https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

離乳食用ベビースプーンの選び方

離乳食用ベビースプーンの選び方

赤ちゃんに合ったベビースプーンを選ぶ

離乳食が始まったら用意したいベビースプーンですが、お店の商品を見ても種類が多くてどれを購入したらいいのか悩んでいるママもいるかと思います。
離乳食の進みには段階もありますし、赤ちゃんの成長に合わせて当然ベビースプーンも変えていく必要があります。
ベビースプーンを選ぶためには、どんなところにポイントを置いて選べばいいのでしょうか。

 

ベビースプーンの形で選ぶ

ベビースプーンにはいくつか形がありますよね。
赤ちゃんの離乳食の進みや利き手に合わせて形を選んでいく必要があるので、まずはスプーンの特徴を押さえておきましょう。

 

【フィーディングスプーン】
スプーン部分が小さく、赤ちゃんが食べやすい大きさとなっています。
持ち手が長いので、離乳食を食べさせるママも使いやすく、赤ちゃんのお口が見えるのが特徴です。
離乳食を始める時は、このフィーディングスプーンを使うのがいいでしょう。

 

【離乳食練習用スプーン】
離乳食を食べさせていると、赤ちゃんがスプーンを持ちたがることがあります。
離乳食をすくう動作をしなくても、おかゆやヨーグルトがスプーンにくっついてくる作りとなっていて、赤ちゃんが自分でスプーンを持ってなめなめしながら食べられるベビースプーンです。
離乳食を始めて、赤ちゃんがスプーンに興味を持つようでしたら練習用に取り入れてみましょう。

 

【持ち手にカーブがかかったスプーン】
赤ちゃんの手でスプーンを握りこんだ時を想定し、持ち手部分にカーブがかかっているスプーン。
赤ちゃんが自分でスプーンに乗った離乳食を口に運んで食べる練習におすすめです。
利き手の方に持たせてあげないと使いにくいので、その点は注意しましょう。

 

【幼児用スプーン】
持ち手がまっすぐになっていて、スプーン部分はフィーデングスプーンより大きく深くなっています。
赤ちゃんが自分で食べることを想定した形のスプーンで、赤ちゃんから幼児期まで長く使えます。
赤ちゃんのうちは利き手がまだはっきりしなかったり、両手のどちらの方でもスプーンを持ちたがったりします。
その場合は、まっすぐ持てる幼児用スプーンがおすすめです。

 

ベビースプーンの素材で選ぶ

赤ちゃんが使うベビースプーンは、素材もいくつかありますよね。
違いを押さえて、どのスプーンを使ってみるか検討してみましょう。

 

【シリコン製】
柔らかい素材で口当たりが良く、赤ちゃんが抵抗なくお口に入れやすい素材です。
始めての離乳食や、離乳食を嫌がっている赤ちゃんにはシリコン製のベビースプーンを選んであげるのがおすすめです。

 

柔らかいため、耐久性はあまりありません。
赤ちゃんがスプーンをカミカミすると傷が付き、雑菌が繁殖することも。また、離乳食の色が移ったり劣化が見られることもあるので、定期的な買い替えが必要です。
とはいっても、シリコン製のスプーンを買い替えるころには、赤ちゃんのスプーンもステップアップしていることかと思います。
長く使えるスプーンではありませんが、きちんと洗浄して使う分には問題ありません。

 

【プラスチック製】
しっかりした固さがあり、離乳食を与えるママもすくいやすいのが特徴です。
極端に冷たさや熱を通さないので口当たりも良く、シリコン製ほどではないですが食べやすい素材。

 

シリコン製に比べると耐久性はあるものの、赤ちゃんの歯が生えてカミカミすると傷が付きやすいですし、離乳食からの色移りもみられることも。
離乳食完了期まで長く使えますが、劣化が見られたら買い替えの検討が必要です。

 

【木製】
天然素材を使っているため、赤ちゃんに安心して使えることで人気のベビースプーン。
木は口当たりもいいし、手触りも良く、赤ちゃんが持ちやすいという点でもおすすめ。

 

色移りなどはないものの、水を吸いやすいという特徴があります。
スプーンとして使っていくには問題はありせんが、長く水や消毒液につけておくと、劣化に繋がることも。
電子レンジでの消毒もできません。
使用後は洗ったら、水気をきってよく乾燥させて保管してください。

 

【ステンレス製】
大人の食器でも使われるステンレス製品。
熱や汚れに強く、ステンレス部分はほとんど劣化がなく衛生的に長く使えます。
固さがあり、赤ちゃんが自分で食べる時にも離乳食をすくいやすい、フォークであれば食事に刺しやすいなど、食べやすいというのも特徴です。

 

大人にとっては馴染みのあるスプーンですが、食事を始めたばかりの赤ちゃんにとっては冷たさや固さが気になり、あまり口当たりの良いものとはいえません。
ステンレス製の幼児スプーンは離乳食にも大分慣れた後期〜完了頃から取り入れていくのがいいでしょう。

 

赤ちゃんの成長に合ったスプーンを選ぼう

数ある離乳食スプーンですが、形は赤ちゃんの離乳食の進みや成長に合わせたものを選ぶのがいいでしょう。
素材も様々ですが、まずはママが使いやすそうなものを選び、実際に赤ちゃんと一緒に使ってみて、赤ちゃんが抵抗なく使えているようでしたら大丈夫。
もし嫌がったり、ベビースプーンの劣化が気になるようでしたら、買い替えも検討してみてください。

この記事を書いたライター

斉藤亜依
斉藤亜依

4歳と2歳のやんちゃ娘を育児中の元保育士。現在は旦那の自営業を支えながらも、保育や子育ての経験を活かせる仕事がしたい!と強く思い、上の子の出産を期にライターの仕事をしています。 ワ―ママ×ワンオペ育児でキツイと感じることもありますが、同じように仕事や育児に奮闘するママに寄り添えるような記事をお届けしたいと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php