新生児によくある湿疹とは?

新生児の肌の状態

生後2~3ヶ月頃までは、赤ちゃんの皮膚は思春期と同じような状態になっています。ママのホルモンが胎盤を通じて赤ちゃんにいき、皮膚から皮脂がたくさん分泌されるからです。そのままにしておくと皮脂に汚れがつき、毛穴をふさぎ、皮膚トラブルに発展します。

 

お湯だけでは、毛穴の奥の汚れは落とせませんが、ゴシゴシこすってしまうと赤ちゃんの繊細な肌が、傷んでしまいますので、石鹸やシャンプーを泡立てて、指の腹を使って泡で包み込むようにやさしく洗うようにしましょう。

 

この頃にできる湿疹は乳児湿疹と呼ばれ、新生児にきび、脂漏性湿疹、汗疹などがあります。

 

新生児にきび

生後2週間くらいから頬や額を中心に、毛穴部分に赤いポツポツとしたにきびができてしまうことがあります。思春期のニキビと同様で、かゆみや痛みはありません。あまり心配せずに、泡立てた石鹸や泡状ソープを用い、やさしく丁寧に洗顔して清潔にしてあげましょう。

 

生後3~4ヶ月くらいすればホルモンが減るため、にきびは自然にできなくなっていきます。ステロイド剤を塗るのは、かえって悪化する可能性があるのでおすすめできません。ひどい場合は、医師に相談して指示を仰ぎましょう。

 

脂漏性湿疹

生後数週~6ヶ月頃に、黄色くフケが重なり合い、ガサガサになったかさぶた状の湿疹が、頭や生え際、眉、頬などの皮膚にできることがあります。乳児脂漏性湿疹と呼ばれ、これもホルモンの影響でできるものです。清潔にしてあげるのが1番のケアです。

 

お風呂に入る前にオリーブオイルやベビーオイルでかさぶたを柔らかくしてから、しっかり石鹸を泡立て、泡で包むようにやさしく洗い流しましょう。 お風呂でやさしく石鹸で洗い流していれば自然に少しずつ取れ、2~3ヶ月で良くなることが多いです。

 

石鹸や泡状ソープを用いて洗わなかったり、洗い残しがあったりすると、かさぶたが厚くなったところに炎症や感染が起こることがあります。また、無理にはがすと皮膚を傷めてしまいます。

 

おうちでのケアを続けていても改善がない、ジュクジュクとして臭いがする、かゆみが出てきたりした場合は、病院を受診しましょう。

 

汗疹

汗疹(あせも)は、汗を出す汗腺が詰まり、皮膚の内側に汗が溜まって炎症を起こしたものです。

 

新生児は、新陳代謝が活発で汗を良くかきます。寝ていることが多いため、ベッドや布団に接している部分に汗が溜まり、汗疹ができやすくなります。

 

暑い季節でなくても、洋服を着せ過ぎたり、部屋を暖め過ぎて汗疹ができることも多いです。室温や服の着せ過ぎにも注意しましょう。

 

肌を清潔に保ち、汗をかいていたら、小まめにふきとる、シャワーで流す、着替えさせるなどしてあげると良いでしょう。

 

お家でケアしても良くならない、バイ菌などが入り炎症が起きている場合は、医師に相談しましょう。

 

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。