【生後0ヶ月】おうちでの過ごし方



生後0ヶ月の赤ちゃんとおうちで過ごそう

ママのお腹の中から生まれてきたばかりの赤ちゃんは、外の環境に慣れながら、ミルクを飲んでは眠っての繰り返しの時期です。

まだお出かけもできない時期ですので、ママと一緒におうちで過ごす時間がとても長くなります。

 

ママは、慣れない赤ちゃんのお世話にも追われ、おうちで過ごすばかりの日々が続くと、どう過ごしていいのか悩ましくなってくることでしょう。

生後0ヶ月の赤ちゃんと一緒にお家で楽しく過ごすポイントを、一緒に押さえていきましょう。

 

【生後0ヶ月】おうちでの過ごし方ポイント

生後0ヶ月の赤ちゃんとおうちで過ごすときは、以下のことを参考にしながら過ごしてみてください。

 

【まずはお世話に慣れよう】

赤ちゃんとの生活が始まり、ママは初めてのことだらけ。手探りでお世話をしていることでしょう。

初めから何でもうまくできる人はいません。

失敗を繰り返しながら、少しずつコツをつかみ、お世話も上手になっていくものです。

あまり気負いせず、何かうまくいかなくても「仕方がない」ことと思って、おうちで少しずつお世話の練習をし、慣れていきましょう。

 

【赤ちゃんが起きている時の過ごし方】

まだ目も見えていない赤ちゃんですが、聴力は発達していますし、ママの抱っこの温もりは感じることができます。

赤ちゃんが起きている時はスキンシップのつもりで、たくさん抱っこをしてあげてくださいね。

横に抱っこをした時に、ママの心臓の音が聞こえる位置に赤ちゃんの頭を置いてあげると、赤ちゃんは安心すると言われています。

意識して抱っこをしてみてください。

 

抱っこをしたら、ママの優しい声をたくさん聴かせてあげましょう。

「かわいいね」「抱っこ気持ちいいね」など、どんな言葉でも構いません。

もし語りかけに悩んだら、童謡やママの好きな流行歌などなんでもいいですので、歌を聞かせてあげてもいいでしょう。

 

【赤ちゃんが泣いている時の過ごし方】

赤ちゃんが泣いている時は、まずはどうして泣いているのか原因を探します。

空腹、眠い、おむつが濡れたなど…生理現象で泣いているのでしたら、その不快の原因を解消します。

 

しかし、特に理由もないのに泣くこともありますし、一度泣いてしまったら、不快感を解消してもなかなか機嫌が直らないという赤ちゃんもいます。

あやしても泣き止まず、どうしていいか困ってしまうこともあるでしょう。

その時はどうして泣き止まないのか…私のお世話の仕方が悪いのか…などとあまり考えすぎないでください。

「赤ちゃんだから泣くのは仕方がない」と割り切って対応することも大切です。

 

また、赤ちゃんが泣くのが近所のご迷惑にならないか、気になる方もいるかもしれませんね。

ママの体調が落ち着いたら、「ご迷惑をおかけするかもしれない」という旨を、ご近所さんに伝え、挨拶回りをしておくといいかもしれません。

 

【赤ちゃんが眠っている時の過ごし方】

産後はママも体にダメージを受けています。

赤ちゃんのお世話をしつつ、ママも極力体を休めることを第一に考えましょう。

まとまった睡眠がとりにくく疲れが溜まりやすいので、赤ちゃんが眠った時はママも体を休めるようにしましょう。

 

【来客時】

生まれた赤ちゃんを見るために、おうちにもお客さんが来ることがあります。

お祝いを頂くこともあるため、ママも対応に追われることもあるでしょう。

 

訪問はママや赤ちゃんの都合や体調がいい日時に来てもらうようにしましょう。

突然の来客は、無理せずお断りしても大丈夫。

赤ちゃんが寝ていることや、これから入浴するなど、何かしら理由を付けても構いませんので、ママが無理のないように過ごすことが大切です。

 

【生後0ヶ月】おうちでの楽しみ方

生後0ヶ月の赤ちゃんとのおうちでの楽しみ方について見ていきましょう。

 

【おもちゃで遊ぼう】

まだ目が見えませんし、おもちゃといっても何をして遊んだらいいのか悩ましいかと思います。

この時期の赤ちゃんも「音」はしっかり聞こえていますので、聞いていて心地よくなるようなものを選んであげるのがいいですね。

 

《ベットメリー》

オルゴール音など、赤ちゃんが心地よく過ごせるような音楽を聞かせてあげられるおもちゃです。

これから視力が発達してきたときに、回るメリーを目で追ったりして楽しむこともできます。

生後0ヶ月のうちから、赤ちゃんの身近なおもちゃとしてぴったりですよ。

 

《音の鳴るおもちゃ》

ラトルチャイム、ママのお腹にいた頃の胎教音新聞紙をくしゃくしゃ丸める音など、赤ちゃんが好む音というのは多くあります。

音にこだわって選んであげましょう。

赤ちゃんを優しく抱っこしながら音を鳴らしてあげたり、触らせてあげるのもいいですね。

 

【絵本を読んであげよう】

ママがお膝の上に抱っこをしてあげて、絵本を読んであげましょう。

目は見えませんが、ママの温もりを感じながら優しい絵本の読み聞かせが聞けることは、赤ちゃんにとっても至福の時間です。

「わんわん」「ぶぅぶぅ」など繰り返しの言葉を使っていたり、言葉の言い回しがリズミカルな絵本は、赤ちゃんの耳に心地よく届きます。

 

まとめ

慣れない育児に加え、おうちで過ごすことでストレスが溜まるママも。

しかし、自分を大切にする時間も作りながら、ゆっくりおうちで過ごしましょう。

この記事を書いたライター

斉藤亜依
斉藤亜依

4歳と2歳のやんちゃ娘を育児中の元保育士。現在は旦那の自営業を支えながらも、保育や子育ての経験を活かせる仕事がしたい!と強く思い、上の子の出産を期にライターの仕事をしています。 ワ―ママ×ワンオペ育児でキツイと感じることもありますが、同じように仕事や育児に奮闘するママに寄り添えるような記事をお届けしたいと思っています。

この記事もおすすめ

int(8)

【生後0ヶ月】赤ちゃんの写真を撮ろう

生後0ヶ月の成長を写真に収めておこう 赤ちゃんの姿や表情はとても愛らしく、思い...

赤ちゃんの名前を命名するとき

赤ちゃんの名前は親からの贈り物 新しい命を授かってパパやママになり、初めて親と...

【月齢別】新生児時期に必要なもの

月齢0~2ヶ月の時期に必要なものは? 赤ちゃんのお世話に必要なアイテムはたくさ...

新生児に授乳する初乳の免疫効果

新生児に授乳する初乳の免疫効果

生まれたての新生児に授乳する喜び 陣痛を乗り越えて出産し、初めて赤ちゃんと対面...

【0ヶ月】ベビーバス選びのポイント

【0ヶ月】ベビーバス選びのポイント

新生児期にはベビーバスが必要 生まれたばかりの赤ちゃんは抵抗力が弱いため、大人...

新生児のボディースーツの選び方

新生児のボディースーツの選び方

新生児にも最適!ボディースーツとは? ボディースーツとは、股の部分がボタンにな...

赤ちゃんの名づけ・命名

赤ちゃんの名付けとは 赤ちゃんを授かったら、最初に悩み、考えることと言ったら名...

生後0ヶ月の赤ちゃんはこれを知っておこう!

新生児期の赤ちゃんの発達 生まれてすぐから生後28日未満の赤ちゃんのことを「新...

新生児の赤ちゃんのママの心と体

体調・体型 産後、ママの体はお腹がなかなか元に戻らなかったり、会陰切開や股関節...

新生児の体重が増えない理由とは

新生児の体重が増えない理由とは?

新生児期の体重の悩み 新生児期に、赤ちゃんの体重があまり増えないと、母乳の量が...

新生児の授乳クッション使用時の注意点

新生児の授乳クッション使用時の注意点

新生児期には授乳クッションが大活躍! 授乳クッションは新生児に授乳する際に活躍...

新生児の夜泣きの原因と対策

新生児の夜泣きの原因と対策

新生児期の夜泣き 新生児は、眠って起きておっぱいを飲んで、また眠るというサイク...

赤ちゃんのおしりの蒙古斑の原因は?

赤ちゃんのおしりの蒙古斑の正体は?

赤ちゃんのおしりの蒙古斑って何? 赤ちゃんのおしり、またはおしりから背中にかけ...

低体重児の赤ちゃんとは?成長は?

低体重児の赤ちゃんとは?成長は?

低体重児の赤ちゃんとは 低体重児とは、2,500g未満の体重で生まれてきた赤ち...

生後0ヶ月の赤ちゃんにおすすめの絵本

生後0ヶ月の赤ちゃんにおすすめの絵本

生後0ヶ月の赤ちゃんの絵本選びは? 生まれたばかりの赤ちゃん。 そんな赤ちゃ...

乳幼児と楽しめる親子のふれあい遊び

親子で楽しむふれあい遊び 子どもが小さいと一緒に遊ぼうと思っても、どんなことを...

新生児の平均身長と低身長症

新生児の平均身長と「低身長症」

新生児の身長の成長目安 発育状況を知るために、体重と同じように測られるのが身長...

新生児のチャイルドシートの選び方

新生児のチャイルドシートの選び方

新生児にチャイルドシートを選ぶには チャイルドシート選びは慎重になりますよね。...

新生児から使える抱っこ紐はどう選ぶ

新生児から使える抱っこ紐はどう選ぶ?

抱っこ紐は新生児期もマストアイテム 赤ちゃんとのお出かけに欠かせないアイテムと...

出産祝いを渡すタイミング

出産祝いを渡すタイミング 赤ちゃんが生まれるというおめでたい話を耳にするとうれ...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php