新生児の保湿スキンケアのポイント

新生児期の保湿スキンケア

新生児期から保湿スキンケアをするようにと指導されたことはありませんか?

産まれたばかりの赤ちゃんは、乾燥とは無縁な肌のように思えるのに、なぜ保湿ケアを始動されることがあるのでしょうか。

 

今回は、新生児期の保湿スキンケアは必要なのかどうかという点と、スキンケアをする際のポイントについて、詳しくご紹介します。

 

新生児に保湿スキンケアは必要?

新生児の赤ちゃんの肌状態と、保湿スキンケアを薦められる理由を以下で詳しく見ていきましょう。

 

【新生児の肌】

赤ちゃんは、ママのお腹の中にいる時は「胎脂」という成分で守られています。

この胎脂の成分は水分や油分が主なもので、赤ちゃんが生まれてきた時にも体や髪などに白いクリームのような形状で付着してきます。

胎脂は沐浴をすることで洗い流されてしまいますが、それでも新生児期の赤ちゃんは皮脂が多く、乾燥しにくい状態です。

 

【新生児に保湿ケアは必要?】

新生児期は肌が乾燥しにくい状態でありますが、保湿ケアは必要なのでしょうか。

結論から言うと、新生児にも保湿ケアはした方がいいでしょう。

新生児期からの保湿ケアによって、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎を防ぐ可能性があると言われているからです。

 

国立成育医療研究センターは、「新生児期から保湿剤を塗ることで、アトピー性皮膚炎の発症率が3割減少した」という研究結果を2014年に発表しています。(※1)

このことから、新生児期からの保湿スキンケアをすることで、アトピー性皮膚炎の発症率を低下させることができる可能性があることが分かりますよね。

 

※1)参考:国立成育医療研究センターHPより「世界初・アレルギー疾患の発症予防法を発見

 

また、新生児期を過ぎると、肌は乾燥しやすくなります。

新生児期の頃から保湿ケアをお世話のルーティン化し、習慣としていくのもいいですね。

 

新生児の保湿スキンケア方法

具体的にどのように保湿ケアをしていくといいでしょうか。

 

【新生児の保湿スキンケアに使用するもの】

新生児の赤ちゃんの保湿ケアに使用するものとしては、

 

・ベビーオイル

・ベビーワセリン

・ベビーローション

・ベビークリーム

・病院から処方された保湿剤

 

などがあります。

ママや赤ちゃんにとって快適に使えるものが見つかるといいですね。

 

【新生児に保湿スキンケアを行うタイミング】

新生児の赤ちゃんへの保湿スキンケアのタイミングとしては、赤ちゃんが服を脱いでいる沐浴後がベスト。

タオルでしっかりと水分をふき取ってから、保湿剤を塗ってあげましょう。

 

もしママに余裕があるようだったら、沐浴後以外にも朝起きた後など、1日に数回保湿をしてあげるとなお良いです。

しかし、赤ちゃんの服を脱がすのは大変なため、無理はしなくても大丈夫ですよ。

 

【新生児に保湿スキンケアをする際のポイント】

沐浴後に赤ちゃんに保湿スキンケアをする際は、その前にしっかりと体の汚れを落とすようにしましょう。

赤ちゃんにとって保湿と同じくらい体を清潔にするのは大切なことです。

油分が多いもので保湿をしてソープ剤を使用しないでいると、アレルゲン物質が付いたままになっていることがあり、

その上に保湿剤を塗るとアレルゲンが常に肌に付着しているのと同じことにもなりうるので、しっかり洗いましょう。

 

新生児の保湿スキンケアの注意点

【赤ちゃんの肌の状態を見ながら行う】

新生児の赤ちゃんの肌は、赤ちゃんによって状態が大きく異なります。

保湿スキンケアが必要なほど乾燥状態にある子もいれば、油分が多い状態なため過度な保湿は逆効果な子もいます。

赤ちゃんの肌の状態をしっかりと見て、赤ちゃんに合ったスキンケアをしてあげるようにしましょう。

 

とはいえ、どのようなスキンケアが赤ちゃんにとって最適なのか、まだ分からないママが多いと思います。

そんな時は、2週間健診などで医師に相談してみると適切なアドバイスがもらえますよ。

 

【対象月齢に合ったものを使う】

赤ちゃん用の保湿スキンケア用品は多くの種類がありますが、新生児期から使える物はその中でも限られてきます。

市販のものを使用する場合は、パッケージに記載されている使用可能月齢を確認してから使用しましょう。

 

【初めて使うものはパッチテストをする】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなため、保湿スキンケアをする際、初めて使用するものは必ずパッチテストをしましょう。

 

パッチテストは、赤ちゃんの二の腕の内側など皮膚の薄くて目立たない場所に、ほんの少し保湿剤を塗りその変化を観察します。

塗った24時間後に赤くなったり、腫れてくるようならば、その保湿剤の使用は避けるようにしましょう。

 

まとめ

新生児の頃からの保湿スキンケアは、赤ちゃんの将来の肌の健康にもつながります。

ママは赤ちゃんのその他のお世話で大変かもしれませんが、お世話の中に保湿スキンケアも盛り込んで、普段のお世話のルーティンの一部となるように習慣づけましょう。

しっかりと保湿ケアをして、赤ちゃんのすべすべもちもちのお肌を守ってあげてくださいね。

この記事を書いたライター

小橋 まな
小橋 まな

2歳の娘を育児中のママライター。出産前は子供がとても苦手だったのに、今では娘を溺愛しすぎてたまに我に返ることもあるほどです。育児休暇後職場復帰の予定が、実父の体調不良をきっかけに退職し在宅ライターの道へ。心配性で神経質になってしまった0歳児育児の過去の自分を振り返り、ママたちが安心して育児ができるような記事をお届けしたいと思います。

この記事もおすすめ

int(8)

新生児でもニット帽は使える?

新生児でもニット帽は使える?

新生児の防寒にもニット帽は必要? ニット帽といえば、大人の防寒ファッションの1...

新生児の抱っこのポイント

新生児の抱っこのポイント

新生児の抱っこの仕方 生まれたばかりの新生児は小さくて柔らかくて、首がすわって...

新生児生理的体重減少の原因とは?

新生児生理的体重減少の原因とは?

新生児の生理的体重減少とは? 正常に生まれた新生児の平均体重は、およそ3kgほ...

【生後0ヶ月】1日のスケジュール

生後0ヶ月の赤ちゃんの1日 生後0ヶ月の赤ちゃんは、寝てばかりいるというイメー...

新生児の赤ちゃんに適したミルクの間隔

新生児に適したミルクの間隔とは 生後間もない赤ちゃん。初めての授乳に戸惑うママ...

生後0ヶ月の赤ちゃんのお世話

生後0ヶ月の赤ちゃんのお世話ポイント 生後0ヶ月の赤ちゃんは昼夜関係なく起きて...

新生児の赤ちゃんの生活

授乳量と授乳の回数 新生児期は、胃が小さく、授乳のリズムも整っていません。お母...

新生児の赤ちゃんと黄疸

赤ちゃんと黄疸 程度の差はありますが、赤ちゃんには多かれ少なかれ新生児黄疸が見...

0ヶ月赤ちゃんとママの過ごし方

【生後0ヶ月】赤ちゃんとママの過ごし方

生後0ヶ月の赤ちゃんの過ごし方 ママは出産を終えて、生まれたばかりの赤ちゃんと...

赤ちゃんのニューボーンフォトの撮り方

赤ちゃんのニューボーンフォトとは?   日本でもSNSを中心に人気...

赤ちゃんの笑顔が見られる時期は?

赤ちゃんの笑顔が見られる時期は?

赤ちゃんの笑顔はいつから見られる? 寝ているだけでもかわいい赤ちゃん。そんな赤...

新生児服の水通しはいつする?

新生児の服の水通しはした方がいい? 大人よりも弱い赤ちゃんの肌。新生児の服を購...

出生届について

出生届とは 赤ちゃんが誕生し、最初に必要となる手続きは出生届の提出です。出生届...

新生児の目の病気

新生児の目の病気

新生児の目の病気ってどんなもの? 生まれて間もない新生児でも、目の病気にかかる...

【生後0ヶ月】赤ちゃんの写真を撮ろう

生後0ヶ月の成長を写真に収めておこう 赤ちゃんの姿や表情はとても愛らしく、思い...

新生児がうなる原因と対処法

新生児がうなる原因と対処方法

新生児がうなるのはどうしてなの? 新生児の赤ちゃんが辛そうにうなる姿やいきむ様...

「ことだま」にこだわる名づけ

ことだま(言霊)の力 ことだま(言霊)とは、言葉に宿っている不思議な力のことを...

新生児の体重が増えない理由とは

新生児の体重が増えない理由とは?

新生児期の体重の悩み 新生児期に、赤ちゃんの体重があまり増えないと、母乳の量が...

2019赤ちゃんの名前人気ランキング

赤ちゃんの名前ランキング・はじめに 2019年にも色々な出来事がありました。日...

新生児に授乳する初乳の免疫効果

新生児に授乳する初乳の免疫効果

生まれたての新生児に授乳する喜び 陣痛を乗り越えて出産し、初めて赤ちゃんと対面...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php