新生児の赤ちゃんの注意すること

睡眠環境

今までママのお腹の中の羊水に浮かんで、守られて育ってきた赤ちゃんは、産まれて初めて外界に接し、全く違う環境で育っていきます。

1日の3分の2を寝て過ごす新生児にとって、ママのお腹の中と同じように、大切に守ってくれる状態にしておきたいのが、寝るときの環境です。

できるだけ静かで、清潔で、心地よく過ごせる場所になるように環境を整え、赤ちゃんが泣いたり異変があったりしたときに、すぐ駆けつけられるように、ママや家族の目の届くところに赤ちゃんを寝かせてあげましょう。

 

【窒息事故】
赤ちゃんが寝る顔の近くに、ぬいぐるみやおもちゃを置いたりしていると、それが顔にかぶさり、窒息事故になる危険性があります。

また添い寝をするときは、親が寝ている間に気付かずに、赤ちゃんに覆いかぶさっていることもあり危険です。赤ちゃんは、ベビーベッドか赤ちゃん用のお布団を、大人用と別に用意して寝かせましょう。

外出

赤ちゃんは1ヶ月健診が終わるまでは、不要不急の外出を避けることをおすすめします。
新生児は体温調節機能が弱く、細菌やウイルスへの抵抗力も弱いので、感染症にかかるリスクがあるからです。

 

もし、1ヶ月健診の前に外出しなければならない用事ができたときは、できる限り代理の人に行ってもらうようにします。

 

どうしても代わりが立てられないときは、赤ちゃんへの負担を減らすことを第一に考え、自家用車やタクシーを利用して、なるべく外にいる時間が少なくなるように注意しましょう。

 

自家用車を利用するときはベビーシートが必要です。あらかじめ準備をしておきましょう。タクシーを使う場合は、事前に「新生児が乗車する」ことを伝えると良いでしょう。

体調管理

新生児が発熱しているかどうかは、平熱より1度以上高いかどうかで判断します。新生児の平熱は36.7~37.5度くらいの子が多いです。

 

しかし、赤ちゃんによって様々ですから、体調が悪く発熱しているかどうかを見極めるため、普段から赤ちゃんの体温を測り平熱を知っておくと安心です。

 

平熱より1度以上高くなっている場合、もしくは熱は37.6度以上の時は発熱している可能性があります。しかし着せすぎや暑い中の抱っこ、ベビーカーで歩いた後などは、体温が高くなりやすいため、一枚脱がせてみる、涼しい部屋に移動するなどし、再度熱を測ってみましょう。

 

それでも熱が高ければ、日中は近くの小児科へ、夜間であれば小児を受け入れてくれる病院へ行きましょう。夜間の場合、受診前に「新生児(生後1ヶ月未満)で発熱している」ことを電話で伝えておくとスムーズです。

 

発熱の他に、

・なんとなく機嫌が悪い

・母乳やミルクの飲みが悪い

・顔色が悪い

・嘔吐する

・息苦しそう

・発疹や水ぶくれがある

 

など異常を見つけた場合は、1ヶ月健診を待たずに、必ずただちに近くの小児科を受診しましょう。

 

赤ちゃんの具合が悪くなってから、慌てて探すという事態にならないように、新生児を受け入れてくれる小児科を近くで見つけておきましょう。

 

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php