新生児育児に座布団が便利

新生児育児におすすめな座布団

新生児の赤ちゃんのお世話グッズとしておすすめなものの1つに、座布団があります。
赤ちゃんのお世話グッズに座布団?と不思議に思うママもいるかもしれませんが、座布団は様々なシーンで活躍する便利グッズなんですよ。

今回は、新生児育児でどのような時に座布団が活躍するのか、そして使用する際の注意点などについてご紹介します。

 

新生児育児での座布団の使用シーン

【昼寝用布団として】
座布団を赤ちゃん用の昼寝用の布団の代わりに使うことは、ママの間でメジャーな使い方です。

新生児期の赤ちゃんは、1日の中でも寝たり起きたりを繰り返します。
授乳も2~3時間に1回と頻回であることから、家事をしながらその都度ベビーベッドへ行くというのは少し億劫ですよね。

 

家事をしながら、少し赤ちゃんを側に寝かせておきたい時などに座布団を活用すると非常に便利ですよ。

 

【寝かしつけた後の移動】
赤ちゃんを寝かしつけたものの、ベッドに置くと泣き出してしまう「背中スイッチ」には、新生児期から悩まされるママも多いです。

そんなママにおすすめなのが、赤ちゃんとママの間に座布団を置いて赤ちゃんを寝かしつける方法です。
座布団ごと布団やベビーベッドへ置くと赤ちゃんの背中スイッチが発動しにくくなることもあります。

 

このような使い方をする育児グッズに「トッポンチーノ」というものがありますが、購入前に効果を試してみたいという場合も、まずは家にある座布団で様子を見てみても良いかもしれませんね。

 

【おむつ交換時に】
新生児の赤ちゃんのおむつ交換は高頻度。
授乳のタイミングで交換するのはもちろん、それ以外にもうんちをしたら交換をしてあげる必要があります。
ベビーベッドだと高さがあったり、柵が邪魔なこともあったりするので、頻回なおむつ交換だと少し億劫ですよね。

 

硬い床やラグなどに直接赤ちゃんを寝転がらせるのには抵抗があるかもしれませんが、座布団なら程よい硬さで安心ですよ。

 

【授乳クッションの代わりに】
座布団は授乳クッションの代わりにもなります。
座布団を半分に追って、ママの膝の上に乗せることで高さが出て、赤ちゃんに授乳がしやすくなります。

 

授乳クッションは寝室に置いておき、日中生活するリビングなどには座布団、またはその逆などといった使い方をするママもいますよ。

 

【ママの腰痛予防に】
新生児期の赤ちゃんは、ママに常に抱かれていたいという子も多くいます。
そのため、日中は赤ちゃんを抱きながらソファや椅子に座るママも多いはず。
しかし、赤ちゃんを抱きながら長時間座っていると腰が痛くなってしまうことも。

 

そこで、ソファとママの腰の間に折った座布団を挟んでおくと、腰が楽になりますよ。
ただでさえ産後は骨盤が緩んでいて腰痛を引き起こしやすいので、普段からの予防として活用しておくと良いですね。

 

新生児育児に座布団を使う際の注意点

【清潔なものを使う】
座布団は、清潔なものを使うようにしましょう。
特に押し入れに長期間入っていた座布団は、ほこりやカビやダニなどが気になります。
新生児期の赤ちゃんはデリケートなため、なるべく新しいものを使用するのが望ましいですね。

 

家にある座布団を使用する場合は、まずは洗濯をして、よく天日干しをしましょう。
洗濯が難しい時は布団乾燥機をかけることでダニが死滅します。その後よく掃除機で吸い、天日干しをすれば安心ですよ。

 

【柔らかすぎないものを選ぶ】
座布団にも種類は様々ですが、柔らかすぎないほどよい硬さのものを選びましょう。
「柔らかい方が寝心地が良いのでは?」と思うママもいるかもしれませんが、赤ちゃんの寝具に柔らかいものはNG。
顔が埋もれてしまうほど厚みや柔らかさがあるものは、赤ちゃんが窒息してしまう可能性があるので使用してはいけません。

 

「新生児は寝返りをしないので大丈夫」という人もいるかもしれませんが、何かのはずみで赤ちゃんがうつぶせになってしまうことがあるかもしれません。
育児は「もしかしたら、こうなるかもしれない」という最悪のパターンを常に予測しながら、危険を回避するのが大切ですよ。

 

【吐き戻し・おむつ漏れ対策をする】
新生児期の赤ちゃんは、まだまだ上手にミルクや母乳を飲むことができないので、しばしば吐き戻しをします。
また、おむつからうんちやおしっこが漏れてしまうのもよくあることです。
そのため、座布団に吐き戻しやおむつ漏れの対策をしておくようにしましょう。

 

手軽にできるのが、バスタオルをぐるっと巻いておくという方法です。
この時、バスタオルの端が赤ちゃんの顔にかからないように座布団の下にしっかりと巻き込むようにしましょうね。
また、防水の座布団カバーなども販売されているので、それらを活用しても良いでしょう。

 

まとめ

座布団は、新生児期を過ぎた赤ちゃんのお世話にも、様々なシーンで活躍します。
また、赤ちゃんが成長してお世話グッズとして使わなくなっても、本来の座布団としての用途で使用できるので、無駄がなくて良いですよね。

 

ただでさえ産後の疲れや傷が癒えていないママにとって、慣れない新生児の赤ちゃんのお世話はとても大変なことと思います。
今回ご紹介した座布団のように、活用できるものはどんどんと活用して、できるだけママにストレスや負担がかからないように工夫していきましょう。

この記事を書いたライター

小橋 まな
小橋 まな

2歳の娘を育児中のママライター。出産前は子供がとても苦手だったのに、今では娘を溺愛しすぎてたまに我に返ることもあるほどです。育児休暇後職場復帰の予定が、実父の体調不良をきっかけに退職し在宅ライターの道へ。心配性で神経質になってしまった0歳児育児の過去の自分を振り返り、ママたちが安心して育児ができるような記事をお届けしたいと思います。

この記事もおすすめ

int(8)

新生児の体重が増えない理由とは

新生児の体重が増えない理由とは?

新生児期の体重の悩み 新生児期に、赤ちゃんの体重があまり増えないと、母乳の量が...

生後0ヶ月の赤ちゃんはこれを知っておこう!

新生児期の赤ちゃんの発達 生まれてすぐから生後28日未満の赤ちゃんのことを「新...

生後0ヶ月の赤ちゃんへのおもちゃ選び

生後0ヶ月の赤ちゃんとおもちゃ 生まれて間もない生後0ヶ月の赤ちゃん。 1日...

新生児の頭を守る帽子の必要性と使い方

新生児の頭を守る帽子の必要性と使い方

帽子は新生児の頭を守ってくれる 赤ちゃんにも帽子が必要なの?と疑問に思う方もい...

乳幼児と楽しめる親子のふれあい遊び

親子で楽しむふれあい遊び 子どもが小さいと一緒に遊ぼうと思っても、どんなことを...

赤ちゃんのうつ伏せ寝は睡眠中の事故を招く?

赤ちゃんのうつ伏せ寝は睡眠中の事故を招く?

赤ちゃんのうつ伏せ寝はなぜ危険? 赤ちゃんの成長とともに寝返りができるようにな...

0ヶ月赤ちゃんとママの過ごし方

【生後0ヶ月】赤ちゃんとママの過ごし方

生後0ヶ月の赤ちゃんの過ごし方 ママは出産を終えて、生まれたばかりの赤ちゃんと...

赤ちゃんの名づけ・命名

赤ちゃんの名付けとは 赤ちゃんを授かったら、最初に悩み、考えることと言ったら名...

名づけについてのQ&A

Q.名前に使用可能な文字は? A.戸籍法50条1項により、人の名前に使える文字...

赤ちゃんの笑顔が見られる時期は?

赤ちゃんの笑顔が見られる時期は?

赤ちゃんの笑顔はいつから見られる? 寝ているだけでもかわいい赤ちゃん。そんな赤...

新生児の赤ちゃんに適したミルクの間隔

新生児に適したミルクの間隔とは 生後間もない赤ちゃん。初めての授乳に戸惑うママ...

新生児期の赤ちゃんがミルクを飲まないのはなぜ?

【新生児】赤ちゃんがミルクを飲まない ミルクというと、赤ちゃんがゴクゴクと音を...

新生児の夜泣きに注意したい4つのこと

新生児の夜泣きに注意したい4つのこと

新生児特有の「夜泣き」とは? 赤ちゃんが生まれたら、今までと同じように好きな時...

新生児の生活にかかるお金

家計の支出の増加に注意 家族が増えると、これから始まる新しい生活にドキドキワク...

赤ちゃんのおしりの蒙古斑の原因は?

赤ちゃんのおしりの蒙古斑の正体は?

赤ちゃんのおしりの蒙古斑って何? 赤ちゃんのおしり、またはおしりから背中にかけ...

低体重児の赤ちゃんとは?成長は?

低体重児の赤ちゃんとは?成長は?

低体重児の赤ちゃんとは 低体重児とは、2,500g未満の体重で生まれてきた赤ち...

【保存版】新生児の服の洗濯方法

新生児の服はどう洗濯する? 新生児の服は水通しが必要、大人とは別に洗う必要があ...

新生児の赤ちゃんの原始反射とは

赤ちゃんの原始反射とは 赤ちゃんには、ママのお腹の中にいる時から発達していると...

【0ヶ月】ベビーバス選びのポイント

【0ヶ月】ベビーバス選びのポイント

新生児期にはベビーバスが必要 生まれたばかりの赤ちゃんは抵抗力が弱いため、大人...

出生届について

出生届とは 赤ちゃんが誕生し、最初に必要となる手続きは出生届の提出です。出生届...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php