新生児によくある湿疹とは?



新生児の肌の状態

生後2~3ヶ月頃までは、赤ちゃんの皮膚は思春期と同じような状態になっています。ママのホルモンが胎盤を通じて赤ちゃんにいき、皮膚から皮脂がたくさん分泌されるからです。そのままにしておくと皮脂に汚れがつき、毛穴をふさぎ、皮膚トラブルに発展します。

 

お湯だけでは、毛穴の奥の汚れは落とせませんが、ゴシゴシこすってしまうと赤ちゃんの繊細な肌が、傷んでしまいますので、石鹸やシャンプーを泡立てて、指の腹を使って泡で包み込むようにやさしく洗うようにしましょう。

 

この頃にできる湿疹は乳児湿疹と呼ばれ、新生児にきび、脂漏性湿疹、汗疹などがあります。

 

新生児にきび

生後2週間くらいから頬や額を中心に、毛穴部分に赤いポツポツとしたにきびができてしまうことがあります。思春期のニキビと同様で、かゆみや痛みはありません。あまり心配せずに、泡立てた石鹸や泡状ソープを用い、やさしく丁寧に洗顔して清潔にしてあげましょう。

 

生後3~4ヶ月くらいすればホルモンが減るため、にきびは自然にできなくなっていきます。ステロイド剤を塗るのは、かえって悪化する可能性があるのでおすすめできません。ひどい場合は、医師に相談して指示を仰ぎましょう。

 

脂漏性湿疹

生後数週~6ヶ月頃に、黄色くフケが重なり合い、ガサガサになったかさぶた状の湿疹が、頭や生え際、眉、頬などの皮膚にできることがあります。乳児脂漏性湿疹と呼ばれ、これもホルモンの影響でできるものです。清潔にしてあげるのが1番のケアです。

 

お風呂に入る前にオリーブオイルやベビーオイルでかさぶたを柔らかくしてから、しっかり石鹸を泡立て、泡で包むようにやさしく洗い流しましょう。 お風呂でやさしく石鹸で洗い流していれば自然に少しずつ取れ、2~3ヶ月で良くなることが多いです。

 

石鹸や泡状ソープを用いて洗わなかったり、洗い残しがあったりすると、かさぶたが厚くなったところに炎症や感染が起こることがあります。また、無理にはがすと皮膚を傷めてしまいます。

 

おうちでのケアを続けていても改善がない、ジュクジュクとして臭いがする、かゆみが出てきたりした場合は、病院を受診しましょう。

 

汗疹

汗疹(あせも)は、汗を出す汗腺が詰まり、皮膚の内側に汗が溜まって炎症を起こしたものです。

 

新生児は、新陳代謝が活発で汗を良くかきます。寝ていることが多いため、ベッドや布団に接している部分に汗が溜まり、汗疹ができやすくなります。

 

暑い季節でなくても、洋服を着せ過ぎたり、部屋を暖め過ぎて汗疹ができることも多いです。室温や服の着せ過ぎにも注意しましょう。

 

肌を清潔に保ち、汗をかいていたら、小まめにふきとる、シャワーで流す、着替えさせるなどしてあげると良いでしょう。

 

お家でケアしても良くならない、バイ菌などが入り炎症が起きている場合は、医師に相談しましょう。

 

この記事を書いたライター

赤ちゃん成長ナビ
赤ちゃん成長ナビ

育児のポイントと成長度合いがわかるポータルメディア「赤ちゃん成長ナビ」。
生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。

生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

この記事もおすすめ

int(8)

新生児の沐浴にあると便利なアイテム

新生児の沐浴をもっと便利に 菌への抵抗力がまだ少ない新生児期の赤ちゃんは、沐浴...

イメージ・願いによる名づけ

イメージ・願いによる名前の付け方 ここでは、イメージや願いをもとにした名前のつ...

生まれたての赤ちゃんの特徴

生まれたての赤ちゃんの特徴

生まれたての赤ちゃんってどんな印象? 出産を終えて、ようやく赤ちゃんとの対面。...

新生児の赤ちゃんとのふれあい方

新生児の赤ちゃんとのふれあい 赤ちゃんとふれあうことが大切だとは分かっていても...

0ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

生後0ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

生後0ヶ月の赤ちゃんができること 生後0ヶ月というと、まだ生まれたばかり。 ...

新生児の目の発達

新生児の目の発達

新生児の目はどのくらい見えている? 新生児の赤ちゃんとたまに目があうような仕草...

赤ちゃんのおくるみの選び方と巻き方

赤ちゃんのおくるみってどんなもの? 赤ちゃんの出産準備品の中におくるみを準備す...

出産祝いを渡すタイミング

出産祝いを渡すタイミング 赤ちゃんが生まれるというおめでたい話を耳にするとうれ...

赤ちゃんのおしりの蒙古斑の原因は?

赤ちゃんのおしりの蒙古斑の正体は?

赤ちゃんのおしりの蒙古斑って何? 赤ちゃんのおしり、またはおしりから背中にかけ...

赤ちゃんのへその緒の保管方法

赤ちゃんのへその緒の保管方法

なぜ赤ちゃんのへその緒を保管するの? へその緒はママのお腹の中で、赤ちゃんに血...

赤ちゃんの黄疸の種類と治療

赤ちゃんの黄疸の種類と治療

赤ちゃんの黄疸はどんなもの? 産まれて間もない赤ちゃんによく見られる、新生児黄...

新生児の生活にかかるお金

家計の支出の増加に注意 家族が増えると、これから始まる新しい生活にドキドキワク...

新生児の抱っこで抱き癖が心配なときは

新生児の抱っこで抱き癖が心配なときは

新生児の「抱き癖」ってどんなもの? 「抱っこばかりしていると抱き癖がつく」と聞...

補助金・助成金以外の支援制度

子育て中に受けられる支援 育児中の家庭には、補助金・助成金のほかにも様々な物や...

【保存版】新生児の服の洗濯方法

新生児の服はどう洗濯する? 新生児の服は水通しが必要、大人とは別に洗う必要があ...

新生児時期に発生する赤ちゃんの事故

新生児期の赤ちゃんの身近に起こる事故 赤ちゃんのうちはちょっとした不注意で発生...

生後0ヶ月の赤ちゃんにおすすめの絵本

生後0ヶ月の赤ちゃんにおすすめの絵本

生後0ヶ月の赤ちゃんの絵本選びは? 生まれたばかりの赤ちゃん。 そんな赤ちゃ...

新生児服のサイズと選び方

新生児の服のサイズと選び方

新生児服のサイズの目安は? 産まれてくる赤ちゃんのことを考えながら洋服を選ぶの...

新生児の赤ちゃんに適したミルクの間隔

新生児に適したミルクの間隔とは 生後間もない赤ちゃん。初めての授乳に戸惑うママ...

新生児の赤ちゃんの原始反射とは

赤ちゃんの原始反射とは 赤ちゃんには、ママのお腹の中にいる時から発達していると...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php