新生児が起きない時の授乳はどうする?

新生児が起きない時の授乳はどうする?

赤ちゃんがなかなか寝てくれない、寝てもすぐに起きるなどで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

反対にぐっすり赤ちゃんが眠ってくれていると、ママも休むことができるので助かりますよね。

 

ですがあまりにも長時間寝続けていると、起こした方が良いのか迷いますね。

授乳やおむつ替えの時間を考えると、ちょっと心配になる場合もあるかもしれません。

そこで今回は、どれぐらいのタイミングで起こした方が良いのか、赤ちゃんが起きない場合の起こし方などについてご紹介いたします。

 

新生児はどのくらい寝続けるの?

新生児とは生後28日未満の赤ちゃんのことですが、新生児は昼と夜の時間感覚がまだないため、授乳や泣く時間以外はほとんど眠っています。

1〜4時間くらい眠って、空腹やおむつの不快感で1〜2時間ほど起きて、またすぐ寝て・・・というリズムを繰り返します。

睡眠時間には個人差があり、中には4〜5時間ほど寝続ける場合もあるようです。

1日の睡眠時間が合計で16〜20時間なので、1日の大半を寝て過ごすことになりますね。

 

生後3〜6ヶ月になったら、夜にある程度まとまって眠るようになります。

それまでは短いサイクルで睡眠を繰り返しますが、成長によって次第に睡眠のリズムが整っていきます。

 

新生児を起こした方が良い場合

新生児は母乳なら1〜2時間、ミルクなら2〜3時間ごとに授乳するのが基本です。

ただし睡眠サイクルが整っていないため、授乳スケジュール通りに起きない場合もあります。

長時間起きないと授乳の間隔が空いてしまうため、心配になりますよね。

 

ですが眠っている赤ちゃんをわざわざ起こして良いのか、迷う方もいるかもしれません。

では、起こした方が良い目安のタイミングをみていきましょう。

 

【体重が増えていない】

自宅に赤ちゃん用の体重計がある場合、体重を測ってみましょう。

日々、赤ちゃんの体重が増えているなら栄養が足りているので、寝ていても無理に起こす必要はありません。

生まれて最初の数日間は一時的に体重が減りますが、1週間ほどで出生体重に戻り、生後3ヶ月くらいまでは1日に25〜30gずつ増えていきます。

体重増加の推移が順調であれば大丈夫ですが、長く寝続けていることによって授乳間隔が空いているのであれば、栄養が不足している可能性も考えられます。

そのような場合はもう少し短い間隔で起こしてあげて、授乳をするようにしましょう。

 

【授乳間隔が空いている】

体重を目安にして、順調に増えているなら授乳間隔が空いていても無理に起こす必要はありません。

ただし、授乳間隔が4時間も空いてしまうと、脱水症状になる心配もあります。

4時間以上空きそうな場合は起こすようにしましょう。

 

【おしっこの量と回数が少ない】

赤ちゃんのおしっこの量と回数は授乳や汗の量によって差があります。

新生児の場合は1〜2時間おきのペースで、1日合計して15〜20回が目安です。

多少日によって前後する場合もあるかもしれませんが、寝ている時間が長く、3〜4時間経ってもおしっこをしていない場合は、起こして授乳をした方が良いでしょう。

一般的に、夏は汗をかくため排泄量と回数が減るので注意が必要です。

赤ちゃんが長く寝続けている場合、顔色や呼吸をみながら脱水症状に気をつけるようにしましょう。

 

【産後0ヶ月】ママによくある悩み

 

新生児の起こし方

新生児を起こした方が良いケース以外は、無理に起こす必要はありません。

もし起こした方が良い場合には、どのように起こしたら良いのでしょうか。

 

【声をかける】

いきなり大声で起こすのではなく、「〇〇ちゃん、おはよう!起きよう!」など自然に声をかけてみましょう。

加減が難しいですが、赤ちゃんを驚かさないように注意しましょう。

 

【体に触れる】

声をかけても起きない場合は、頬や額、唇、足の裏などを軽く触ってみましょう。

体を揺するなど、無理に大きな動作はしないようにしましょう。

 

【くすぐる】

体に触れても起きない場合は、足の裏や体を軽くくすぐってみましょう。

その際も「〇〇ちゃん、起きてー!こちょこちょするよー!」など声かけをしながら楽しい雰囲気で行いましょう。

 

【ママの乳首や哺乳瓶を近づける】

長時間眠っている赤ちゃんはお腹が空いているはずです。

ママの乳首や、ミルクの場合は哺乳瓶を赤ちゃんの口元に近づけたり触れたりしてみましょう。

これでほとんどの場合は起きると言っても良いでしょう。

 

【おむつを替える】

長時間眠っているので、おむつもきっと濡れていることでしょう。

そんな場合は思い切っておむつを替えてみるのも一つの手です。

 

【あきらめる】

以上を試しても起きない場合もあるかもしれません。

これらの刺激を与えても効果がない場合は、脱水症状がないか確認し、30分ほど様子をみるようにしましょう。

赤ちゃんにとって、まだ授乳のタイミングではないのかもしれません。

30分後にまた同じように試してみましょう。

 

まとめ

すやすや眠る赤ちゃんは可愛いですよね。

新生児の場合は短いサイクルで起きて寝てを繰り返しますが、長時間寝続ける場合もあるかもしれません。

起こした方が良いケースとしては、授乳の間隔が空き過ぎていたり、体重が増えていなかったりするなどがあります。

このような場合はもう少し短いサイクルで起こすようにして、赤ちゃんの様子をみるようにしましょう。

この記事を書いたライター

おがわ みなみ
おがわ みなみ

関西在住で一児の母です。 子育てをしながら仕事も両立したいと思い、在宅ライターを始めました。 日々、子供と楽しく暮らせるよう工夫することが大好きです。 新米ママやプレママさんのお役に立てるような記事をお届けします。よろしくお願いします。

この記事もおすすめ

int(8)

生後0ヶ月の赤ちゃんの知育遊び

生後0ヶ月の赤ちゃんの知育遊びって? 知育って、まだ赤ちゃんには早いのでは?と...

赤ちゃんの体

意思・感情の表現 赤ちゃんは、よく泣きます。話しができない赤ちゃんは、意思や感...

新生児のプレゼントにママの手作りを

新生児のプレゼントを手作りしよう! 新生児へのプレゼントというと、出産祝いなど...

新生児時期に発生する赤ちゃんの事故

新生児期の赤ちゃんの身近に起こる事故 赤ちゃんのうちはちょっとした不注意で発生...

ニューボーンフォトに使う小物は?

ニューボーンフォトの小物は何が必要? ニューボーンフォトとは、生まれたばかりの...

補助金・助成金以外の支援制度

子育て中に受けられる支援 育児中の家庭には、補助金・助成金のほかにも様々な物や...

【生後0ヶ月】働くママの悩み

【生後0ヶ月】働くママの悩みとは? 産休に入り、無事出産を終えたばかりのママ。...

新生児のおもちゃの選び4つのポイント

新生児の赤ちゃんのおもちゃ選び 生まれたばかりの赤ちゃんに与えるおもちゃ。 ...

新生児から使える抱っこ紐はどう選ぶ

新生児から使える抱っこ紐はどう選ぶ?

抱っこ紐は新生児期もマストアイテム 赤ちゃんとのお出かけに欠かせないアイテムと...

新生児の頭を守る帽子の必要性と使い方

新生児の頭を守る帽子の必要性と使い方

帽子は新生児の頭を守ってくれる 赤ちゃんにも帽子が必要なの?と疑問に思う方もい...

0ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

生後0ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

生後0ヶ月の赤ちゃんができること 生後0ヶ月というと、まだ生まれたばかり。 ...

赤ちゃんの名づけ・命名

赤ちゃんの名付けとは 赤ちゃんを授かったら、最初に悩み、考えることと言ったら名...

新生児がうなる原因と対処法

新生児がうなる原因と対処方法

新生児がうなるのはどうしてなの? 新生児の赤ちゃんが辛そうにうなる姿やいきむ様...

新生児の赤ちゃんのママの心と体

体調・体型 産後、ママの体はお腹がなかなか元に戻らなかったり、会陰切開や股関節...

新生児の夜泣きの原因と対策

新生児の夜泣きの原因と対策

新生児期の夜泣き 新生児は、眠って起きておっぱいを飲んで、また眠るというサイク...

新生児の抱き癖は良くないの?

新生児の抱き癖は良くないの? 新生児期の赤ちゃんは泣くのがお仕事。 不安や不...

【月齢別】新生児時期に必要なもの

月齢0~2ヶ月の時期に必要なものは? 赤ちゃんのお世話に必要なアイテムはたくさ...

【生後0ヶ月】赤ちゃんの夜泣き

生後0ヶ月の赤ちゃんの夜泣き 赤ちゃんが生まれて、まずママが悩まされるのが睡眠...

生後0ヶ月の赤ちゃんにおすすめの絵本

生後0ヶ月の赤ちゃんにおすすめの絵本

生後0ヶ月の赤ちゃんの絵本選びは? 生まれたばかりの赤ちゃん。 そんな赤ちゃ...

赤ちゃんのお七夜にぴったりな記念品

赤ちゃんのお七夜に記念品を作ろう 赤ちゃんが生まれて7日目に行う「お七夜(しち...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php