https://babys-care.net/life/

私立校に通った場合にかかる教育費

私立校に通わせたいけど教育費が心配!

子どもの将来を考えると、教育費はしっかり用意しておきたいですよね。

特に、幼稚園~大学まで私立に進学させたいと考えている方は、どの学年でどのくらいの金額が必要になるのか把握しておきたいのではないでしょうか。

 

私立校に進学することで、勉強する機会を与えてあげることができ、進路の幅を広げてあげられるというメリットがあります。

一方、親にかかる金銭的負担は、莫大な額になってしまうことが懸念されます。

もし、幼稚園~大学までを私立校に進学した場合、いったいいくらの金額が必要になるか、しっかり押さえておきましょう。

 

幼稚園~大学まで私立に通った場合の教育費

教育費とは、子どもの教育のために必要になる費用のことを指します。

具体的には、

 

・学費

・給食費

・教科書などの教材費

・制服や指定衣服

・習い事

・部活動などに発生する費用

 

などが挙げられます。

 

地域性や進学する学校や学部によっても異なってきますが、一般的には幼稚園から大学まですべて公立校に進学した場合の教育費は、総額で1,000万円ほどかかるといわれています。

一方で、すべて私立校に進学した場合ですと、2,500万円、医歯系学部など、進学先によってはそれ以上の金額が必要になるといわれています。

 

教育が充実した環境で学べることは、子どもにとっては大いに大切なことですが、公立と私立に進学した場合では、かかる費用は2倍以上の差があることがわかりますね。

(なお、子育てにかかる費用としては別途養育費というものもあり、食費や医療費、レジャー費、保険料などといった費用も発生します。)

 

では次の章から、文部化科学省が提示した資料を基に、具体的にかかる教育費を学年別に押さえていきましょう。

 

私立幼稚園に通った場合の教育費

私立幼稚園に通った場合、1年間の教育費は527,916円ほどかかります。※1

3年間ではおよそ150万円ほどかかることになります。

私立幼稚園で一番多くお金がかかるのは、幼稚園に支払う学習費が多いと考えられます。

ただし、私立幼稚園に入園すると保育料無料化制度が利用できるため、費用を抑えられる可能性もあります。

 

【保育料無料化とは】

満3歳~5歳までの子どもを対象に、保育料が無償になる制度で、私立幼稚園も対象に含まれます。

ただし、幼稚園の保育料無償化には上限があり、月額25,700円までとなっています。

幼稚園の預かり保育の料金も、最大月額13,000円までが無償化の対象となります。

それ以外にかかる費用は無償化の対象外となり、料金が発生します。

 

私立小学校に通った場合の教育費

私立小学校に通った場合、1年間の教育費は1,598,691円ほどかかります。※1

6年間では、およそ960万円ほどかかることになります。

幼稚園からすべて私立校に通った場合は約2,500万円かかるといわれているため、その半数近くが小学校の6年間にかかっていることが伺えます。

学校教育費にも多くの費用が掛かりますが、小学校のうちは、学校外教育費(クラブ活動やお稽古、塾など)にも費用かかる傾向にあるため、教育費が必要になるのです。

 

私立中学校に通った場合の教育費

私立中学校に通った場合、1年間の教育費は1,406,433円ほどかかります。※1

3年間では、およそ420万円ほどかかることになります。

 

1年間の額でみると、小学校よりも多少費用が抑えられていることが分かりますね。

これは、勉学に専念し始める子もおり、学校外活動費は抑えられる傾向が見られるためです。一方で、学習塾にかかる費用が多くなる傾向があります。

また、学費等の学校教育費が多くかかるようになるのも、私立中学からになります。

 

私立高校に通った場合の教育費

私立高校に通った場合、1年間の教育費は969,911円ほどかかります。※1

3年間では、およそ290万円ほどかかることになります。

中学から見ると、大幅に費用が抑えられるようになるのが分かりますね。

これは、高等学校等就学支援金制度が施行されているためです。

 

【高等学校等就学支援金制度とは】

受給資格を持つ生徒に、国から支援金を出しており、授業料が実質無償化となる制度です。

ただし、保護者の所得制限があり、保護者の市町村税の課税標準額×6%-市町村民税の調整控除額が30万4,200円未満となる場合、受給することができます。

 

私立大学に通った場合の教育費

私立大学における、初年度学生納付金(授業料、入学費、施設使用費)は以下の通りとなっています。※2

 

文科系学部…1,166,922円

理科系学部…1,544,962円

医歯系学部…4,822,395円

その他学部…1,451,836円

 

次年度からの入学費を除き、4年間(医歯系学部は6年)でかかる費用はおよそ

 

文科系学部…240万円

理科系学部…320万円

医歯系学部…3180万円(6年間)

その他の学部…310万円

 

ほどかかることになります。

 

まとめ

幼稚園から大学まで、すべて私立校に通った場合の総額は、地域や進路によっても異なってはくるものの、多くの費用が必要になることが、分かるかと思います。

 

しかし、学費を用意するのも難しいですよね。

保険を使ったり、積み立て定期を活用したりしながら計画的に用意し、困らないように準備をしていきましょう。

 

※1厚生労働省「平成30年度子供の学習費調査の結果について」を元に作成

 

※2厚生労働省「平成30年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金 平均額(定員1人当たり)の調査結果について」を元に作成

この記事を書いたライター

斉藤亜依
斉藤亜依

4歳と2歳のやんちゃ娘を育児中の元保育士。現在は旦那の自営業を支えながらも、保育や子育ての経験を活かせる仕事がしたい!と強く思い、上の子の出産を期にライターの仕事をしています。 ワ―ママ×ワンオペ育児でキツイと感じることもありますが、同じように仕事や育児に奮闘するママに寄り添えるような記事をお届けしたいと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php