https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

赤ちゃんのストローマグのお手入れ方法

赤ちゃんのストローマグのお手入れ方法は

赤ちゃんのストローマグのお手入れは?

赤ちゃんが生後6ヶ月頃になると、ストローマグが活躍する場面が増えてくるのではないでしょうか。毎日のようにお世話になるというママも少なくないと思います。

 

ですが気を付けないと、いつの間にか隅に汚れが残っている・・・なんてことも。赤ちゃんが口にするものですから、いつも清潔な状態にしておきたいですよね。

 

そこで今回は、ストローマグを清潔に保つためのお手入れ方法として、手洗いの方法から除菌・消毒方法までご紹介します。

 

赤ちゃんマグのおすすめの手洗い方法

赤ちゃんのストローマグを購入する際はパーツを外してきれいに洗えるものなど、お手入れのしやすさも考えて選びたいですね。
食洗器で洗う場合は、対応している商品かしっかり確認しましょう。

 

手洗いの場合は、使うたびに洗っても、ストローの内側や蓋の隙間に汚れがたまってきやすいものです。
赤ちゃんのストローマグは、汚れが残りやすいポイントをしっかり押さえて工夫をしながら洗うことで、汚れが残るのを予防しやすくなります。

 

【シリコンストローはつぶして洗う】
柔らかいシリコンストローのマグの場合、指でつぶしながらしごくようにして洗うと中の汚れを落とすのに効果的です。

 

ストローに洗剤とお湯を流し入れながら、指でつまんでしごくようにして洗いましょう。
最後に洗剤が残らないように、しっかりストローの中にお湯を流しこんで洗います。

 

【綿棒で洗うのもおすすめ】
ストローの中をしっかりこすって洗いたいなら、ベビー用の綿棒を使うのもおすすめです。
柔らかいベビー用綿棒なら、シリコンなどの柔らかい素材のストローでも、傷をつけることなく洗えます。

 

細いブラシなどを使う方法もありますが、ストローの中に傷がついてしまうと、かえって汚れがたまったり雑菌が繁殖しやすくなるため気を付けてくださいね。

 

【スプレー式洗剤を使う】
日々のお手入れには、手軽なスプレー式洗剤もおすすめです。シュッと洗剤をスプレーするだけなら、忙しい毎日でも続けられますね。
スプレーの勢いと、泡で汚れを浮かすことで、ブラシや綿棒を使わなくてもかなり汚れを落とすことができるでしょう。

 

【歯ブラシを使う】
マグの飲み口やパッキンなどの隙間や溝の汚れは、歯ブラシを使って洗うと隅々まで洗うことができます。
ただしこの時も、傷をつけないよう力加減には気を付けてくださいね。

 

歯ブラシは、毛をはさみなどでカットして短くすると、汚れを落としやすくなります。毛が硬い場合は、お湯につけると切りやすくなりますよ。

 

赤ちゃんマグのおすすめの消毒方法

赤ちゃんのマグを消毒するおすすめの方法は、煮沸消毒薬液による消毒があります。

 

【鍋での煮沸消毒】
大きい鍋に良く洗ったパーツとたくさんの水を入れます。
大きめの鍋を使うのは、熱い鍋肌にパーツが直接当たって溶けたり変形したりするのを防ぐためです。

 

水が沸騰してきたら火を止め、そのまま5分つけ置きします。5分以上沸騰したり、油分が水に混ざっていると、マグが変形したり白濁したりしますので注意しましょう。

 

シリコンのパーツを煮沸消毒した場合、乾くと白い粉状のものが付着することがあります。これは水の中に含まれるカルシウムなどのミネラル成分がシリコンに付着するためで、人体に有害なものではないのでご安心を。また、シリコン特有のにおいがすることもありますが、衛生上は問題ありません。

 

【電子レンジでの煮沸消毒】
電子レンジ消毒に対応している赤ちゃんマグなら、電子レンジで煮沸消毒するのもおすすめです。
レンジ専用の消毒用器具も市販されていますよ。

 

市販のレンジ消毒専用器具の取り扱い説明書通りに消毒してください。
バネなどの金属パーツを使用している赤ちゃんマグなどは、電子レンジ消毒ができないものもありますので、必ず対応しているかどうかを説明書などで確認してください。

 

【薬液を使った消毒の方法】
哺乳瓶を消毒する時に使っていたような市販のベビー用消毒液を使って、赤ちゃんストローマグを消毒する方法もあります。市販の消毒液は次亜塩素酸ナトリウムというもので、1時間ほどつけておけばしっかり除菌できます。
台所用塩素系漂白剤や、酸素系漂白剤でも代用はできます。

においが強めの塩素系漂白剤を使いたくないと思うママには、赤ちゃん用の酸素系漂白剤をおすすめします。

塩素系よりにおいも柔らかく、成分もやさしいと評判です。ただし、酸素系漂白剤は残念ながらノロウイルスの除去には効果がありません。
消毒液や漂白剤は、あまり長くつけ置きすると、素材が劣化することもあるので、長時間つけっ放しにするのはやめましょう。

 

まとめ

赤ちゃんがストローを使えるようになると、マグは便利で欠かせないアイテムです。持ち運び時や赤ちゃんが倒した時もこぼれにくいため、毎日使うママもいるでしょう。
毎回手洗いしても、頑固な茶渋などの汚れがたまってしまい、きれいに落とせないこともあります。

 

なるべく汚れをためないように洗って、定期的にしっかり消毒するお手入れをしましょう。
赤ちゃんが使うストローマグは、衛生的に長く便利に使いたいですね。

この記事を書いたライター

月子
月子

親の病を機に九州へ舞い戻る一児のママライター。 おかしな方言の使い方をする子どもに笑い、癒されながら、バタバタ過ごす毎日です。 趣味は料理とベランダ菜園。育てたものはおいしく食べています! 心がほっとするような、楽しく役立つ情報をたくさんお届けしていきたいです。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php