【保存版】新生児の服の洗濯方法



新生児の服はどう洗濯する?

新生児の服は水通しが必要、大人とは別に洗う必要がある、などと聞いたことはありませんか。
大人と比べて肌の弱い新生児をはじめとした赤ちゃんの時期は、服の洗濯にも気を遣う必要があります。最初はちょっと大変そうに思えますが、洗濯方法自体は難しくはなく、慣れると大変ではありません。

新生児の服の水通しの仕方や洗濯方法をご紹介します。出産準備の参考にも役立ててくださいね。

 

新生児の服の水通し方法

新生児の服は着せる前に、まず水通しをしておきましょう。

 

【水通しをする理由】

水通しをする理由は主に2つあります。

 

〈①ホルムアルデヒドを取り除くため〉

新しい服に含まれていることの多いホルムアルデヒドと呼ばれる、しわ防止や防虫に効果のある物質を取り除くのが目的です。

 

衣服には良い効果があるものの、実は肌には有害物質。赤ちゃんがそのまま着るのは、刺激が強いため皮膚トラブルやアレルギーが起こる可能性があり、要注意なのです。

しかし、ホルムアルデヒドは水に溶けやすいので、一度水で洗濯しておくと安心です。

 

〈②着心地を良くするため〉

新しい服は糊がついており、パリッとしたものが多いですよね。水通しをすると、そんな糊を取り除き柔らかい着心地になります。また、水通しをすることで吸水性もアップ。汗をかきやすい新生児にとって吸水性は着心地を左右する大切なポイントです。

 

【水通しの方法】

水通しの仕方には2種類あります。

 

〈①洗濯機で水通しする方法〉

洗濯機で水通しする場合は、まず洗濯機を掃除して、洗濯槽自体の汚れを取り除きましょう。掃除が終わったら、新生児の衣服をネットに入れ、ソフトコースや手洗いコースなどのコースを選びます。水だけでも余分な物質を取り除けますので、洗剤は不要です。 脱水まで洗濯機で行い、乾かします。天気のいい日を選んで、外干しするのがおすすめです。

 

〈②手洗いで水通しする方法〉

手洗いで水通しをする場合は、たらいや洗面器に水やお湯をはり、もみ洗いをして水やお湯ですすぎます。よく絞り、形を整えたら干してください。

手洗いの場合もたらいや洗面器が汚れていては、服にその汚れが移ってしまいます。衛生状態を確認してから水通ししてくださいね。

 

新生児の服を洗濯するときのポイント

では実際に赤ちゃんが着た後の服の洗濯方法はどのようなものでしょうか。

 

【基本的には大人と分けて洗う】

赤ちゃんの服は基本的に大人の服とは別に洗いましょう。大人の服が新しい場合は、その服にホルムアルデヒドが含まれている可能性もありますし、洗剤や柔軟剤を使うと赤ちゃんの肌には刺激となることがあるからです。

また、大人の服が汚れている場合、その汚れが赤ちゃんの服へ移ってしまうことも。洗濯の回数が増えて大変だと感じる方もいるかもしれませんが、1歳頃までは分けて洗うのがおすすめです。1歳を過ぎたら、赤ちゃんの肌の様子を見ながら一緒に洗っていきましょう。

 

【新生児の服の洗剤の選び方】

新生児の服を洗う時の洗剤は、刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。大人の洗剤には蛍光剤や香料などの添加物が含まれているものが多いです。肌への刺激はもちろん、何でも口に入れて舐めてしまいやすい赤ちゃんですので、余計な添加物が含まれているものは使用しないようにしましょう。

赤ちゃん用の洗剤として市販されているものは、パッチテスト済だったり、無添加だったりするものが多いので、新生児の時期から使うのがおすすめです。

 

【すすぎはしっかり】

赤ちゃんの服を洗う時はすすぎをしっかりするように心がけましょう。

すすぎが十分でないと洗剤が服に残ってしまうことがあります。

 

【新生児の服の汚れがひどい時は】

新生児期を始め、赤ちゃんはうんちやおしっこが漏れてしまったり、汗をたくさんかいたり、吐き戻しなども多い時期で服も汚れやすいです。

汚れがひどい時は、取り除ける汚れは取り除いた上、赤ちゃん用の洗剤を少し入れた水で30分程度つけ置きしておきます。その後、他の服と一緒に洗濯機で洗いましょう。

 

新生児の服を干すときのポイント

洗濯した後、服を干すときにもポイントがあります。

 

【洗濯後はしっかりと乾燥させる】

服が生乾きだと、雑菌が繁殖しやすくなります。不衛生な状態で赤ちゃんに着せないようにしましょう。洗濯したら、風通しのいい場所に干し、太陽の光に当てましょう。紫外線は雑菌消毒効果があります。

 

しかし、天気の悪い日が続いたり、花粉やPM2.5などが気になる季節がありますよね。その場合は部屋干しし、乾燥機やサーキュレーターを使い、しっかりと乾燥させるようにするのがおすすめです。

 

【乾燥機は使っても大丈夫?】

乾燥機を使うのもいいですが、服の生地が傷みやすく、縮んでしまう可能性があります。低熱風で短時間だけ乾燥機を使うのがおすすめです。

 

まとめ

新生児の服はまず水洗いし、赤ちゃんに着せるのが基本です。また、着用後は汚れをしっかり取り、赤ちゃん用の洗剤で洗ってあげましょう。大人とはしばらく別に洗うのが推奨されているので、手間はかかりますが、赤ちゃんのデリケートな肌を守るためです。

ご紹介したような洗濯のポイントを抑え、着心地の良い服を着せてあげてくださいね。

この記事を書いたライター

おかだ うみ
おかだ うみ

11歳、6歳の兄弟を育児中のママライター。うどん県出身、お蕎麦の美味しい北陸在住。趣味はカフェ巡り、キャンプ、音楽鑑賞。子どもたちとの些細なできごとを100%楽しめるような毎日にしたい!と日々模索中。その中で学んださまざまな情報をお届けできたらと思っています。

この記事もおすすめ

int(8)

新生児でもニット帽は使える?

新生児でもニット帽は使える?

新生児の防寒にもニット帽は必要? ニット帽といえば、大人の防寒ファッションの1...

新生児のおもちゃの選び4つのポイント

新生児の赤ちゃんのおもちゃ選び 生まれたばかりの赤ちゃんに与えるおもちゃ。 ...

新生児から使える抱っこ紐はどう選ぶ

新生児から使える抱っこ紐はどう選ぶ?

抱っこ紐は新生児期もマストアイテム 赤ちゃんとのお出かけに欠かせないアイテムと...

【生後0ヶ月】赤ちゃんの写真を撮ろう

生後0ヶ月の成長を写真に収めておこう 赤ちゃんの姿や表情はとても愛らしく、思い...

赤ちゃんの名前を命名するとき

赤ちゃんの名前は親からの贈り物 新しい命を授かってパパやママになり、初めて親と...

【生後0~3ヶ月】寝相アートで月齢フォト撮影

寝相アートで月齢フォトを撮影しよう 生後0~3ヶ月頃のねんね時期の赤ちゃんは、...

新生児のミトンの選び方と使い方

新生児にミトンは必要?不要? 新生児の赤ちゃんの小さな手にはめたミトンは、ほの...

新生児のチャイルドシートの選び方

新生児のチャイルドシートの選び方

新生児にチャイルドシートを選ぶには チャイルドシート選びは慎重になりますよね。...

新生児の授乳クッション使用時の注意点

新生児の授乳クッション使用時の注意点

新生児期には授乳クッションが大活躍! 授乳クッションは新生児に授乳する際に活躍...

生後0ヶ月の赤ちゃんにおすすめの絵本

生後0ヶ月の赤ちゃんにおすすめの絵本

生後0ヶ月の赤ちゃんの絵本選びは? 生まれたばかりの赤ちゃん。 そんな赤ちゃ...

赤ちゃんのニューボーンフォトの撮り方

赤ちゃんのニューボーンフォトとは?   日本でもSNSを中心に人気...

赤ちゃんの名前占いについて

赤ちゃんの名前占い 赤ちゃんの名前を決める際に、多くのママやパパが気にするのが...

赤ちゃんの名前の決め方

赤ちゃんの名前 赤ちゃんにどんな名前をつけてあげようか、お腹の中にいるときから...

【産後0ヶ月】ママによくある悩み

産後0ヶ月のママの悩みは? 出産を終え、赤ちゃんに会えたという喜びもつかの間、...

新生児のしゃっくりの原因は?

新生児のしゃっくりの原因は?

新生児はなぜよくしゃっくりをするの? 赤ちゃんのしゃっくりはとても愛らしいもの...

生まれたての赤ちゃんの特徴

生まれたての赤ちゃんの特徴

生まれたての赤ちゃんってどんな印象? 出産を終えて、ようやく赤ちゃんとの対面。...

補助金・助成金以外の支援制度

子育て中に受けられる支援 育児中の家庭には、補助金・助成金のほかにも様々な物や...

新生児の肌着の選び方とお着替えのコツ

新生児の肌着の役割とは? まだ体温調節を自分ですることができない新生児の場合、...

赤ちゃんの名づけ・命名

赤ちゃんの名付けとは 赤ちゃんを授かったら、最初に悩み、考えることと言ったら名...

生後0ヶ月の赤ちゃんの服選び

生後0ヶ月の赤ちゃんの服選び 生まれて間もない生後0ヶ月の赤ちゃん。 赤ちゃ...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php