新生児でもニット帽は使える?

新生児でもニット帽は使える?

新生児の防寒にもニット帽は必要?

ニット帽といえば、大人の防寒ファッションの1つというイメージが強い人も多いと思います。
ですが、実はニット帽は大人だけでなく、赤ちゃんにも役立つアイテムなのです。

 

ニット帽は、赤ちゃんにとっておしゃれの為だけではなく、身を守る為に活躍してくれる実用的なアイテムでもあります。
生後間もない新生児の時期は、基本的に家の中で過ごすことが多いので、防寒用のニット帽の出番はあまりないかもしれません。

 

ですが、頭にぴったりフィットするニット帽は、赤ちゃんの防寒用にはとても役立ちます。 また、新生児期の赤ちゃんが帽子をかぶっている姿は特別に可愛らしいものです。

 

新生児のニット帽のサイズは?

生後1ヶ月以内の新生児は、まだ外に出られないので家の中で過ごしています。

 

その為、赤ちゃんが生まれたからといってすぐに新生児用のニット帽を用意してしまうと、かぶらないままサイズアウトしてしまう事もあります。
プレゼントを検討している場合は、赤ちゃんの月齢や、かぶれるようになる季節をしっかりチェックしておきましょう。

 

また、赤ちゃんが嫌がらない、お気に入りの素材で頭を包んであげると、心地よさを与えてあげられますよ。

 

【赤ちゃんのニット帽のサイズの目安】
ニット帽は通常の帽子とは違い、ある程度伸縮性がある素材で作られている事が多いので、通常の帽子に比べ、サイズを厳密に守る必要はありません。

 

プレゼントをする際などには目安にすると選びやすいため、参考までに把握しておきましょう。

 

0〜3ヶ月 約42cm
3〜6ヶ月 約44cm
6ヶ月〜1歳(12ヶ月)約46cm
1歳〜1歳半(12ヶ月〜18ヶ月)約48cm

 

もともと頭が大きな子もいる為、サイズが不安な場合は、少し大きめを選んでおくと長く使えるので安心です。
ニット帽の中には伸縮性のある素材や、紐がついているデザインもあります。

新生児がニット帽を使う場面と選び方

では、具体的にニット帽を使う時はどんな時なのか、その際の選び方も知っておくと適切なものを手に入れられます。

 

赤ちゃんが外出などのときの紫外線対策、防寒として本格的に帽子をかぶるのは生後2~3ヶ月からということが多いようです。
ただ、新生児の時期でも、抱っこ紐などで外出するときは頭が冷えてしまうことがあるでしょう。

 

また、頭にフィットするニット帽なら家の中でもかぶることができ、屋内での防寒対策にも役立ちます。

 

お宮参りのときをはじめ、おしゃれの1つとしても活躍しますよ。

 

【暑い季節】
ニット帽は、冬に被るイメージが強いかもしれませんが、赤ちゃんのニット帽は様々な素材やデザインがある為、夏にもかぶれるものが沢山あります。

 

夏に被るニット帽は、

・通気性の良い素材

・耳や首回りまで布がないデザイン

 

などを選んであげましょう。

 

無理に冬用のニット帽をかぶらせてしまうと、あせもの原因になってしまうこともあるので注意して下さい。

 

【寒い季節】
ニット帽といえば冬が定番ですが、頭を温めるだけではありません。
新生児用のニット帽の中には、あごや首回りまで隠れるものもある為、寒いときの防寒にはぴったりです。

 

頭から熱を放出して冷えてしまわないよう、ウール素材を選ぶ場合も多いですが、赤ちゃんは体温が高い為、汗をかいてしまう事があります。
家の中でかぶる場合はあせをかいていないかも気をつけてあげてください。

 

また、新生児の赤ちゃんは髪の毛があまり生えていないことも多いため、肌に直接触れる帽子を選ぶときは素材に注意しましょう。
アクリル素材のものは赤ちゃんがチクチク感じたり、かゆみを覚えることもあるようです。

 

【ファッションの1つとして】
ニット帽の中には、クマやうさぎの耳がついたものもあり、赤ちゃんの可愛らしさを引き立てます。

 

男の子は特に、大きくなると可愛い服装を嫌がってしまうこともあります。
耳付きのニット帽など可愛いアイテムは、小さな赤ちゃんの時期に楽しんでおけるといいですね。

 

コットンなどの素材のニット帽を選べば、年中通しておでかけ用としてかぶる事もできるので、ファッションアイテムとして持っておくのもおすすめです。

 

新生児にニット帽が役立つ理由

新生児にニット帽をかぶらせる理由の1つとして、まだ髪の毛が十分に生えていないことも挙げられます。

 

この時期、髪の毛がまだ少ないときに直射日光を受けると、赤ちゃんの頭皮はすぐに熱くなってしまいます。
そんなときに、ニット帽は頭を保護してくれる役割も果たしてくれる存在なのです。

 

まとめ

ニット帽はかわいい上に、つばのある帽子に比べ、風にあおられて飛んでいく心配もありません。

 

プレゼントで選ぶ場合は、デザイン性のある耳つきのものや、シンプルなものならば合わせやすい色にしてあげると長く使えて便利です。
妊娠中のママが、赤ちゃんのために心を込めて編むこともあると思います。

赤ちゃんの頭を保護する意味からも、ぜひ取り入れてみてくださいね。

この記事を書いたライター

みはる
みはる

料理が好きでブログも運営しているマルチライター。プレママやこれから妊娠を予定している方に役立つ知識を、分かりやすくお届けします!

この記事もおすすめ

int(8)

【産後0ヶ月】ママによくある悩み

産後0ヶ月のママの悩みは? 出産を終え、赤ちゃんに会えたという喜びもつかの間、...

赤ちゃんの黄疸の種類と治療

赤ちゃんの黄疸の種類と治療

赤ちゃんの黄疸はどんなもの? 産まれて間もない赤ちゃんによく見られる、新生児黄...

新生児服のサイズと選び方

新生児の服のサイズと選び方

新生児服のサイズの目安は? 産まれてくる赤ちゃんのことを考えながら洋服を選ぶの...

新生児のボディースーツの選び方

新生児のボディースーツの選び方

新生児にも最適!ボディースーツとは? ボディースーツとは、股の部分がボタンにな...

新生児育児中の買い物はどうする?

新生児は買い物に連れていけるの? 新生児期の赤ちゃんは、ママのお腹の中から外の...

新生児のおもちゃの選び4つのポイント

新生児の赤ちゃんのおもちゃ選び 生まれたばかりの赤ちゃんに与えるおもちゃ。 ...

新生児のしゃっくりの原因は?

新生児のしゃっくりの原因は?

新生児はなぜよくしゃっくりをするの? 赤ちゃんのしゃっくりはとても愛らしいもの...

出産祝いを渡すタイミング

出産祝いを渡すタイミング 赤ちゃんが生まれるというおめでたい話を耳にするとうれ...

生後0ヶ月の赤ちゃんの服選び

生後0ヶ月の赤ちゃんの服選び 生まれて間もない生後0ヶ月の赤ちゃん。 赤ちゃ...

赤ちゃんの名づけ・命名

赤ちゃんの名付けとは 赤ちゃんを授かったら、最初に悩み、考えることと言ったら名...

新生児とは-生後28日未満の赤ちゃんとの大切な生活習慣

新生児とはいつからいつまで? 新生児とは、生後28日未満の赤ちゃんのことです。...

新生児ニキビの原因とケアの方法

新生児期に表れるニキビ 生まれたばかりの赤ちゃんの肌はツルツルできれいなイメー...

ベビーバスはいつ買う?

ベビーバスはいつ買うのが正解? 産まれたばかりの赤ちゃんは抵抗力が弱いため、赤...

【生後0ヶ月】1日のスケジュール

生後0ヶ月の赤ちゃんの1日 生後0ヶ月の赤ちゃんは、寝てばかりいるというイメー...

赤ちゃんのお七夜で手形足形をとるコツ

赤ちゃんのお七夜に手形足形を残そう 赤ちゃんが生まれて初めてのお祝いごと「お七...

新生児の冬服は何を用意する?

新生児に必要な冬服を覚えておこう 新生児期の赤ちゃんの服って、種類が多くて何を...

お七夜

お七夜・命名式とは お七夜とは、赤ちゃんが生まれてから7日目の夜のことを言いま...

新生児の赤ちゃんと黄疸

赤ちゃんと黄疸 程度の差はありますが、赤ちゃんには多かれ少なかれ新生児黄疸が見...

新生児黄疸は何故起こる?

新生児黄疸は何故起こる?

新生児黄疸って何? 新生児黄疸(おうだん)とは、赤ちゃんの皮膚や白目が黄色っぽ...

出産祝いにおすすめのおもちゃ

出産祝いにおすすめのおもちゃ 赤ちゃんの出産祝いに何を贈ろうかな?と悩む方は多...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php