https://babys-care.net/life/

新生児とは-生後28日未満の赤ちゃんとの大切な生活習慣

新生児とはいつからいつまで?

新生児とは、生後28日未満の赤ちゃんのことです。

赤ちゃんの生後日数と週数は、生まれた日を生後0日とし、カウントします。

 

・生後0日~生後6日まで…生後0週

・生後7日~生後13日まで…生後1週

・生後14日~生後20日まで…生後2週

・生後21日~生後27日まで…生後3週

 

この期間が新生児期です。 生後28日以降は、乳児期と呼ばれます。

 

新生児の赤ちゃんの生活

新生児の赤ちゃんは、1日のうちのほとんどを寝て過ごします。

お腹が空いたら起き、母乳やミルクを飲んで、満足したら再度寝るという生活です。

 

【睡眠】

新生児期の赤ちゃんの平均睡眠時間は、1日あたり15時間〜20時間ほど。起きている時間の方が短く、昼夜の区別はついていません。

日中、夜中関係なく、2~3時間おきのリズムで起きて、母乳やミルクを欲しがります。

 

【授乳】

母乳メインに飲む赤ちゃん、赤ちゃん用のミルクをメインに飲む赤ちゃん、また両方を飲むなど、授乳スタイルは赤ちゃんやママの状態によって違います。

新生児は、まだ飲み方に慣れず、泣いてしまったり、飲み疲れてすぐ眠ってしまったりする赤ちゃんも。

 

新生児の赤ちゃんの成長

【体重】

新生児期は目安として1日30gずつ体重が増えます。増え方が少ない、また極端に多い場合は、授乳量を見直します。

ただし、体重の増え方には個人差があるので、ママだけの判断で授乳量を調節せず、出産した病院へ授乳について相談すると安心です。

また、それでも体重の増え方が少ない場合は、病気が隠されている可能性もあるので、出産した病院や小児科を受診しましょう。

 

【身長】

新生児期の間に身長は平均で約4㎝~5㎝伸びます。

1ヶ月健診等で測る機会があれば、伸びているか確認しましょう。

 

新生児期の気になる症状

【新生児黄疸】

生まれたばかりの赤ちゃんの皮膚や目の白目部分が、黄色みがかった症状を”新生児黄疸”と言います。

よく見られる症状で、そのほとんどが心配がいらないものです。

黄疸の種類にもよりますが、生後2~3日頃から現れ始め、1週間ほどで自然に消えていきます。 赤ちゃんとママが退院した後に、黄疸のような症状が気になった場合は、出産した病院もしくは小児科を受診しましょう。

 

【赤ちゃんの視力】

新生児期の赤ちゃんの視力は、0.01~0.02程度で、光と影がなんとなく分かる程度だと言われています。

色の区別もほんんどつかず、黒や白、グレーのみ認識できます。

ママやパパなど、近くに来る人を少しずつ認識できるようにはなりますが、目線が合わなかったり、きょろきょろとどこを見ているのか分からなかったりするのは、ほとんど見えていないためです。

 

【げっぷが出ない】

授乳時、まだ飲むのが上手でない赤ちゃんは、母乳などと一緒に空気を多く飲み込んでしまい、げっぷで空気を外に出してやらないと、吐き戻しの原因になります。

飲み込んだ空気が上がってきやすいように縦抱きをし、やさしく背中をさすりましょう。

全部飲み終わった後だと、赤ちゃんが寝てしまってげっぷを出せないこともありますので、左右のおっぱいを変えるタイミングや、赤ちゃんが一息ついた頃を見計らい、小まめにげっぷをさせるのがポイントです。

どうしても授乳後にげっぷが出なかったり、そのまま寝てしまった時には、少し頭を高くして寝かせると、吐き戻しが少なくなります。

 

【うんちが出ない】

新生児期の赤ちゃんのうんちの回数は個人差がありますが、うんちが出ないことで機嫌が悪く、授乳が十分にできない場合は便秘である可能性があります。

綿棒にオイルを付け肛門を刺激したり、お腹を「の」の字にマッサージするなどの解消法はありますが、心配な場合は小児科を受診しましょう。

 

【しゃっくりが止まらない】

激しく泣いたときや、授乳時に多くの空気を吸い込むことで、新生児期の赤ちゃんはしゃっくりが出やすいです。

なかなか止まらないと心配になることもありますが、ゲップを出すときと同じように背中をさすってあげたり、体を温めてあげたりすると止まることもあるので、試してみましょう。

 

新生児期の服の着せ方・洗濯方法

【新生児の服の種類】

新生児期は吐き戻しやおむつもれ、また汗をかくなどで着替えも多い時期です。

肌着も上着も前に紐やスナップボタンがついているタイプを選ぶと、寝かせたまま着替えさせやすいでしょう。

また、おむつ替えも多い時期のため、スカート型になるタイプの上着を選ぶと便利です。

新生児期は足をバタバタと動かすことはほとんどないので、はだけることも少ないでしょう。

 

【洗濯方法】

赤ちゃんの新しい服は、着せる前に一度水通しをしましょう。

服についたノリが取れ、柔らかく肌触りもよくなります。

 

新生児の服を洗濯する時には、大人の服とは分けて洗濯しましょう。

大人の服(特に新しい服)には、ホルムアルデヒドなどの化学物質が付着していることが多く、これが赤ちゃんの肌に触れると湿疹の原因となるからです。

洗剤も赤ちゃんの肌へ刺激が強いものがあるので、できる限り赤ちゃん用の洗濯洗剤を使って洗濯しましょう。

この記事を書いたライター

赤ちゃん成長ナビ
赤ちゃん成長ナビ

育児のポイントと成長度合いがわかるポータルメディア「赤ちゃん成長ナビ」。
生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。

生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

この記事もおすすめ

0ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

生後0ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

生後0ヶ月の赤ちゃんができること 生後0ヶ月というと、まだ生まれたばかり。 ...

新生児の冬服は何を用意する?

新生児に必要な冬服を覚えておこう 新生児期の赤ちゃんの服って、種類が多くて何を...

赤ちゃんのお七夜はどう祝う?

赤ちゃんのお七夜は生まれて最初の行事 赤ちゃんが生まれて初めてのお祝いは、お七...

赤ちゃんの体

意思・感情の表現 赤ちゃんは、よく泣きます。話しができない赤ちゃんは、意思や感...

【生後0ヶ月】おうちでの過ごし方

生後0ヶ月の赤ちゃんとおうちで過ごそう ママのお腹の中から生まれてきたばかりの...

新生児の赤ちゃんの幼児教育

五感への刺激 新生児のうちから教材を使って英才教育を!などど必要以上に張り切る...

補助金・助成金以外の支援制度

子育て中に受けられる支援 育児中の家庭には、補助金・助成金のほかにも様々な物や...

新生児黄疸は何故起こる?

新生児黄疸は何故起こる?

新生児黄疸って何? 新生児黄疸(おうだん)とは、赤ちゃんの皮膚や白目が黄色っぽ...

新生児なのに泣かないのは大丈夫?

新生児なのに泣かないのは大丈夫? 赤ちゃんは泣くのが当たり前、と思っている方が...

パパも必見!産後ケアの必要性

パパも必見!産後ケアの必要性

「産後ケア」はママにも家族にも大切! 産後ケアは、産後のママの体や心の回復を包...

生後0ヶ月の赤ちゃんの体重

生後0ヶ月の赤ちゃんの体重について 「赤ちゃん」と聞くと、まるまるとした肉付き...

新生児の心雑音の原因は?

新生児によくある心雑音とは 赤ちゃんが生まれた時、ママは人生で一番と言っていい...

新生児の赤ちゃんの原始反射とは

赤ちゃんの原始反射とは 赤ちゃんには、ママのお腹の中にいる時から発達していると...

赤ちゃんの黄疸の種類と治療

赤ちゃんの黄疸の種類と治療

赤ちゃんの黄疸はどんなもの? 産まれて間もない赤ちゃんによく見られる、新生児黄...

新生児の目の色は変わるの?

新生児の目の色 生まれたばかりの赤ちゃん。 初めて赤ちゃんと目が合った時、と...

新生児の赤ちゃんが毛深い理由とは?

新生児の赤ちゃんが毛深いのは普通のこと 生まれてきた赤ちゃんの体をよく見ると、...

ニューボーンフォトに使う小物は?

ニューボーンフォトの小物は何が必要? ニューボーンフォトとは、生まれたばかりの...

生後0ヶ月の赤ちゃんはこれを知っておこう!

新生児期の赤ちゃんの発達 生まれてすぐから生後28日未満の赤ちゃんのことを「新...

新生児を上手に寝かしつけるコツ

新生児を上手に寝かしつける方法

新生児の寝かしつけが難しい理由 生まれたばかりの新生児は、自分で上手に入眠する...

イメージ・願いによる名づけ

イメージ・願いによる名前の付け方 ここでは、イメージや願いをもとにした名前のつ...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php