https://babys-care.net/life/

離乳食にアボカドを使う時のポイント

離乳食にアボカドを使うのはいつから?

クリーミーで濃厚な味わいのアボカドは、女性を中心に人気の高い食材ですよね。
アボカドは、「森のバター」とも呼ばれ、非常に栄養価も高いです。

 

アボカドは、離乳食中期から食べさせることができます。
しかし、離乳食用の本などによっては、後期からを推奨しているものもあります。
ママの納得できる方法で食べさせる時期を決めると良いでしょう。

 

そんなアボカドについて、離乳食に使う時のポイントやレシピを以下で詳しくご紹介します。

 

離乳食にアボカドを使う時のポイント

【①アボカドアレルギーに注意】
アボカドは、ラテックスアレルギーがある場合稀にアレルギー症状を起こす人もいます。
アボカドアレルギーでは、吐き気や下痢症状、そして唇や喉にかゆみや発疹が出たりすることもあります。

 

アボカドは基本的には生で食べるものではありますが、初めて与える際には加熱したものからにすると良いでしょう。
加熱したものを与えても赤ちゃんの体調に変化がなければ、生で与えても良いですよ。

 

【②大量に与えない】
非常に柔らかく、離乳食用の食材としてはぴったりのアボカドですが、赤ちゃんには与えすぎないようにしましょう。
アボカドには「森のバター」と呼ばれるほど、脂肪分が非常に多い果物です。
そのため、アボカドを食べ過ぎてしまうと、赤ちゃんの未発達な消化器官に負担がかかることもあります。

 

与える量としては、1歳前後(離乳食後期・完了期)の赤ちゃんで1食あたり10~15gほどがベスト。

 

残ったアボカドはママが食べても良いですし、冷凍保存をしておくと良いですよ。

 

【③アボカドの食べごろの見分け方】
スーパーで売っているアボカドは、熟しておらず食べごろでないものもあります。
熟していないアボカドは、硬さがあったり、青臭さが残ったりしてアボカド本来のおいしさを楽しむことができません。
そのため、アボカドの食べごろをしっかりと見分ける必要があります。

 

アボカドは、熟してくるとだんだんと皮が黒っぽくなり、実が柔らかくなってきます。
スーパーで購入の際は、

 

・皮の色は黒みがかった深緑
・優しく押すと少し柔らかい

 

これらのアボカドを選ぶようにしましょう。

 

もし、買ってきたアボカドが思ったよりも熟していなさそうな場合は、室温で2~3日置いておくと追熟が可能です。
逆に言えば、食べるまでに時間がありそうな場合、まだ熟しきれていないアボカドを買ってくると良いですよ。

 

アボカドがしっかりと熟したら、冷蔵庫に入れて2~3日以内に調理をするようにしましょう。

【④アボカドの調理のポイント】
アボカドは皮をむくと、短時間で黒っぽく変色をしてしまいます。
そのため、調理をする直前に皮をむくようにしましょう。

 

離乳食で使用するのは少量のため、その後ママやパパが食べるまでに時間がある場合は、レモン汁をかけると変色を防ぐことができます。

 

【⑤アボカドは冷凍可能】
アボカドは冷凍保存が可能です。
皮をむいて種をとったアボカドに、変色防止のためにぴったりとラップをして、フリーザーパックなどに入れて冷凍させます。

 

冷凍をしたアボカドは、生で食べるには向いていないため、加熱をしてソースなどにすると良いですよ。

 

離乳食中期:アボカドポタージュ

【材料】
アボカド:5g
牛乳:30cc

 

【作り方】
1、アボカドを小さくカットする
2、牛乳とアボカドを鍋に入れて、アボカドを煮る
3、アボカドが柔らかくなってきたら火を止める
4、粗熱が取れたら、ブレンダーで混ぜて完成

 

アボカドのうまみをしっかりと感じられるポタージュです。
クリーミーなアボカドは、ポタージュにするとより一層濃厚さを感じられます。
大人用も合わせて作りたい場合は、後から塩を追加すると良いでしょう。

 

離乳食後期:アボカドバナナ

【材料】
アボカド:1/6個
バナナ:1/2個

 

【作り方】
1、アボカドをラップに包んで電子レンジで30秒加熱する
2、1とバナナをスプーンの腹などでつぶして完成

 

赤ちゃんの大好きなバナナとアボカドは、意外にもよく合います。
どちらももともと柔らかく、離乳食後期でもあることからペーストになるまでつぶさなくてもOKです。
余ったアボカドとバナナは牛乳を加えてミキサーにかけて、ママがスムージーとして飲んでもおいしいですよ。

 

離乳食完了期:アボカドと豆腐の和風あえ

【材料】
アボカド:大さじ2
豆腐:大さじ2
醤油:5~6滴
鰹節:適量

 

【作り方】
1、アボカドと豆腐を小さく刻む
2、1を電子レンジで30秒加熱する
3、2に醤油と鰹節をかけて、あえたら完成

 

アボカドは、南国の果物ではあるものの、醤油などの和風の味付けとも相性が良いです。
鰹節の香りが食欲をそそる、栄養満点の副菜です。
醤油の量を調節すれば、大人もおいしく食べることができます。

 

まとめ

アボカドは、多種多様なビタミンが豊富に含まれていることから美肌効果もあり、赤ちゃんだけでなくママも積極的に食べたい果物です。
今まで食べる習慣がなかったママも、これを機にぜひ1度食べてみても良いかもしれませんね。

 

アボカドは1年中スーパーで手に入りやすい食材です。
日ごろの離乳食にマンネリを感じた時に、取り入れてみても良いでしょう。

この記事を書いたライター

小橋 まな
小橋 まな

2歳の娘を育児中のママライター。出産前は子供がとても苦手だったのに、今では娘を溺愛しすぎてたまに我に返ることもあるほどです。育児休暇後職場復帰の予定が、実父の体調不良をきっかけに退職し在宅ライターの道へ。心配性で神経質になってしまった0歳児育児の過去の自分を振り返り、ママたちが安心して育児ができるような記事をお届けしたいと思います。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php