赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > マタニティパンツ

おしゃれなマタニティパンツとは

おしゃれなマタニティパンツとは

■ マタニティのボトムスのパンツ

妊娠中は、赤ちゃんの成長につれてお腹もどんどん大きくなります。それと共に、着る服も変わってきます。

ワンピースやジャンパースカートなど、ゆったりした大きめのサイズやデザインなら、マタニティの服でなくても日々変わっていく体に合わせやすいもの。

しかしパンツは、お腹や腰回りのサイズが大きくなると入らなくなってしまいます。パンツスタイルが好きなプレママは、マタニティ時期もパンツスタイルを楽しみたいのではないでしょうか。

妊娠中でもパンツスタイルファッションを楽しみたいと思うプレママに、どんなマタニティパンツを選べばおしゃれに着こなせてファッションが楽しめるのか、美脚に見せるコツと共にご紹介します。

■ マタニティパンツとしての必須条件

マタニティ服は、お腹の胎児やプレママの体のことを最優先に考え、大きくなるお腹を締め付けることなくやさしく包み、ストレスなくリラックスできるような服でなければいけません。マタニティ時期でも着られるパンツは、次のようなものです。

  • 縦横自由に伸びるストレッチ素材でできている
  • ウエストがゴムや伸縮性がある生地で締め付けずにフィットする
  • ウエストにアジャスターゴム付きなどサイズ調節が可能
  • 妊娠中むくみやすい足を締めつけない幅や伸縮性がある

妊娠初期の段階での体の変化には、手持ちの大きめのサイズの服を着回せば、案外何とかなるものです。妊娠中期に入りお腹が大きくなると、1番サイズが変化するお腹周りに合わなくなり、持っていたボトムスはすぐに着られなくなってしまいます。

お腹サイズに合わせ何枚も購入し直せませんので、日々大きく変化していくお腹周りに合わせサイズアップできることも、妊娠時期に着るマタニティパンツの必須条件です。

■ 美脚効果があるマタニティパンツの条件

妊娠すると足がむくみやすくなるため、あまり足を締め付けるようなパンツは、マタニティパンツに向いていません。縦横にストレッチが十分効いていて、動きやすく締め付け感のないものを選びましょう。

プラス足長美脚に見せる効果があれば、言うことなしですね。足長美脚に見せるコツは、パンツの太さなどパンツの形と長さのバランスにあります。足を細く見せようとピタピタのパンツを履くと、逆効果で太く見えます。足の太さに対してピッタリし過ぎず、あまり短い丈にならない長さにすることが大事です。

履いた状態で、腿のところを指で軽くつまめるくらいの余裕がある太さにし、足の甲の上に横線が1~2つ入るくらい余裕のある長さにすると、美脚効果が望めますよ。

パンツのデザインは、ブーツカットかストレートがおすすめです。スキニーを選ぶ場合は、パツパツのジャストサイズではなく、少し余裕があるワンサイズ大きめにすることが美脚に見せるコツです。

■ マタニティパンツのおすすめスタイル

マタニティパンツはコスパまで考えると、妊娠中期から後期、産後の骨盤がまだ開いている時期まで着られるパンツが良いでしょう。それらを踏まえて、マタニティ時期におすすめのパンツスタイルは、次のようなものです。

【ストレッチジーンズ】

おしゃれなカジュアルスタイルの代表格であるジーンズは、妊娠中でもはきたいですよね。

ウエスト部分だけ、ジーンズ素材ではなく伸縮性が抜群の生地になっているものを選べば、妊娠中期から後期、産後までの時期をずっと通して着ることができます。足の部分も縦横にストレッチが効いた生地のジーンズなら、お腹やむくんだ足を締めつけずに、リラックスして過ごせるでしょう。

【レギンスパンツ】

長めのシャツブラウスや、短めワンピの下に履くだけで、オシャレに演出できて着回しが良いレギンスパンツは、妊娠時期のプレママのファッションの強い味方です。

お腹周りはもちろん、むくみやすい腿やふくらはぎを締めつけない伸縮性がある生地のレギンスパンツを選びます。洗濯で簡単に伸びるような素材を避けるようにすれば、出産後の体にもフィットして長く着ることができますよ。

【ジャケットに合うパンツ】

ワーママは、仕事上あまりカジュアルなパンツが履けないため、スーツのようにジャケットと合わせ、着回しに活躍するようなパンツが欲しいでしょう。伸縮性のある素材で、ウエストがゴムになっていて、ゴムのアジャスターがついているサイズアップしやすいものがおすすめです。

他のパンツスタイルと違って、ジャケットに合わせるようなシガレットパンツを美脚に見せるには、踝より上の短め丈にするのがコツです。

トップスに合わせ着回しできるおすすめカラーは、トップスが濃い色や暗めの色、白が多ければ、黒や紺がおすすめです。淡い色のトップスが多ければ、グレーやベージュのパンツが来合わせやすいでしょう。

■ まとめ

妊娠中期から後期、産後でも着られるようなパンツの選び方から、妊娠中でもおしゃれにファッショナブルに着こなし、プラス足長美脚に見せるコツまでご紹介しました。

妊娠時期の体調の変化や出産の不安で、精神的に落ち込むこともあるでしょう。そんな時に、ファッション好きなプレママは、妊娠して日々変わる体形を妊娠時期にしか味わえないファッションで、思いきり楽しんで気分転換してみてください。