https://babys-care.net/life/

赤ちゃんの手づかみ食べおやつレシピ

赤ちゃんの手づかみ食べおやつとは?

離乳食後期、完了期ごろになると自分の手で食べ物を食べるという、”手づかみ食べ”をするようになる赤ちゃんもいます。

この手づかみ食べは、赤ちゃんが食に興味を持ったり、目と手や口を連動させて食べるので脳の発達にも良い影響があると言われています。

そのため、赤ちゃんが食事に手を伸ばしてきたら、手づかみしやすいメニューを増やしていきましょう。

 

手づかみ食べメニューは普段の離乳食だけでなく、おやつに取り入れてもGOOD。

市販のおやつや野菜を切っただけの野菜スティック、パンなどをおやつにするのもいいですが、少しアレンジしたり、ママも一緒に楽しめるものもいいですよね。よう、手作りしてみるのはどうでしょうか。

今回は赤ちゃんが手づかみ食べしやすい、おすすめのおやつレシピを紹介します。

比較的簡単に作れるものを紹介するので、ぜひ参考に作ってみてくださいね。

 

赤ちゃんの手づかみおやつレシピ

【離乳食後期~:手づかみフレンチトースト】

最初に紹介するのは、卵のうまみが味わえる、フレンチトーストのレシピです。

食パンだけだとパサパサしていたり、噛み切れない場合もありますが、卵液をしみこませることで離乳食後期くらいの子にも食べやすくなります。

 

《材料(10本)》

・食パン…6枚切半枚(残りはママが食べても◎)

・粉ミルク…40〜50ml

・卵黄…1個

 

《作り方》

1.お湯でといた粉ミルクと卵黄を混ぜ、卵液を作る

2.食パンは赤ちゃんが持ちやすい長さのスティック状に切る

3.食パンを1の卵液にひたし、卵液をしみこませる

4.フライパンに油をひかず、火にかけて、3を全面焼く

5.焼けたら火をとめて冷まし、完成

 

【離乳食後期~:スティックおむすび】

赤ちゃんにもつかみやすい、スティック状のおむすびも、おやつとしておすすめですよ。

もちろん、離乳食のメニューとしてもOK。

手もベトベトしないし、かじりとりの練習もできるので良いです。

 

《材料》

・軟飯…80g(いつも食べている柔らかさで用意しましょう)

・青のり…少々

・かつおぶし…少々

 

《作り方》

1.軟飯に青のり、かつおぶしを混ぜる

2.ラップにご飯を棒状に乗せ、スティック状に丸めて完成

 

【離乳食完了期~:野菜マフィン】

かぼちゃやにんじんという甘い野菜やバナナの入ったマフィンのレシピです。

ホットケーキミックスを使うので、とても簡単。

ママも一緒に食べてもおいしいですよ。

 

《材料(12個)》

・ホットケーキミックス…50g

・牛乳…50ml

・サラダ油…大さじ2/3

・かぼちゃ…1〜2切れ

・にんじん…2㎝程度

・バナナ…1/2本

・マフィンの型(5号)

 

《作り方》

1.にんじんは出来るだけ細かいみじん切り、かぼちゃは3〜5mm角に切る

2.1の野菜をそれぞれ別の耐熱容器に入れ、電子レンジで600w(または500w)1分温める

3.オーブンを180度に予熱する

4.バナナをフォークで潰し、かぼちゃ以外の材料を混ぜる

5.4にかぼちゃを入れて軽く混ぜる

6.型に流し、180度で約15分焼く

7.楊枝などで刺し、中まで火が通っていれば完成

 

【離乳食完了期~:豆腐パンケーキ】

ヘルシーな豆腐ですが、豆腐を手づかみさせると後片付けが大変なことになりますよね。

そんな時はパンケーキにしておやつとして出すのはどうでしょうか。

 

《材料》

・ホットケーキミックス…大さじ3

・絹ごし豆腐…50g

・油…適量

 

《作り方》

1.ボウルに絹ごし豆腐とホットケーキミックスを入れてよく混ぜる

2.生地がまとまりにくければ、水を入れて調節する

3.フライパンに薄く油をひき、生地を流し、両面を1~2分ずつ焼く

4.食べやすい大きさに切ったら完成

 

【離乳食完了期~:さつまいものおやき】

さつまいもは、ふかしてそのまま食べるのもおいしいですが、手づかみして食べやすいように”おやき”にしてみましょう。

さつまいもの甘みだけでおいしいおやつができますよ。

ママも一緒に楽しめる味です。

 

《材料》

・さつまいも…1本(小さめで可)

・スライスチーズ…1枚

・牛乳…小さじ2

・油…適量

 

《作り方》

1.さつまいもの皮をむき、電子レンジで柔らかくなるまで加熱

2.1が熱いうちにつぶす

3.スライスチーズを細かくちぎり、牛乳と一緒に2に混ぜる

4.フライパンに薄く油をひき、3を食べやすい大きさにして焼く

5.両面焼き、粗熱が取れたら完成

 

まとめ

おやつとしての手づかみメニューを紹介してきました。

もちろん、手作りメニューだけでなく、市販のおやつを出すのでも構いません。

手づかみしやすいものを、毎回でなくても、意識的に取り入れてみませんか。

 

中には手が汚れるのが気になって、手づかみ食べに消極的な赤ちゃんもいるかもしれません。

そんな時にはママが手で食べる様子を見せることで食べるようになる子も。

またママが手が汚れることを気にしてなんども拭き取ったり、嫌な顔をしたりすると、手づかみ食べをしなくなる子もいます。手も床も、顔も髪も汚れることがある手づかみ食べですが、練習期間だと割り切って、温かく見守ってあげましょう。

 

何より、おやつタイムは、食べること、その時間を楽しんでみましょう。

ママも忙しい中ですが、ほっと一息つける、おいしいおやつタイムを一緒に過ごしてくださいね。

この記事を書いたライター

おかだ うみ
おかだ うみ

11歳、6歳の兄弟を育児中のママライター。うどん県出身、お蕎麦の美味しい北陸在住。趣味はカフェ巡り、キャンプ、音楽鑑賞。子どもたちとの些細なできごとを100%楽しめるような毎日にしたい!と日々模索中。その中で学んださまざまな情報をお届けできたらと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php