https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

赤ちゃんが離乳食を嫌がるときの進め方

赤ちゃんが離乳食を嫌がる時の進め方

赤ちゃんが離乳食を嫌がる!進め方は?

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない!
せっかく作った離乳食を、赤ちゃんが嫌がって食べてくれず、途方に暮れてしまうママは少なくありません。
昨日までは勢い良く食べていたのに、今日になって食べてくれなくなった、という場合もあるようです。

 

なんで食べてくれないのか、原因が分からないと進め方や対処方法を考えるのも大変ですよね。
赤ちゃんが離乳食を嫌がったり食べてくれなくなる原因は、離乳食期によって少し違いがあります。

 

あまりに食べてくれないと、栄養面でも心配になりますよね。
ほとんどの赤ちゃんが通る道なのでそこまで心配は不要ですが、できるだけちゃんと食べて欲しいのが親の本音。
そこで今回は、離乳食期別に原因と嫌がる際の進め方をご紹介いたします。

 

離乳食初期の原因と進め方

それではまず、離乳食初期に嫌がる場合の原因と進め方をみていきましょう。
離乳食初期とは、生後5〜6ヶ月頃のこと。まだ離乳食を始めたばかりで、分からないことや不安も多く、とまどってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

【離乳食を嫌がる原因】
この時期はまだ離乳食を始めたばかり。今までミルクや母乳の味しか知らなかったので、新しい未知の味に赤ちゃんはびっくりしているかもしれません。
初めての味でも「おいしい」と感じる場合もあれば、匂いや食感が嫌、スプーンの舌触りが変な感じがする、ということが原因で嫌がる場合もあるようです。

 

他には、まだ授乳中のため、離乳食のタイミングが日によってバラバラになってしまうことも。食べる前にお腹が空いていないと、食べること自体が嫌と感じてしまいます。

 

【嫌がる時の進め方】
この頃は栄養のほとんどは母乳やミルクのため、離乳食の量をそこまで食べなくても心配不要な場合が多いでしょう。
午前中に離乳食をあげるのが理想ですが、お腹が空きすぎても食べることを嫌がる場合もあるようです。
離乳食前の授乳やミルクの量を調整し、赤ちゃんが嫌がるなら時間を少しずらしても大丈夫です。

 

離乳食中期の原因と進め方

離乳食中期は生後7〜8ヶ月頃のこと。おかゆにはすっかり慣れている時期ではないでしょうか。
でもまだまだ量も少なく、毎日きっちり同じ時間で食べさせるのは難しい場合も。

 

【離乳食を嫌がる原因】
離乳食初期と全く同じ離乳食ではなく、一歩進めたい時期でもありますよね。
そのため、今まで慣れていた形状・大きさ・舌触りと少し違う、と赤ちゃんは感じることも。
そのままスムーズに進むこともあれば、今までと違うことに怒る場合もあるでしょう。

 

他には、遊びや周囲に色々と興味が出てくる月齢でもありますので、食事よりも遊びたい!と思ってしまう赤ちゃんも多いようです。

 

【嫌がる時の進め方】
野菜など繊維のものを食べさせる時は、片栗粉などでとろみをつけて飲み込みやすくすると食べやすいでしょう。
形状に不満がありそうな場合は、初期の頃のような裏ごしに一旦戻してみるのも手ですよ。

 

この時期もまだ授乳やミルクで栄養を補うので、そこまで量が少なくても大丈夫です。
遊び始めてなかなか食べてくれないという場合は、きっとまだお腹が空いていない、という意思表示かもしれません。
しっかり遊んでお腹を空かしてから、再度チャレンジしてみても良いでしょう。

 

離乳食後期・完了期の原因と進め方

離乳食後期は9ヶ月〜、完了期は1歳ごろから。
離乳食にも慣れてきて、大人と同じように3回食に進んでいる赤ちゃんも多いのではないでしょうか。

 

【離乳食を嫌がる原因】
今までよりも食べるものが増えて、献立に悩む方も多いかもしれません。
おかゆだけ食べたい、野菜は食べたくない、など好みも少しずつ出てくる月齢でもあります。

 

「自分で食べたい!」という欲求や「今は食べたくない」など、自分の意思表示をしっかりする赤ちゃんもいます。
これも成長の証なので嬉しいことではありますが、スムーズに食べてくれないとちょっと困ってしまいますよね。

 

【嫌がる時の進め方】
赤ちゃんの欲求にはできるだけ答えてあげるようにして、無理やり食べさせるのは控えた方が良いでしょう。
大人と同じ3回食ということで、家族みんな一緒に食べて、食事の量よりも「食事は楽しい」ということを教えてあげることで、何かをきっかけにいっぱい食べてくれるようになる場合も。

 

もしかしたら、同じ献立ばかりで飽きてしまっている、という原因もあるかもしれません。
嫌がって食べない時は、これなら食べてくれるというお決まりの食材を出して、気を紛らわしてみるのも良いでしょう。

 

まとめ

赤ちゃんの離乳食はなかなかスムーズに進まないことが多いかもしれません。
食べてくれないと、作るモチベーションも落ちて辛い時もありますよね。

 

赤ちゃんが食べてくれない原因を知っておくと、「もしかしたら、お腹が空いていないからかな?」とある程度推測することもできます。
気まぐれな赤ちゃん。必ずしもその通りの原因、ではないかもしれません。

 

1番大切なのは、「食事の時間が楽しい」ということ。
無理やり食べさせるのではなく、ある程度でも大丈夫、という気持ちの余裕を持っておけるといいですね。市販の離乳食を用いたり、他人の手を借りるなどしてみましょう。

この記事を書いたライター

おがわ みなみ
おがわ みなみ

関西在住で一児の母です。 子育てをしながら仕事も両立したいと思い、在宅ライターを始めました。 日々、子供と楽しく暮らせるよう工夫することが大好きです。 新米ママやプレママさんのお役に立てるような記事をお届けします。よろしくお願いします。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php