろいろな勤務体系経験済み! ハワイとたこ焼きと太陽の塔が大好き!どれも私のパワーのみなもとです。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php