https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

赤ちゃんの成長と共にかかる養育費

養育費とは

【養育費の内訳】

赤ちゃんは成長と共に、どのようなお金が必要になるかご存知ですか。子育てにかかる費用として「教育費」「養育費」の2つに分けて考えることができます。教育費は幼稚園や学校にかかる費用や習い事に学習塾など、いわゆる教育にかかる費用のことです。では、養育費はどのような内訳になるのでしょうか。

 

<養育費>

・食費

・衣服費

・レジャー費

・子供のお小遣い  など

 

養育費は普段の生活でかかる費用や遊びにレジャーなど、教育以外の費用のことです。どちらも子育てには必要な費用なので、家計を管理する際に分けて考えることが必要です。

 

【6歳までの養育費】

赤ちゃんが生まれてから小学校に入るまでに、どれくらいの養育費がかかるのかご紹介します。

・0歳…約92万円

・1歳…約86万円

・2歳…約91万円

・3歳…約99万円

・4歳…約112万円

・5歳…約106万円

・6歳…約110万円

 

出典:内閣府「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査」(https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/research/cyousa21/net_hiyo/mokuji_pdf.html)

 

養育費は普段の生活がベースとなっているため年齢に応じてそこまで差はありませんが、約100万円ほどかかることを頭に入れておきましょう。

 

養育費の内訳と金額

生まれたばかりの赤ちゃんでも、おむつに着替えなど毎日必要なものがたくさんあります。1歳までの赤ちゃんの場合だと、平均的な内訳と金額は以下のようになります。

 

<0歳児にかかる養育費(年間)>

・衣類…約9万円

・生活用品…約22万円

・食費…約11万円

・医療費…約1万円

・お祝い行事関係費…約16万円

・レジャー、旅行費…約5万円

・預貯金、保険…約22万円  など

 

このように赤ちゃんにかかるお金は、年間で総額約92万円になり、月ごとに約7,6万円かかることになります。

 

出典:内閣府「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査」(https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/research/cyousa21/net_hiyo/mokuji_pdf.html)

 

赤ちゃんの場合は他の年齢と比べると食費は少ないですが、衣類やお祝いなど、行事関係費にお金がかかるとされています。このように、養育費といっても内訳の種類によって金額に差があるので、ひとくくりにせず分けて管理すると日々の家計を把握しやすいでしょう。

 

赤ちゃんの養育費の節約術

1歳までの養育費でも約100万円ほどかかることが分かりましたが、上手に節約をして無理のない生活を送りましょう。

 

【出産・子育て中に受けられる支援を利用する】

子育て世帯をサポートするために、国や市町村などの自治体から助成金や補助金を受けることができます。お住まいの地域によって支援制度が異なるので、各自治体に確認しておくことが必要です。

 

※詳しくはこちらのページをご覧ください。 http://www.babys-care.net/gyousei/index.php

 

【衣類や生活用品の節約】

赤ちゃんの衣類はすぐサイズアウトしてしまうため、買いすぎに注意が必要です。先輩ママが近くにいる場合は衣類を譲り受けたり、近所のバザーなど安く買うことができる機会を見逃さないようにしましょう。また、毎日必要なおむつはまとめて大量に買って費用を抑えましょう。

 

【赤ちゃん用品のレンタルを利用】

ベビーベッドやベビーバスなど、赤ちゃんの期間だけしか使わない物はたくさんあります。また、買っても実際には使わない場合もあります。赤ちゃん用品のレンタルを上手に利用して節約を心がけましょう。

 

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php