新生児のボディースーツの選び方

新生児のボディースーツの選び方

新生児にも最適!ボディースーツとは?

ボディースーツとは、股の部分がボタンになっていて、パチンと留めることのできるベビー服です。
写真の様に、太ももの部分が無く、足が自由に動かせるようになっていて、おむつ替えもしやすい作りになっています。

 

新生児の肌着は着せやすいことが大切ですが、ボディスーツも新生児にはぴったりです。
今回は、新生児から着られるボディースーツの選び方と着こなし方をご紹介していきます。

 

新生児のボディースーツの種類

新生児のころは、首や腰が座っていません。体もふにゃふにゃしていて安定感がないので、かぶりタイプのボディースーツは着せることが難しいです。

 

新生児のころからボディースーツタイプの肌着を着せる場合は、赤ちゃんを寝かせて着せられるタイプのボディスーツを選ぶようにしましょう。
新生児の頃に着ることができる肌着は、2つのタイプがあります。

 

【着物のようになっている打ち合わせタイプ】
コンビ肌着のように紐で打ち合わせるタイプになっています。
ねんね期でも簡単にお着替えをしてあげることができます。

 

紐なので、うつ伏せになっても痛くない作りになっています。
ですが、動きが活発になってきたり、はいはいがはじまると、肌着がはだけやすくなるので、生後半年くらいまでの使用期間になりそうです。

 

【前開きタイプ】
ボタンの前開きになっています。
こちらも新生児の時期からでも使用することができて、ねんね期のころでも、簡単にお着替えすることができます。
こちらは、ボタンタイプなので、動いてもはだけにくいので、成長に合わせてサイズを変えても、1歳くらいまで長く使えるボディースーツではないでしょうか。

 

赤ちゃんが成長してくると、かぶりタイプのボディースーツを着ることができるようになるので、そちらも手に取ってみてください。

 

新生児ボディースーツがおすすめの理由

新生児のころは、頻繁におむつを交換するので、着替えがしやすい洋服を選ぶのがおすすめです。
短肌着とコンビ肌着の組み合わせで着せるママが多いと思いますが、コンビ肌着は足まで布があるので、ウエアを着せた時に足元がごわついてしまうのに対してボディースーツはすっきりと着せることができます。

 

赤ちゃんは体温調節を自分でするのが苦手で、汗をたくさんかきます。汗をしっかりと吸収して、赤ちゃんの肌を守るためにも洋服はとても大切です。

 

ボディスーツなら家の中や、暑い夏の季節には1枚で過ごすことができます。股の部分をボタンで留めることができるので、服がめくれることを防いで、お腹が出ることもしっかりと防いでくれます。

 

家の中や、暑い夏の季節には、ボディースーツ1枚で過ごせると思います。
肌着がめくれることがないので、お腹が出なくて安心です。

 

ボディースーツの選び方は?

特に新生児のころの赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。直接肌に触れる肌着は素材もしっかりと選んであげたいと思います。

 

【素材】
しっかりと汗を吸い取ってくれて、体の熱を外に逃がすためには、通気性の良い素材を選んであげましょう。
赤ちゃんの肌着におすすめなのがオーガニックコットンや、綿100%の素材です。

 

【縫製】
素材も大切ですが、お肌がとても敏感肌の赤ちゃんの場合は、縫製にも気をつけてあげたいですね。
洗濯タグや縫い目が肌に触れるだけで、肌が傷ついてしまう子もいます。
綿100%の肌着でもタグが触れても大丈夫かな?と注意してあげましょう。

 

肌が弱い子の場合、洗濯タグや縫い目が外に縫われている肌着を選んであげてください。
外側にタグが付いていることが目印になります。商品を購入するときにぜひ確認してみてください。

 

ボディースーツの着せ方は?

ボディースーツと言っても着せ方もさまざまです。
ノースリーブ、半そで、長そでと季節に合った肌着を選んであげてください。

 

【短肌着の上に着せる】
ボディースーツ1枚では寒いかな?という場合もあると思います。
短肌着の上からボディースーツを重ねて着るのがおすすめです。
短肌着も長く使える肌着なので、大変便利です。

 

【ロンパースやカバーオールを上から着せる】
ボディースーツは肌着なので、つなぎタイプのロンパースやカバーオールを上から着せることもできます。
ボディースーツには、足がないので、冬場など、赤ちゃんの脚が冷えるのが心配な場合は、レッグウォーマーを履かせてあげるのがおすすめです。

 

【スパッツを合わせる】
スパッツを履かせるときは、ボディスーツの上からというママとボディスーツの中に履かせるママとに分かれるようです。中に履かせるとずり落ちにくいという意見もあるようですよ。

 

【ブルマを履かせる】
赤ちゃんの時に楽しめるのがブルマです。
ブルマ姿は男の子でも女の子でも赤ちゃんらしくてとっても可愛いですね。

 

いろんな組み合わせで、赤ちゃんと一緒におしゃれを楽しんでみてください。

 

まとめ

前開きタイプのボディースーツはねんね期から1歳ごろまでと長く使うことができます。

 

赤ちゃんの肌着はとても大切なので、季節や、温度に合わせて洋服の枚数を調節してあげてください。
赤ちゃんの成長と一緒に肌着もステップアップしていきましょう。

この記事を書いたライター

西村 みどり
西村 みどり

信州在住。 3歳の娘と猫2匹と暮らしています。 フルタイムで働きながら、空いた時間でライターを勉強中。 休みの日に娘と公園に行ったりするのが楽しみです。

この記事もおすすめ

int(8)

生後0ヶ月の赤ちゃんはこれを知っておこう!

新生児期の赤ちゃんの発達 生まれてすぐから生後28日未満の赤ちゃんのことを「新...

睡眠時間と生活リズム(月齢0~1ヶ月)

月齢によって睡眠時間は変わる 赤ちゃんのお世話が始まって気付くことのひとつが ...

新生児におすすめのカバーオール選び

新生児用のカバーオールとは? カバーオールとは、簡単に言うと赤ちゃんの体を覆う...

名前・命名披露について紹介

命名書とは 命名書とは、赤ちゃんの名前が決まったときに、名前を清書して飾るため...

【0ヶ月】ベビーバス選びのポイント

【0ヶ月】ベビーバス選びのポイント

新生児期にはベビーバスが必要 生まれたばかりの赤ちゃんは抵抗力が弱いため、大人...

生まれたての赤ちゃんの特徴

生まれたての赤ちゃんの特徴

生まれたての赤ちゃんってどんな印象? 出産を終えて、ようやく赤ちゃんとの対面。...

新生児のミトンの選び方と使い方

新生児にミトンは必要?不要? 新生児の赤ちゃんの小さな手にはめたミトンは、ほの...

パパも必見!産後ケアの必要性

パパも必見!産後ケアの必要性

「産後ケア」はママにも家族にも大切! 産後ケアは、産後のママの体や心の回復を包...

新生児のベビーカー選び

新生児でもベビーカーは使うの? 新生児期は生後28日までを指しますが、生まれた...

新生児の頭を守る帽子の必要性と使い方

新生児の頭を守る帽子の必要性と使い方

帽子は新生児の頭を守ってくれる 赤ちゃんにも帽子が必要なの?と疑問に思う方もい...

新生児のしゃっくりの原因は?

新生児のしゃっくりの原因は?

新生児はなぜよくしゃっくりをするの? 赤ちゃんのしゃっくりはとても愛らしいもの...

新生児の赤ちゃんの生活

授乳量と授乳の回数 新生児期は、胃が小さく、授乳のリズムも整っていません。お母...

【生後0ヶ月】おうちでの過ごし方

生後0ヶ月の赤ちゃんとおうちで過ごそう ママのお腹の中から生まれてきたばかりの...

乳幼児と楽しめる親子のふれあい遊び

親子で楽しむふれあい遊び 子どもが小さいと一緒に遊ぼうと思っても、どんなことを...

新生児時期に発生する赤ちゃんの事故

新生児期の赤ちゃんの身近に起こる事故 赤ちゃんのうちはちょっとした不注意で発生...

新生児とは-生後28日未満の赤ちゃんとの大切な生活習慣

新生児とはいつからいつまで? 新生児とは、生後28日未満の赤ちゃんのことです。...

新生児の赤ちゃんに適したミルクの間隔

新生児に適したミルクの間隔とは 生後間もない赤ちゃん。初めての授乳に戸惑うママ...

出産祝いを渡すタイミング

出産祝いを渡すタイミング 赤ちゃんが生まれるというおめでたい話を耳にするとうれ...

イメージ・願いによる名づけ

イメージ・願いによる名前の付け方 ここでは、イメージや願いをもとにした名前のつ...

新生児の生活にかかるお金

家計の支出の増加に注意 家族が増えると、これから始まる新しい生活にドキドキワク...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php