0ヶ月の赤ちゃんはこれを知っておこう!

新生児期の赤ちゃんの発達

生まれてすぐから生後28日未満の赤ちゃんのことを「新生児」と呼びます。

 

赤ちゃんの体は、生後数日の間にさまざまな変化が起こります。 肌の色は、生まれてすぐはピンク色ですが3日目くらいから新生児黄疸が現れて黄色くなり、1週間ほどで黄色みがピークになり、その後2週間くらいで落ち着きます。

 

うんちは、最初は胎便とよばれる黒っぽい色をしていますが、3〜4日目くらいになると黄色や緑色になります。 そして、4〜5日目で「へその緒」が落ちます。

 

生後3〜5日の間に、一時的に体重が200〜300gくらい減少して心配するママもいますが、これは「生理的体重減少」と言い、どの赤ちゃんにもあることなので問題ありません。 1〜2週間ほどで体重は戻り、その後少しずつ体重が増えていれば大丈夫です。

 

視力は未発達なので、ぼんやりと見える程度ですが、耳はよく聞こえ、ママやパパの声を聞き分けるほど発達しています。

 

また、生まれたての赤ちゃんにはさまざまな原始反射が見られます。 この原始反射は、「生命維持」「危険回避」「中枢神経系の発達を促す1過程」という役割があり、初めての環境に適応し、成長していくために必要なものです。

 

主な原始反射は、

・唇に触れると突きだしてくる「口唇探索反射」

・口の中に入ったものに吸いつく「吸てつ反射」

・手のひらに触れるとぎゅっと握る「把握反射」

・大きな音や強い光、急に体が傾いたときなどに、ビクッとしてゆっくり万歳するように腕を広げ、しがみつくような格好になる「モロー反射」

 

などです。

これらは外からの刺激に対し、中枢神経系によって引き起こされる無意識の反射行動で、成長するにつれてなくなります。 反射によって異なりますが、だいたい生後3〜5ヶ月ころにはみられなくなるでしょう。

 

新生児期の赤ちゃんの生活

新生児期の赤ちゃんは、1日の7割を眠って過ごします。 母乳やミルクを飲み始めたばかりの赤ちゃんは、まだ飲み方が下手なので、飲むことに疲れてすぐ眠ってしまうでしょう。

 

母乳やミルクを飲んでは眠り、起きては飲むことを、2〜3時間おきに繰り返すのが新生児の1日の過ごし方です。 夜中でも2〜3時間おきに目を覚まし母乳やミルクを欲しがります。

 

新生児期は、授乳間隔にとらわれず、赤ちゃんが泣いて欲しがるときは、欲しいだけ母乳をあげましょう。 この時期母乳が足りないのではないかと心配するママもいますが、数多く吸わせるほど乳腺が開き、母乳の出がよくなります。

 

体重が増えているのか、今の授乳方法で良いのか、乳首が痛むなどの不安がある時は、助産師や産院に相談してみましょう。 おしっこが1日6〜8回程度、便が1日3〜8回程度出ていて、元気であれば問題ないことがほとんどです。

 

新生児期の赤ちゃんのお世話ポイント

新生児は、まだ昼夜の区別がつかないため、夜中でも目を覚ましておっぱいを欲しがります。 ママは、睡眠不足になり、イライラすることも増えていきます。 そんな時はパパや家族にも協力してもらって乗り切るようにしましょう。

 

また、赤ちゃんが無事生まれたら、忘れずに出産育児一時金や児童手当金など申請の手続きを済ませておくようにします。 児童手当金は、申請前の分はさかのぼってもらうことができませんので、できるだけ早めに申請します。 詳しくは、お住まいの市区町村役場児童課へ問い合わせましょう。

 

出産育児一時金の申請期限は、出生日から2年以内、児童手当金の申請は、申請した月の翌月より支給されます。

0ヶ月赤ちゃんの30日育児ダイアリー

0ヶ月ダイアリーとは?

0ヶ月ダイアリーとは?

目まぐるしい日々の中でも成長変化する赤ちゃんの様子や新米ママ・パパのよくある1ヶ月間をノンフィクション・ダイアリーでご紹介します。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php