新生児のおもちゃの選び4つのポイント



新生児の赤ちゃんのおもちゃ選び

生まれたばかりの赤ちゃんに与えるおもちゃ。

まだ寝ている時間も多いため、新生児期はおもちゃは必要ないのでは?と思われがちですが、赤ちゃんにとってはおもちゃに触れること・見ることそのものが1つ1つの成長を促してくれるため、とても大切なものなのです。

 

しかし、まだ自分から「これが欲しい」「これで遊びたい」という意思表示を示さない月齢なので、どんなおもちゃをあげて良いのか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、新生児のおもちゃ選びの4つのポイントをご紹介します。

 

①赤ちゃんが安心するものを選ぶ

新生児期の赤ちゃんのおもちゃ選びは、前述のとおり、赤ちゃん自身の好みで選ぶことができませんよね。 そのため、まずは赤ちゃんにとって安心感が得られるようなおもちゃを選んであげましょう。

 

「安心感が得られる」というのは具体的に以下のようなものです。

 

・色がはっきりとしている、鮮やかな色のおもちゃ

・音が出るおもちゃ

・肌に触れても刺激を感じない素材のおもちゃ

・触ってもケガをしないやわらかい素材のおもちゃ

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだよく目が見えません。

 

そのため、ぼんやりとした視力の中でも、見えやすいカラフルな色のおもちゃを選んであげると興味を示してくれるでしょう。 目はあまり見えませんが、耳はよく聞こえていますので、音の出るおもちゃもおすすめです。

 

また、肌が敏感な時期なので、やわらかい素材のおもちゃであれば安心して遊ばせてあげられます。 パイル地のカラカラと音が鳴るラトルや、カラフルな色のメリーを吊る下げておくと良いでしょう。

 

②安全なおもちゃを選ぶ

低月齢の赤ちゃんは、手に触れたものは何でも口に入れてしまいます。 そのため、誤って飲み込んでしまわないよう、小さなおもちゃは与えないようにしましょう。

また、誤飲だけでなくても、赤ちゃんが舐めたりしても健康に害のない素材でできたおもちゃを選ぶことも重要です。

 

・おもちゃ自体に使われている素材はどんなものか?有害ではないか?

・取れやすい小さな部品はないか?

 

なども注意して選ぶようにしましょう。

 

安全性を見極めるポイントは、「STマーク」の有無です。 STマークのついているおもちゃは、日本玩具協会の検査を受けておもちゃの安全基準を満たしているものです。

これらを参考に選ぶと安心して遊んでもらえると思います。

 

③育児の助けになるおもちゃを選ぶ

おもちゃは赤ちゃんを喜ばせるだけではありません。 おもちゃで赤ちゃんのご機嫌が良くなることで、ママやパパがよりスムーズに育児をすることができる、いわば「お助けアイテム」でもあるのです。

 

特に生まれたばかりの赤ちゃんの育児は、不安でいっぱいですよね。 夜なかなか寝てくれなかったり、なかなか泣き止んでくれなかったりして、ママも困り果ててしまうでしょう。

 

そんな時におもちゃを活用することができればとても便利です。 時には、寝かしつけにも役に立つおもちゃもあるので、種類を把握しておきましょう。

 

【レジ袋の音が出るおもちゃ】

赤ちゃんは、レジ袋をカシャカシャこする音が大好き。 ぐずっていてもこの音を聞くと泣き止む子も多いものです。 このような性質を利用して作られたおもちゃもたくさんあります。

本物のレジ袋だと、誤って頭がすっぽり入ってしまい、窒息する恐れがあるので、このようなおもちゃを活用してあやしてあげるといいと思います。

 

【ベッドメリー】

ベビーベッドなどに取り付けるメリーは、赤ちゃんのおもちゃの定番ですよね。 ゆっくりと回転するメリーを見ていると、気がそれるので、徐々に赤ちゃんの気持ちも落ち着いてくるでしょう。

やさしくゆっくりとしたオルゴールの音を奏でてくれるものも多いので、寝かしつけにも最適ですよ。

 

【胎内音が聞こえるおもちゃ】

生まれたばかりの赤ちゃんは、ママのお腹の中にいたころの環境を作ってあげることで落ち着きやすくなると言われています。 ママのお腹の中で聞いていた「胎内音」が流れると、自然と安心感が得られ、泣き止みやすくなるのだそうです。

ぬいぐるみなどに内蔵されているおもちゃが多いので、お気に入りのものを選んであげてください。

 

④長く使えるおもちゃを選ぶ

赤ちゃんの成長はあっという間です。 すぐに飽きて使わなくなってしまわないように、なるべく長く使えるおもちゃを選んであげましょう。

 

例えば、ベビージムのようなものであれば、ねんね期からおすわりができるようになってからも形を変えて長く遊ぶことができます。

ほかにもボールなどのシンプルなおもちゃも、ねんね期からあんよができるようになった頃まで遊べますよね。 転がすと音が鳴るボールであれば、新生児期でも興味を示してくれますよ!

 

まとめ

赤ちゃんのおもちゃの中でも新生児のおもちゃは、これからの成長の助けになる要素がたくさん入っています。

ファーストトイはママとパパにとっても記念に残るおもちゃとなるので、「買って良かったな」と思えるものをしっかりと選んで下さいね。

 

今回ご紹介したポイントを参考に、わが子にぴったりのおもちゃをプレゼントしてあげましょう。

この記事を書いたライター

みはる
みはる

料理が好きでブログも運営しているマルチライター。プレママやこれから妊娠を予定している方に役立つ知識を、分かりやすくお届けします!

この記事もおすすめ

int(8)

人気の名前ランキング(最新版)

人気の読み方ベスト10 可愛いわが子にどんな素敵な名前をつけようかと考えること...

新生児のしゃっくりの原因は?

新生児のしゃっくりの原因は?

新生児はなぜよくしゃっくりをするの? 赤ちゃんのしゃっくりはとても愛らしいもの...

新生児のミトンの選び方と使い方

新生児にミトンは必要?不要? 新生児の赤ちゃんの小さな手にはめたミトンは、ほの...

0ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

生後0ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

生後0ヶ月の赤ちゃんができること 生後0ヶ月というと、まだ生まれたばかり。 ...

新生児の目の病気

新生児の目の病気

新生児の目の病気ってどんなもの? 生まれて間もない新生児でも、目の病気にかかる...

新生児の赤ちゃんの体の成長

身長・体重 産まれたばかりの赤ちゃんは、パパやママの想像以上に、身長・体重の個...

【産後0ヶ月】ママによくある悩み

産後0ヶ月のママの悩みは? 出産を終え、赤ちゃんに会えたという喜びもつかの間、...

新生児ニキビの原因とケアの方法

新生児期に表れるニキビ 生まれたばかりの赤ちゃんの肌はツルツルできれいなイメー...

新生児生理的体重減少の原因とは?

新生児生理的体重減少の原因とは?

新生児の生理的体重減少とは? 正常に生まれた新生児の平均体重は、およそ3kgほ...

赤ちゃんの名づけ・命名

赤ちゃんの名付けとは 赤ちゃんを授かったら、最初に悩み、考えることと言ったら名...

新生児服のサイズと選び方

新生児の服のサイズと選び方

新生児服のサイズの目安は? 産まれてくる赤ちゃんのことを考えながら洋服を選ぶの...

新生児黄疸は何故起こる?

新生児黄疸は何故起こる?

新生児黄疸って何? 新生児黄疸(おうだん)とは、赤ちゃんの皮膚や白目が黄色っぽ...

新生児のプレゼントにママの手作りを

新生児のプレゼントを手作りしよう! 新生児へのプレゼントというと、出産祝いなど...

新生児から使える抱っこ紐はどう選ぶ

新生児から使える抱っこ紐はどう選ぶ?

抱っこ紐は新生児期もマストアイテム 赤ちゃんとのお出かけに欠かせないアイテムと...

赤ちゃんの体

意思・感情の表現 赤ちゃんは、よく泣きます。話しができない赤ちゃんは、意思や感...

【生後0~3ヶ月】寝相アートで月齢フォト撮影

寝相アートで月齢フォトを撮影しよう 生後0~3ヶ月頃のねんね時期の赤ちゃんは、...

名づけについてのQ&A

Q.名前に使用可能な文字は? A.戸籍法50条1項により、人の名前に使える文字...

新生児のチャイルドシートの選び方

新生児のチャイルドシートの選び方

新生児にチャイルドシートを選ぶには チャイルドシート選びは慎重になりますよね。...

新生児の赤ちゃんの生活

授乳量と授乳の回数 新生児期は、胃が小さく、授乳のリズムも整っていません。お母...

新生児によくある湿疹とは?

新生児の肌の状態 生後2~3ヶ月頃までは、赤ちゃんの皮膚は思春期と同じような状...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php