【生後0ヶ月】赤ちゃんとのお風呂

生後0ヶ月の赤ちゃんとのお風呂

生後0ヶ月の赤ちゃんは、まだ大人と一緒のお風呂には入れません。
そのため、ベビーバスなどを用いて沐浴をしてあげましょう。
これは、まだこの世に生まれてきて間もない、免疫力の低い赤ちゃんを細菌感染などから守るためです。

 

しかし、生後0ヶ月の生まれたての赤ちゃんは、体もふにゃふにゃ。
沐浴をする際には非常に緊張してしまうというママもいるのではないでしょうか。

そこで今回は、生後0ヶ月の赤ちゃんの沐浴事情について、以下で詳しくまとめました。

 

【生後0ヶ月】赤ちゃんのお風呂の入れ方

生後0ヶ月の赤ちゃんのお風呂は、大人とは別のお風呂に入れる「沐浴」が一般的。
その方法やポイントについてご紹介します。

 

【沐浴の方法】
1、ベビーバスにお湯を張る
お湯の温度は、38~39℃を目安にする

※温度計を過信せず、必ず手で温度を確認すること

 

2、赤ちゃんの頭を片手で支え、同じ手の指で両耳を押さえながらベビーバスへゆっくりと入れる
沐浴布やガーゼを握らせてあげると安心します

 

3、体と頭を洗い、泡は手桶でゆっくりと流す (お湯は湯船のお湯ではなく、新しく用意しているお湯で)

 

4、タオルで体を優しく押すように拭く
この時、ゴシゴシとこすらないように注意する

 

【ママはゆったりとした気持ちで】
沐浴の最大のポイントは、ママは決して焦らないこと。

 

入院中に沐浴指導があり、助産師や看護師からあれこれと言われることもあるかもしれません。
特に、「沐浴は10分以内に終わらせる」と言われ、なかなかスムーズに進まずに焦ってしまうママは多いのではないでしょうか。

 

もちろん、赤ちゃんが疲れたり、体が冷えたりするためなるべく沐浴は10分以内に終わらせるのがベターです。
しかし、そこで2~3分過ぎてしまったからと言って赤ちゃんの健康上の影響はありません。

焦りすぎて、ママの顔がこわばっていると、その焦りや緊張が赤ちゃんにも伝わってしまいます。
「お風呂、きもちいいね」などと、優しく笑顔で声をかけながら、ゆったりとした気持ちで沐浴をしてあげましょう。

 

【生後0ヶ月】お風呂の時間帯は?

生後0ヶ月の赤ちゃんは、大人と一緒にお風呂に入ることができません。
そのため、大人と同じように無理して夜にお風呂に入る必要はありません。
赤ちゃんの機嫌がよく、ママの負担が少ない時間をお風呂の時間にしてあげましょう。

 

冬場であれば、夜だと冷えるためお昼近くにお風呂の時間を決めるママもいるようです。
また、ママ一人では沐浴をさせるのが不安という場合、パパや家族の手を借りられる時間帯にしても良いですよ。

基本的には何時に入れても良いのですが、できるだけ毎日同じくらいの時間にお風呂に入れてあげましょう。

 

また、赤ちゃんの授乳の前後の時間は避け、授乳からは前後30分以上は開けるようにしてください。
授乳直後にお風呂に入れると、母乳やミルクを吐いてしまうこともあるからです。

私たち大人も、食事の直後にお風呂に入ると気分が悪くなってしまうこともありますよね。
赤ちゃんにも同じことが言えるので、授乳の時間を計算してお風呂の時間を決めるようにしてください。

 

【生後0ヶ月】お風呂後の赤ちゃんのケア

お風呂上がりの赤ちゃんのケアについてご紹介します。

 

【保湿】
お風呂上りには、赤ちゃんにしっかりと保湿をしてあげましょう。
市販のボディミルクなので問題はありませんが、新生児の赤ちゃんの肌は非常にデリケートです。
注意書きをよく見て、「新生児から使用可能」と記載のあるものを選んでください。

 

【耳】
お風呂から上がったら、ベビー綿棒で赤ちゃんの耳をぬぐってあげましょう。
「耳の中に水が入っているかもしれない」と思い、奥まで綿棒を入れたくなるかもしれませんが、耳に入っている水は自然に出てくるので大丈夫です。

入り口付近を軽く撫でる程度にしてくださいね。

 

 

【おへそ】
生後0ヶ月の赤ちゃんは、まだへその緒がついたままのことがほとんどです。

水分はきれいなタオルやガーゼで押してふき取るようにしましょう。

 

【生後0ヶ月】お風呂はどこで入れる?

沐浴をさせる場合、その場所で悩むママは多いのではないでしょうか。

 

主に、

 

・浴室
・洗面所
・キッチン

 

で入れるケースがほとんどだとは思いますが、おすすめなのはキッチンで入れる方法です。

 

ベビーバスのサイズにもよりますが、シンクにすっぽりと入るサイズならば、シンクにベビーバスを入れて沐浴をします。
そして、その後作業台で着替えや保湿などを行うのです。

 

もちろん浴室でも問題はないのですが、ベビーバスを床に置いて沐浴をする姿勢は、腰や肩に負担がかかります。
また、冬場だと浴室が冷えていることもあり、赤ちゃんが風邪を引かないかも気になるところ。

 

キッチンならば、立ったままの姿勢ですべてのお世話を終えることができる上に、エアコンが効いている室内でゆっくりと赤ちゃんのお世話を行えます。
戸建てやマンション用のキッチンの、シンクや作業台が広めにとってあるタイプならば、キッチンで沐浴をしてみてはどうでしょうか。

ただし、キッチンで沐浴をさせる場合は、あらかじめキッチン周りをしっかりキレイに掃除をすることが大切です。

特にシンク周りにモノを置かないよう気を付けましょう。思いがけず赤ちゃんの手が伸びて触ることがあります。

 

まとめ

生後0ヶ月の赤ちゃんの沐浴は、慣れるまで緊張してしまいますよね。
しかし、沐浴をする期間はほんのわずかです。
ぜひママだけでなく、パパも一緒になって、小さなベビーバスでの赤ちゃんの可愛らしい入浴姿を楽しんでくださいね。

この記事を書いたライター

小橋 まな
小橋 まな

2歳の娘を育児中のママライター。出産前は子供がとても苦手だったのに、今では娘を溺愛しすぎてたまに我に返ることもあるほどです。育児休暇後職場復帰の予定が、実父の体調不良をきっかけに退職し在宅ライターの道へ。心配性で神経質になってしまった0歳児育児の過去の自分を振り返り、ママたちが安心して育児ができるような記事をお届けしたいと思います。

この記事もおすすめ

int(8)

新生児の夜泣きに注意したい4つのこと

新生児の夜泣きに注意したい4つのこと

新生児特有の「夜泣き」とは? 赤ちゃんが生まれたら、今までと同じように好きな時...

名前・命名披露について紹介

命名書とは 命名書とは、赤ちゃんの名前が決まったときに、名前を清書して飾るため...

新生児の赤ちゃんの幼児教育

五感への刺激 新生児のうちから教材を使って英才教育を!などど必要以上に張り切る...

新生児の赤ちゃんのママの心と体

体調・体型 産後、ママの体はお腹がなかなか元に戻らなかったり、会陰切開や股関節...

新生児の沐浴にあると便利なアイテム

新生児の沐浴をもっと便利に 菌への抵抗力がまだ少ない新生児期の赤ちゃんは、沐浴...

新生児の保湿スキンケアのポイント

新生児期の保湿スキンケア 新生児期から保湿スキンケアをするようにと指導されたこ...

【生後0~3ヶ月】寝相アートで月齢フォト撮影

寝相アートで月齢フォトを撮影しよう 生後0~3ヶ月頃のねんね時期の赤ちゃんは、...

赤ちゃんのへその緒の保管方法

赤ちゃんのへその緒の保管方法

なぜ赤ちゃんのへその緒を保管するの? へその緒はママのお腹の中で、赤ちゃんに血...

新生児なのに泣かないのは大丈夫?

新生児なのに泣かないのは大丈夫? 赤ちゃんは泣くのが当たり前、と思っている方が...

新生児服のサイズと選び方

新生児の服のサイズと選び方

新生児服のサイズの目安は? 産まれてくる赤ちゃんのことを考えながら洋服を選ぶの...

新生児時期に発生する赤ちゃんの事故

新生児期の赤ちゃんの身近に起こる事故 赤ちゃんのうちはちょっとした不注意で発生...

生後0ヶ月の赤ちゃんはこれを知っておこう!

新生児期の赤ちゃんの発達 生まれてすぐから生後28日未満の赤ちゃんのことを「新...

出生届について

出生届とは 赤ちゃんが誕生し、最初に必要となる手続きは出生届の提出です。出生届...

新生児のミトンの選び方と使い方

新生児にミトンは必要?不要? 新生児の赤ちゃんの小さな手にはめたミトンは、ほの...

新生児の目の病気

新生児の目の病気

新生児の目の病気ってどんなもの? 生まれて間もない新生児でも、目の病気にかかる...

生後0ヶ月の赤ちゃんへのおもちゃ選び

生後0ヶ月の赤ちゃんとおもちゃ 生まれて間もない生後0ヶ月の赤ちゃん。 1日...

乳幼児と楽しめる親子のふれあい遊び

親子で楽しむふれあい遊び 子どもが小さいと一緒に遊ぼうと思っても、どんなことを...

【産後0ヶ月】ママによくある悩み

産後0ヶ月のママの悩みは? 出産を終え、赤ちゃんに会えたという喜びもつかの間、...

生後0ヶ月の赤ちゃんのお世話

生後0ヶ月の赤ちゃんのお世話ポイント 生後0ヶ月の赤ちゃんは昼夜関係なく起きて...

生後0ヶ月の赤ちゃんとパパの遊び

生後0ヶ月の赤ちゃんとの遊び方 生後0ヶ月とは新生児の頃を指しますが、誕生日を...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php