https://babys-care.net/life/

キウイで離乳食を作る時のポイント

離乳食のキウイはいつから食べられる?

一年中手に入りやすく栄養価も豊富で、美容のために取り入れている方も多いキウイ。

ちょっと甘酸っぱくて、ヨーグルトに合わせるととても美味しいですよね。

そんな栄養たっぷりなキウイを、赤ちゃんにもぜひ食べさせたいですね。

 

赤ちゃんにキウイを食べさせるなら、離乳食後期からがおすすめです。

今回はキウイで離乳食を作る時のポイントと、離乳食期別のレシピをご紹介いたします。

 

キウイで離乳食を作る時のポイント

【ポイント①食物アレルギーに注意】

キウイは食物アレルギーを発症しやすい危険性があります。

キウイ以外の食材でも同様ですが、初めて食べさせる場合には食物アレルギーに注意しましょう。

アレルゲンのもととなるのがアクチニジンという栄養素で、唇や口周り、口の中にかゆみなどの症状が現れます。

アクチニジンは熱に弱いことで知られているため、最初に食べる時は加熱すると良いでしょう。

 

ただしアレルギーで心配な方は、キウイは離乳食期で無理に与えなくても良い食材ですので、1歳以降で食べ始めても大丈夫です。

 

【ポイント②種も食べられる?】

キウイは真ん中の部分が白く、周りに黒い種があるのが特徴ですよね。

大人ならそのまま一緒に食べられますが、赤ちゃんの場合には注意が必要です。

真ん中の白い部分は周りに比べて少し固いのと、種の部分は消化が悪いため、最初は取り除くようにしましょう。

 

【ポイント③保存方法】

最初は少量しか与えられないので、ほとんどの部分は残ってしまいますよね。

保存方法としては、冷蔵保存と冷凍保存の方法が可能です。

ただし冷蔵保存の場合は当日中に食べきり、冷凍保存の場合は1週間以内に食べきって、食べる際は自然解凍ではなくレンジで加熱してから食べるようにしましょう。

 

【ポイント④キウイの選び方】

キウイの種類によっては、かなり酸っぱいものもありますよね。

緑色よりも黄色に近いキウイの方が酸味が少ないので、赤ちゃんの離乳食にはおすすめです。

アレルギーの原因になるアクチニジンが含まれる量も緑のキウイより黄色いキウイの方が少ないです。

また、キウイの産毛が生え揃っている、皮の色が黒ずんでいなくて薄いというのが美味しいキウイの特徴です。

離乳食用のキウイを探す場合には、是非参考にしてみてくださいね。

 

【ポイント⑤食べさせる量】

離乳食後期から食べ始めるとして、野菜と果物の一食分の目安量は20〜30gです。

キウイだけではなく他の食材と組み合わせる場合には、目安量を参考にして調整しましょう。

また、初めて食べさせる場合には1さじだけにして、様子を見るようにしましょう。

 

【離乳食期別】キウイを使ったレシピ

それでは、離乳食期別におすすめのレシピをご紹介いたします。

 

【離乳食後期】

食べ始めるなら離乳食後期から。

食物アレルギーの危険性があるので、最初は必ず加熱して食べさせるようにしましょう。

 

#1: キウイジュース

材料:キウイ 15g

<作り方>

①キウイの皮をむき真ん中の白い部分と種を取り除き、裏ごしする

②電子レンジで20〜30秒加熱する

③冷めたら完成

 

#2: ヨーグルトサラダ

材料:キウイ 10g、トマト 10g、とうもろこし 10g、プレーンヨーグルト 20g

<作り方>

①キウイの真ん中の部分と種を取り除き加熱する

②キウイを粗いみじん切りにする

③トマトの皮を湯むきしてみじん切りにする

④とうもろこしを粒に分けみじん切りにする

⑤全てヨーグルトと混ぜ合わせる

 

#3: たらのキウイソース

材料:キウイ、たら

<作り方>

①耐熱皿にたらと水を小さじ1を入れ電子レンジで30秒ほど加熱する

②加熱したたらをほぐす

③キウイの皮と種を取り除く

④キウイを細かく刻み電子レンジで20秒ほど加熱する

⑤たらにキウイをかけたら完成

 

【離乳食完了期】

少し慣れてきたら、種が少し残っている状態でも大丈夫です。

ママの健康のためにも、とりわけてメニューを作るのも良いですね。

 

#1: キウイジャム

材料:キウイ 1個、砂糖 小さじ1、水 100ml

<作り方>

①キウイは皮をむき1〜2cm程度に刻む

②鍋に入れて砂糖を入れよく混ぜ合わせる

③鍋に水を入れ水分がなくなるまで煮詰める

④ジャムができたら少量を食パンなどにつけて食べる

 

#2: キウイ蒸しパン

材料:キウイ 1/4個、ホットケーキミックス 大さじ2、牛乳 大さじ2

<作り方>

①キウイの皮をむき赤ちゃんの一口サイズに切る

②耐熱容器に全て入れて混ぜる

③電子レンジで2分程度加熱する

④取り出して冷ます

⑤つかみ食べできるサイズにちぎったら完成

 

#3: キウイグラタン

材料:キウイ 10〜15g、食パン 1/4枚、牛乳 大さじ 1〜2、チーズ 3g

<作り方>

①食パンのみみを取り除き5mm角に切る

②キウイの皮をむき5mm角に切る

③器に食パン、牛乳、キウイ、チーズの順に入れる

④トースターに入れ5分焼く

 

まとめ

栄養が豊富で美味しいキウイ。

赤ちゃんにもぜひ食べさせたいという場合には、食物アレルギーにも注意して試してみましょう。

そのままでも美味しいですが、他の食材と混ぜてメニューを増やしてみても良いですね。

 

離乳食期に無理やり食べさせなくても良い食材ですが、味を気に入ってくれる場合もあります。

是非レシピを参考にして、とりわけメニューにも活用して一緒に楽しんでくださいね。

この記事を書いたライター

おがわ みなみ
おがわ みなみ

関西在住で一児の母です。 子育てをしながら仕事も両立したいと思い、在宅ライターを始めました。 日々、子供と楽しく暮らせるよう工夫することが大好きです。 新米ママやプレママさんのお役に立てるような記事をお届けします。よろしくお願いします。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php