新生児は湯冷ましが飲める?注意点は?

新生児に湯冷ましを与えたい

赤ちゃんの授乳は、成長に必要な栄養を体に取り込みながら空腹を満たすのと同時に、水分補給の役割も果たしています。

しかし、暑い季節やお風呂上りなど、汗をかいた後には授乳だけで水分が足りているのかと、疑問に思っているママもいるのではないでしょうか?

 

もし足りないのなら、湯冷ましを飲ませて水分補給した方がいいのではないかと思うかもしれませんね。

新生児期ですと、母乳やミルク以外のものを与えてもいいのか、そこも疑問に思ってしまうことでしょう。

 

そこで今回は、新生児期に湯冷ましは飲ませる必要があるのか、また、もし飲ませるとしたらどんなことに気を付けて与えたらいいのかなど、ママの疑問を一緒に解決していきたいと思います。

 

新生児期は湯冷ましを飲んでもいいの?

新生児期は湯冷ましを必ず飲ませなければいけないということはありません。

なぜなら、母乳やミルクを飲んでいれば、赤ちゃんが脱水症状を起こすほどの水分不足になることは、基本的にはないためです。

 

赤ちゃんから見て祖父母世代になると、よく沐浴後には湯冷ましを飲ませた方が良いなどという意見を言う方もいます。

これは、昔のミルクにたんぱく質やミネラルが多く含まれていたことから、赤ちゃんには成分が濃すぎると考えられていたため、昔は湯冷ましを飲ませる習慣があったために、言われていることです。

 

現在のミルクは赤ちゃんに合った成分となっているため、湯冷ましは無理に飲ませる必要はありません。

 

ただ、湯冷ましは新生児期でも絶対飲ませてはいけないものというわけではありません。

では次の段落で、どんな時に湯冷ましを飲ませてもいいのか見ていきましょう。

 

新生児はどんな時に湯冷ましを飲む?

湯冷ましは、新生児期の赤ちゃんに無理に飲ませる必要はありませんが、以下のようなケースでは、湯冷ましを飲ませても構いません。

 

【便秘の時】

赤ちゃんの便秘は、脱水になる程水分が足りない場合は、水分不足が原因で引き起こされるケースがあります。

従って、尿量が減っていたり、濃い尿が出ているなど、脱水が疑われて、赤ちゃんの便秘が気になる時には、湯冷ましを与えてみてもいいでしょう。(とはいえその場合も母乳やミルクを足すほうがずっと良いです。)

しかし、湯冷ましを与えたからといって便秘が治るとは限りません。

 

というのも、新生児期の便秘には、水分不足以外の要因が多く考えられるためです。

 

新生児期は眠って過ごす時間が多いため、運動不足によって便秘が引き起こされやすいことが挙げられます。

ミルクを飲んでいる赤ちゃんは、ミルクが体質に合っていないと、便秘になってしまうことも。

 

これらのことから、新生児期の便秘が気になる際には自己判断はせず、病院を受診してみることをおすすめします。

 

【汗をかいた時】

新生児期の水分補給は、母乳やミルクで十分ではありますが、汗を多くかくとやはり水分不足が心配になることもありますよね。

特に、暑い季節や沐浴後には気になると思いますので、ママが飲ませたいと思ったのでしたら、湯冷ましを飲んでも構いません。

 

【体調を崩した時】

赤ちゃんが発熱すると、汗を多くかきます。

脱水になる前に、湯冷ましを飲ませてあげてください。

 

しかし、新生児期はママからもらった免疫があるため、高熱を出すほどの病気になることはめったにありません。

何かしらの病気や感染症の疑いがありますので、38度を超える高熱の場合はすぐにでも病院を受診してください。

 

新生児への湯冷ましの与え方

新生児に与える湯冷ましですが、水道水を沸騰させ、人肌まで冷ましたものを与えます。

赤ちゃんに与える湯冷ましの量の目安は、10cc×月齢(ヶ月)と言われています。

従って、新生児期は10ccほどの湯冷ましを与えるようにしましょう。

あまり多く与えてしまうと、栄養が豊富な母乳やミルクが飲めなくなってしまいます。

 

新生児に湯冷ましを与える時の注意点

新生児に湯冷ましを与える時には、以下のことに注意をしましょう。

 

【無理強いしない】

湯冷ましは新生児期の赤ちゃんにとって必ず必要なものではありません。

母乳やミルクに比べて味が薄いものなので、嫌がってしまう赤ちゃんもいることでしょう。

嫌がるようでしたら、無理に与えないようにしましょう。

 

【温度に気を付ける】

湯冷ましは、ミルクと同じく、人肌ほどの温度です。

たとえ少量でも、熱いと火傷をしますし、冷たいと赤ちゃんの体を冷やしてしまうため、注意をしましょう。

冷ますときは湯冷ましを入れた哺乳瓶を常温で冷ますか、流水をかけて適温まで冷まします。

 

【ミネラルウォーターは使わない】

ミネラルウォーターは赤ちゃんにとって余分なミネラルが含まれているため、腎臓に負担をかけてしまいます。

従って、湯冷ましを作る時には必ず水道水を使うようにしましょう。

もしくは、市販の赤ちゃん用の純水でしたら、沸騰させて冷ましてから飲ませてあげることができます。

 

【長時間放置しない】

水道水の塩素は、沸騰させると飛んでしまい、時間がたつと雑菌が繁殖してしまいます。

湯冷ましを作ったら、1日以内に使い切るようにし、時間がたってしまったら作り直すようにしましょう。

 

まとめ

赤ちゃんの水分補給は母乳やミルクで十分なので、基本的には新生児の赤ちゃんに湯冷ましを与える必要はありません。

しかし、湯冷ましは新生児の赤ちゃんが絶対に飲めないものではありませんので、ママが飲ませたいと思ったら、飲ませてあげることは問題ありません。

 

その際は、与え方や注意点を守りながら飲ませてあげてくださいね。

この記事を書いたライター

斉藤亜依
斉藤亜依

4歳と2歳のやんちゃ娘を育児中の元保育士。現在は旦那の自営業を支えながらも、保育や子育ての経験を活かせる仕事がしたい!と強く思い、上の子の出産を期にライターの仕事をしています。 ワ―ママ×ワンオペ育児でキツイと感じることもありますが、同じように仕事や育児に奮闘するママに寄り添えるような記事をお届けしたいと思っています。

この記事もおすすめ

int(8)

生後0ヶ月の赤ちゃんはこれを知っておこう!

新生児期の赤ちゃんの発達 生まれてすぐから生後28日未満の赤ちゃんのことを「新...

生後0ヶ月の赤ちゃんへのおもちゃ選び

生後0ヶ月の赤ちゃんとおもちゃ 生まれて間もない生後0ヶ月の赤ちゃん。 1日...

【月齢別】新生児時期に必要なもの

月齢0~2ヶ月の時期に必要なものは? 赤ちゃんのお世話に必要なアイテムはたくさ...

赤ちゃんのおくるみの選び方と巻き方

赤ちゃんのおくるみってどんなもの? 赤ちゃんの出産準備品の中におくるみを準備す...

新生児の沐浴にあると便利なアイテム

新生児の沐浴をもっと便利に 菌への抵抗力がまだ少ない新生児期の赤ちゃんは、沐浴...

赤ちゃんのお七夜は誰が主催する?

赤ちゃんのお七夜は誰が主催するの? 赤ちゃんのお七夜は誰が主催するのか、気にな...

新生児の赤ちゃんの幼児教育

五感への刺激 新生児のうちから教材を使って英才教育を!などど必要以上に張り切る...

2019赤ちゃんの名前人気ランキング

赤ちゃんの名前ランキング・はじめに 2019年にも色々な出来事がありました。日...

新生児の赤ちゃんの体の成長

身長・体重 産まれたばかりの赤ちゃんは、パパやママの想像以上に、身長・体重の個...

新生児の赤ちゃんの原始反射とは

赤ちゃんの原始反射とは 赤ちゃんには、ママのお腹の中にいる時から発達していると...

新生児の赤ちゃんとのふれあい方

新生児の赤ちゃんとのふれあい 赤ちゃんとふれあうことが大切だとは分かっていても...

【生後0~3ヶ月】寝相アートで月齢フォト撮影

寝相アートで月齢フォトを撮影しよう 生後0~3ヶ月頃のねんね時期の赤ちゃんは、...

0ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

生後0ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

生後0ヶ月の赤ちゃんができること 生後0ヶ月というと、まだ生まれたばかり。 ...

新生児の保湿スキンケアのポイント

新生児期の保湿スキンケア 新生児期から保湿スキンケアをするようにと指導されたこ...

赤ちゃんのお七夜に準備すること

赤ちゃんのお七夜の準備を進めよう 赤ちゃんが生まれてから7日目に、無事に過ごせ...

新生児の赤ちゃんが毛深い理由とは?

新生児の赤ちゃんが毛深いのは普通のこと 生まれてきた赤ちゃんの体をよく見ると、...

新生児期の赤ちゃんがミルクを飲まないのはなぜ?

【新生児】赤ちゃんがミルクを飲まない ミルクというと、赤ちゃんがゴクゴクと音を...

新生児のおもちゃの選び4つのポイント

新生児の赤ちゃんのおもちゃ選び 生まれたばかりの赤ちゃんに与えるおもちゃ。 ...

0ヶ月赤ちゃんとママの過ごし方

【生後0ヶ月】赤ちゃんとママの過ごし方

生後0ヶ月の赤ちゃんの過ごし方 ママは出産を終えて、生まれたばかりの赤ちゃんと...

生まれたての赤ちゃんの特徴

生まれたての赤ちゃんの特徴

生まれたての赤ちゃんってどんな印象? 出産を終えて、ようやく赤ちゃんとの対面。...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php