新生児のおならが多いのはなぜ?

新生児のおならが多いのはなぜ?

生まれたばかりの赤ちゃんにも関わらず、思ったより大きいおならをすることや、何度もおならをすることに驚く方も多いのではないでしょうか。

そもそも赤ちゃんはなぜ、おならをするのでしょうか?

 

もし、おならをしているときに苦しそうにしていたり、頻繁にしていても上手に出せずお腹が張っているときは注意が必要です。

今回は新生児のおならが多い原因と対処法、上手に出す方法について解説していきます。

 

新生児のおならが多い原因

なぜ新生児でもおならをするのでしょうか。

主な原因についてみてきましょう。

 

【母乳やミルクの時に一緒に空気を取り込む】

新生児のおならが多いほとんどの原因が、母乳やミルクの時に一緒に空気を取り込むからです。

新生児はまだ上手に母乳やミルクを飲むことが難しいので、どうしても一緒にたくさんの空気を取り込んでしまいます。

 

空気を取り込むとお腹の中にそのまま空気が溜まり、それがおならとなって出てくるのです。

赤ちゃんの背中をトントンと軽く叩くとゲップが出ますが、出ない場合はおならとして空気で出て行くことも。

 

一般的にミルクよりも母乳の方がおならが出やすい傾向にあります。

その理由として、母乳が赤ちゃんの腸に届くとガスを発生させやすいため、と言われています。

このような場合は自然な現象なので、心配する必要はありません。

 

【お腹の中にガスが溜まっている】

赤ちゃんのおならが多く、お腹が張っているときはガスが溜まっている可能性も考えられます。

大人のおならと同じように、便秘になってしまいお腹にガスが溜まっているかもしれません。

お腹が張っていたりうんちの水分や回数が少なかったりする場合、便秘が原因でおならがたくさん出ている可能性を疑いましょう。

 

赤ちゃんは便秘が原因で夜泣きをする?

 

新生児のおならで気になる症状

新生児のおならが多いほとんどの原因は、母乳やミルクの際に一緒に空気を取り込むからです。

そのような場合は自然な現象なので心配する必要はありませんが、おなら以外に他の症状があれば対処を考えた方が良い場合もあります。

おならをたくさんしていて、以下のような気になる場合はどう対処したら良いのでしょうか。

 

【おならが臭い】

新生児の場合はおならやうんちがあまり臭いませんが、成長するにつれて臭うようになっていきます。

新生児でもおならがたくさん出て臭う場合は、ガスが溜まっているかもしれません。

ニオイは一時的なものと考えられるため、そのまま様子を見るようにしましょう。

心配な場合は医師に相談するのも良いでしょう。

 

 

【おならばかりで便秘気味】

おならはたくさん出ているのになかなかうんちは出ない、なんてこともあるかもしれません。

新生児の赤ちゃんが便秘になる原因としては、母乳やミルクの量が少なく水分不足になっている可能性が考えられます。

また、赤ちゃんなのでまだ腹圧が弱く、便意があるのに、おならだけ出て便が出ないことがあります。

こまめに母乳やミルクをあげるようにして、気になる際はお腹のマッサージや綿棒で刺激するなどを試してみましょう。

 

 

【苦しそう】

赤ちゃんがおならをする際に、苦しそうな表情やうなったり泣き出しそうになったりすることもあります。

原因としては、お腹に溜まったガスがおならとして出るときに腸が動くので、それに痛みを感じている場合があるからです。

お腹が張っているなと感じたら、お腹を優しくマッサージしてあげましょう。

また、便秘やお腹の張りが続く時は医師に相談するようにしましょう。

 

 

【驚いて起きる】

寝ていたのにおならをして驚いて起きてしまう赤ちゃんもいます。

寝ていても腸は動いているため、自然な現象なので心配は必要ありません。

苦しそうにしているようであれば、お腹を軽くマッサージしてあげましょう。

 

新生児に注意したいおなら以外の症状

これまでご紹介したおならで気になる症状であれば、ほとんど気にする必要はありません。

ただし、このような症状がある場合は病院を受診するようにしましょう。

 

【いつもより痛がって泣く】

おならが出るときにいつもより痛がって泣く場合は、便秘でお腹が痛い、臍ヘルニアや鼠径ヘルニアなどが疑われるケースもあります。

ヘルニアに関しては、自然治癒する場合もありますが、放っておくと症状が改善せず悪化する場合もあるので注意が必要です。

 

 

【顔色が悪い/嘔吐を繰り返す】

おならが原因で顔色が悪く嘔吐を繰り返す場合、腸重積という病気が隠れている可能性があります。

腸重積は腸の一部が別の部分にすべり込むという病気で、新生児から2歳までの幼児に発症しやすいと言われています。

おならがたくさん出て痛そうに泣く場合、顔色や嘔吐にも注意して様子を見ましょう。

 

まとめ

新生児のおならが多い理由としては、ほとんどが母乳やミルクと一緒に空気を吸い込むから。

成長とともに上手に飲めるようになるため心配する必要はありません。

 

おならがたくさん出て気になる場合は、お腹が張っているか、便秘気味になっているか様子を見ると良いでしょう。

その場合はゲップを上手にできるよう練習したり、お腹を「の」の字に優しくマッサージしたりして対処しましょう。

 

ただ、苦しそうにしていたり、顔色が悪かったり嘔吐があったりする場合は病気が隠れている可能性もあります。

そのような場合は病院を受診するようにしましょう。

この記事を書いたライター

おがわ みなみ
おがわ みなみ

関西在住で一児の母です。 子育てをしながら仕事も両立したいと思い、在宅ライターを始めました。 日々、子供と楽しく暮らせるよう工夫することが大好きです。 新米ママやプレママさんのお役に立てるような記事をお届けします。よろしくお願いします。

この記事もおすすめ

int(8)

新生児の夜泣きの原因と対策

新生児の夜泣きの原因と対策

新生児期の夜泣き 新生児は、眠って起きておっぱいを飲んで、また眠るというサイク...

生後0ヶ月の赤ちゃんへのプレゼント

0ヶ月の赤ちゃんへプレゼントを贈ろう 待ちに待ったわが子の誕生はとても喜ばしく...

【生後0~3ヶ月】寝相アートで月齢フォト撮影

寝相アートで月齢フォトを撮影しよう 生後0~3ヶ月頃のねんね時期の赤ちゃんは、...

【生後0ヶ月】赤ちゃんの写真を撮ろう

生後0ヶ月の成長を写真に収めておこう 赤ちゃんの姿や表情はとても愛らしく、思い...

新生児の心雑音の原因は?

新生児によくある心雑音とは 赤ちゃんが生まれた時、ママは人生で一番と言っていい...

乳幼児と楽しめる親子のふれあい遊び

親子で楽しむふれあい遊び 子どもが小さいと一緒に遊ぼうと思っても、どんなことを...

0ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

生後0ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

生後0ヶ月の赤ちゃんができること 生後0ヶ月というと、まだ生まれたばかり。 ...

【生後0ヶ月】赤ちゃんの夜泣き

生後0ヶ月の赤ちゃんの夜泣き 赤ちゃんが生まれて、まずママが悩まされるのが睡眠...

新生児の夜泣きに注意したい4つのこと

新生児の夜泣きに注意したい4つのこと

新生児特有の「夜泣き」とは? 赤ちゃんが生まれたら、今までと同じように好きな時...

低体重児の赤ちゃんとは?成長は?

低体重児の赤ちゃんとは?成長は?

低体重児の赤ちゃんとは 低体重児とは、2,500g未満の体重で生まれてきた赤ち...

「ことだま」にこだわる名づけ

ことだま(言霊)の力 ことだま(言霊)とは、言葉に宿っている不思議な力のことを...

【0ヶ月】ベビーバス選びのポイント

【0ヶ月】ベビーバス選びのポイント

新生児期にはベビーバスが必要 生まれたばかりの赤ちゃんは抵抗力が弱いため、大人...

赤ちゃんの名前占いについて

赤ちゃんの名前占い 赤ちゃんの名前を決める際に、多くのママやパパが気にするのが...

名前・命名披露について紹介

命名書とは 命名書とは、赤ちゃんの名前が決まったときに、名前を清書して飾るため...

【月齢別】新生児時期に必要なもの

月齢0~2ヶ月の時期に必要なものは? 赤ちゃんのお世話に必要なアイテムはたくさ...

新生児の抱っこのポイント

新生児の抱っこのポイント

新生児の抱っこの仕方 生まれたばかりの新生児は小さくて柔らかくて、首がすわって...

新生児の赤ちゃんに適したミルクの間隔

新生児に適したミルクの間隔とは 生後間もない赤ちゃん。初めての授乳に戸惑うママ...

【生後0ヶ月】おうちでの過ごし方

生後0ヶ月の赤ちゃんとおうちで過ごそう ママのお腹の中から生まれてきたばかりの...

新生児の頭を守る帽子の必要性と使い方

新生児の頭を守る帽子の必要性と使い方

帽子は新生児の頭を守ってくれる 赤ちゃんにも帽子が必要なの?と疑問に思う方もい...

赤ちゃんのうつ伏せ寝は睡眠中の事故を招く?

赤ちゃんのうつ伏せ寝は睡眠中の事故を招く?

赤ちゃんのうつ伏せ寝はなぜ危険? 赤ちゃんの成長とともに寝返りができるようにな...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php