新生児のしゃっくりの原因は?

新生児のしゃっくりの原因は?


新生児はなぜよくしゃっくりをするの?

赤ちゃんのしゃっくりはとても愛らしいものですよね。
新生児期によくしゃっくりをすることを心配する必要はありませんが、大人のしゃっくりと違って新生児のしゃっくりは細かく繰り返すので苦しそうに見え、しゃっくりのせいで飲んだミルクを吐いたりするのでママは不安になることがあります。

 

新生児はなぜ頻繁にしゃっくりをするのでしょうか。しゃっくりが起きる原因は、新生児も大人も基本的には変わらず、横隔膜が痙攣するからです。新生児は体の機能が未発達のため、大人より横隔膜の痙攣が起こりやすいのですね。

 

ミルクや母乳を飲むときに空気を一緒に飲み込んだり、おむつが濡れて下半身が冷えることで力が入ることなども赤ちゃんのしゃっくりの原因になる場合があります。

 

新生児のしゃっくりのおすすめの止め方

赤ちゃんのしゃっくりは止めた方が良いのでしょうか?
新生児のしゃっくりは大人と同様に、ある程度時間が経つと自然に止まります。そんなに心配することはありませんが、赤ちゃんがずっとしゃっくりをしているのは苦しそうなので、ママとしては何とかしてあげたいですよね。

 

新生児のしゃっくりを止めてあげたい場合、おすすめの方法が4つあります。

 

【ミルク・母乳を飲ませしゃっくりを止める】
大人でもお水を飲んだりしてしゃっくりを止めようとするでしょう。新生児の場合、お水をゴクゴク飲むわけにはいきませんのでミルクや母乳を飲ませてあげましょう。
少しずつミルクや母乳を飲みこむことで、しゃっくりが止まることがあります。

 

【ゲップをさせてしゃっくりを止める】
ミルクや母乳を飲むときに、一緒に空気を飲み込むことで起こるしゃっくりには、ゲップをさせてみてください。飲み込んだ空気がきちんと出ることでしゃっくりが止まることがあります。
縦に抱っこをして、やさしく背中をたたいてゲップさせてみましょう。

 

母乳を飲ませるときにおっぱいを深くくわえさせる、もしくは空気が入りにくい哺乳瓶を使ってミルクを飲ませることは、しゃっくりの予防になりますので試してみてください。

 

【早めのおむつ交換でしゃっくりを止める】
おしっこやうんちをしておむつが濡れることで下半身冷え、冷えを感じた赤ちゃんが力んでしゃっくりが起こる場合があります。こんな時は、おむつを替えて体を冷えから守ることで、しゃっくりを止められることもあります。
また、温かいタオルをみぞおちあたりに当てて、冷えた赤ちゃんの体を温めることも良い方法です。

 

【気分転換でしゃっくりを止める】
なかなか止まらないしゃっくりに、ママが焦ったり不安な気持ちでいっぱいになったりすると、赤ちゃんにもそれが伝わります。それでは、赤ちゃんもママもしゃっくりばかり気にしすぎてまいってしまい逆効果です。

 

赤ちゃんの体調が良ければ、抱っこをして窓を開けたり、近所をお散歩してみたり、外気に触れて気分転換することでしゃっくりが止まることがあります。赤ちゃんもママもしゃっくりから気をそらすことで、しゃっくりを止めるおすすめの方法です。

 

新生児のしゃっくりの良くない止め方

新生児のしゃっくりの止め方として、おすすめできない方法もあります。大人がよくやるしゃっくりの止め方は、新生児に向いていないこともあるのです。

 

【驚かせるのは良くない】
しゃっくりをしている人を驚かせて、しゃっくりを止める方法があります。誰でも一度はやったことがあるのではないでしょうか。

 

この方法は、新生児にはおすすめできません。情緒が未発達である新生児に大きな声を出して驚かせるのは、ただ恐怖を与えるだけで情緒面の成長にもよくありませんし、しゃっくりを止める効果も期待できません。

 

赤ちゃんを驚かせて緊張させるより抱っこしてスキンシップをはかるなど、安心させてリラックスさせる方がしゃっくりを止めるのに効果的でしょう。

 

【うつぶせに寝かせるのは危ない】
うつぶせに寝かせることでしゃっくりを止める方法もあるようですが、新生児には危ないのでやめましょう。

 

新生児は首を持ち上げる筋肉が未発達で、自分の力で顔を上げることができず、うつぶせに寝かせると窒息事故を起こす危険があります。硬い布団の上に寝かせる、ママがずっと目を離さないようにしておくなどの対策を取ると危険は減りますが、窒息事故は一瞬目を離したすきに起こるものです。
しゃっくりを止めたいときでも、うつぶせに寝かせる方法は避けましょう

 

まとめ

しゃっくりをしている赤ちゃんをママは苦しいだろうと思っているでしょうが、実はそうではありません。新生児にとって、しゃっくりをするのは当たり前のことで、あまり苦しくないそうです。

 

赤ちゃんがママのお腹の中にいたときも、しゃっくりをしていませんでしたか?それを思い出せば赤ちゃんのしゃっくりに、ママも落ち着いて対処することができるでしょう。ママと赤ちゃんでしゃっくりが止まるのを気長に待つことが、実は最善の方法です。

 

しゃっくりをしていても赤ちゃんが元気そうにしていれば、そのまま見守ってあげましょう。

この記事を書いたライター

月子
月子

親の病を機に九州へ舞い戻る一児のママライター。 おかしな方言の使い方をする子どもに笑い、癒されながら、バタバタ過ごす毎日です。 趣味は料理とベランダ菜園。育てたものはおいしく食べています! 心がほっとするような、楽しく役立つ情報をたくさんお届けしていきたいです。

この記事もおすすめ

int(8)

新生児の授乳クッション使用時の注意点

新生児の授乳クッション使用時の注意点

新生児期には授乳クッションが大活躍! 授乳クッションは新生児に授乳する際に活躍...

新生児の赤ちゃんに適したミルクの間隔

新生児に適したミルクの間隔とは 生後間もない赤ちゃん。初めての授乳に戸惑うママ...

新生児の赤ちゃんの幼児教育

五感への刺激 新生児のうちから教材を使って英才教育を!などど必要以上に張り切る...

名づけについてのQ&A

Q.名前に使用可能な文字は? A.戸籍法50条1項により、人の名前に使える文字...

名づけの注意点

名づけの注意点 赤ちゃんの名前をつけるときは、注意しなければならない点がいくつ...

お七夜

お七夜・命名式とは お七夜とは、赤ちゃんが生まれてから7日目の夜のことを言いま...

「ことだま」にこだわる名づけ

ことだま(言霊)の力 ことだま(言霊)とは、言葉に宿っている不思議な力のことを...

赤ちゃんのうつ伏せ寝は睡眠中の事故を招く?

赤ちゃんのうつ伏せ寝は睡眠中の事故を招く?

赤ちゃんのうつ伏せ寝はなぜ危険? 赤ちゃんの成長とともに寝返りができるようにな...

新生児の赤ちゃんとのふれあい方

新生児の赤ちゃんとのふれあい 赤ちゃんとふれあうことが大切だとは分かっていても...

新生児の赤ちゃんの体の成長

身長・体重 産まれたばかりの赤ちゃんは、パパやママの想像以上に、身長・体重の個...

パパも必見!産後ケアの必要性

パパも必見!産後ケアの必要性

「産後ケア」はママにも家族にも大切! 産後ケアは、産後のママの体や心の回復を包...

新生児から使える抱っこ紐はどう選ぶ

新生児から使える抱っこ紐はどう選ぶ?

抱っこ紐は新生児期もマストアイテム 赤ちゃんとのお出かけに欠かせないアイテムと...

新生児の赤ちゃんのママの心と体

体調・体型 産後、ママの体はお腹がなかなか元に戻らなかったり、会陰切開や股関節...

生後0ヶ月の赤ちゃんはこれを知っておこう!

新生児期の赤ちゃんの発達 生まれてすぐから生後28日未満の赤ちゃんのことを「新...

低体重児の赤ちゃんとは?成長は?

低体重児の赤ちゃんとは?成長は?

低体重児の赤ちゃんとは 低体重児とは、2,500g未満の体重で生まれてきた赤ち...

赤ちゃんの体

意思・感情の表現 赤ちゃんは、よく泣きます。話しができない赤ちゃんは、意思や感...

新生児の目の発達

新生児の目の発達

新生児の目はどのくらい見えている? 新生児の赤ちゃんとたまに目があうような仕草...

新生児とは-生後28日未満の赤ちゃんとの大切な生活習慣

新生児とはいつからいつまで? 新生児とは、生後28日未満の赤ちゃんのことです。...

赤ちゃんのおしりの蒙古斑の原因は?

赤ちゃんのおしりの蒙古斑の正体は?

赤ちゃんのおしりの蒙古斑って何? 赤ちゃんのおしり、またはおしりから背中にかけ...

補助金・助成金以外の支援制度

子育て中に受けられる支援 育児中の家庭には、補助金・助成金のほかにも様々な物や...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php