https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

赤ちゃんが離乳食を嫌がるときの献立

赤ちゃんが離乳食を嫌がる時の献立

赤ちゃんが離乳食を嫌がる理由

赤ちゃんの離乳食がなかなかスムーズに進まず悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
離乳食を嫌がる、食べてくれない理由としてこのような原因が考えられます。

 

匂いが嫌い
初めての味にとまどい
すでにお腹がいっぱい

 

また、月齢によっても原因は違うため、理由はひとつではない場合もあります。
ママとしては、ちゃんとおいしく食べてもらいたいですよね。

 

味付けや食感などに気をつけて、赤ちゃんの月齢に合った離乳食かどうかも重要です。
最初に口をつけた時に、あれっ?と一度思ったら赤ちゃんはなかなか食べ進めてくれません。

 

そこで今回の記事では赤ちゃんが食べやすい離乳食を、離乳食期別にご紹介していきます。

 

離乳食初期の赤ちゃんにおすすめの献立

まずは離乳食初期におすすめの献立をご紹介いたします。

 

【初期の離乳食を赤ちゃんが嫌がる理由は?】
生後5~6ヶ月で離乳食を始めたばかり。食べたことのない味に驚く赤ちゃんも多いでしょう。
ちょうど歯が生え始める時期ですが、まだ噛むことはできません。

 

原因としては単に好き嫌い以外にも、おかゆのつぶつぶ感が多少残っていたり、野菜だとざらざらしていることが考えられます。

 

ごっくん期とも呼ばれる離乳食初期では、「飲み込む」ことで食事を摂ります。
飲み込みやすくするために、ご飯は10倍がゆにして、野菜などは液体に近いくらいクタクタに柔らかくしましょう。

 

【離乳食初期におすすめの献立】

 

10倍がゆ
離乳食のスタートには10倍がゆが基本ですが、この10倍がゆでも食べてくれない場合の対処法をご紹介いたします。

 

<対処法>
10倍がゆの場合は、上澄みの「おもゆ」を、サラサラすぎると飲み込みにくいので、粘稠度を上げて、ボタっとした感じにしましょう。
そうすることで、味や食感が苦手な赤ちゃんも徐々に慣れていきます。
離乳食中期の赤ちゃんにおすすめの献立

 

離乳食中期の赤ちゃんにおすすめの献立

続いて、離乳食中期におすすめの献立をご紹介いたします。

 

【中期の離乳食を赤ちゃんが嫌がる理由は?】
離乳食中期の目安は生後7〜8ヶ月で、2回食を始めている赤ちゃんも多いのではないでしょうか。
今まで順調に進んでいても、なぜか急に食べなくなることもあり、まだまだ離乳食に悩む方も少なくありません。

 

離乳食中期はモグモグ期と呼ばれ、歯茎でつぶしてごっくんと飲み込むという食べ方をします。
まだ噛むことはできないので、そのままでも飲み込めるくらいの柔らかさの離乳食にして、様子を見て徐々に大きさと硬さを変えていきましょう。

 

【離乳食中期におすすめの献立】

 

鮭かゆ
少し離乳食にも慣れてきて、新しい食材にも徐々に挑戦したい時期ですよね。
栄養バランスを考えて、良質なタンパク質も積極的に取り入れていきましょう。
まずはお肉より魚の方が食べやすいという赤ちゃんの方が多く、柔らかくなりやすいので作り方も楽です。

 

<作り方と対処法>
7倍かゆを作り、鮭は食べやすい柔らかさになるまで茹でてほぐします。
おかゆに鮭を載せたら完成です。この時に、最初から鮭をおかゆに混ぜるのではなく、先に鮭だけで様子を見るようにしましょう。

 

離乳食後期・完了期におすすめの献立

最後に、離乳食後期・完了期におすすめの献立をご紹介いたします。

 

【後期・完了期の離乳食を赤ちゃんが嫌がる理由は?】
離乳食後期は生後9ヶ月以降、完了期は1歳頃が目安です。
2回食から3回食へと進み、食べられる食材も増えているのではないでしょうか。

 

体の成長に伴い、好き嫌いなど意思表示もしっかりする赤ちゃんもいます。
自分で食べる意欲を持てるようにするための大切な時期でもあります。
嫌がる時は無理をしないというのが基本ですが、食べない時は固さや大きさなどで工夫して様子を見るようにしましょう。

 

【離乳食後期・完了期におすすめの献立】

白身魚と野菜蒸し
タンパク質や食物繊維など栄養バランスを気にしながら作るのって結構大変ですよね。
手づかみ食べをさせたい時期でもありますので、焼いて作ることも増えるかもしれません。
焼いて作ったものだと手づかみしやすいですが、焼くことで食材の味が変わるため、今まで食べていたものでも嫌になることも。

 

<作り方と対処法>
おかずの数を増やしたい時期なので、魚と野菜を一緒に蒸すなど、いろいろな栄養があるものを同時に調理すると負担が減ります。
手づかみ用には焼いたものだけではなく、食材をそのまま蒸したものでも大丈夫です。
例えば、たらとにんじんやかぼちゃなどを一緒に蒸し器で蒸すか、電子レンジで加熱したら完成です。
同じ食材ばかりにならないように、組み合わせを色々と試してみましょう。

 

まとめ

赤ちゃんにとって初めて「食べる」ということを覚えるのが離乳食ですよね。
そのため、些細なことで食べなくなったり嫌になってしまうこともきっとあるでしょう。

 

少しでも好きな食材が増えるように、おすすめの献立を参考にしながら気楽に試してきましょう。
無理強いはせず、どうしても食べない時は前の段階に戻すなど、成長に合わせて進めていきましょう。

この記事を書いたライター

おがわ みなみ
おがわ みなみ

関西在住で一児の母です。 子育てをしながら仕事も両立したいと思い、在宅ライターを始めました。 日々、子供と楽しく暮らせるよう工夫することが大好きです。 新米ママやプレママさんのお役に立てるような記事をお届けします。よろしくお願いします。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php