新生児の赤ちゃんと黄疸

赤ちゃんと黄疸

程度の差はありますが、赤ちゃんには多かれ少なかれ新生児黄疸が見られます。そのほとんどが生理現象と考えられ、特に心配する必要のないものです。

 

しかし、中には治療が遅れると危険な病的黄疸もみられます。医療機関と連携し、早期治療が必要な疾患を見逃さないことが大切です。

生理的黄疸

赤ちゃんが胎外の環境に慣れていく過程で起こる一時的な黄疸を、生理的黄疸といいます。

 

黄疸は、ビリルビン(赤血球の中のヘモグロビンが変化してできた物質)が血液中に増えるために起こります。 お母さんのお腹の中にいるとき、赤ちゃんの血液は酸素が少なくても大丈夫な状態です。

 

けれども生まれた後は酸素がたくさんあるので、血液の状態を変化させなければいけません。胎児のときの血液から、空気中で生きていく血液に変化するときに、赤血球が壊れます。

 

この壊れた赤血球がビリルビンをというものを作り、黄疸を起こします。
このように赤ちゃんの黄疸は環境変化に伴い起こるものであり、赤ちゃんの黄疸の8割以上は生理的黄疸で、特に治療の必要はありません。

 

生後2~3日後から赤ちゃんの皮膚や白目が黄色くなり、5~7日ころにピークに達した後は次第に薄くなり、およそ2週間くらいで消えていきます。

 

ただし、黄疸が強い場合は治療が必要になる場合があります。

血液型不適合による黄疸

血液型不適合による黄疸にはRh式とABO型があり、いずれも出生後24時間以内に黄疸が現れます。したがって出産後入院期間中にわかることがほとんどです。

 

【Rh式血液型不適合】
ママの血液型がRh(-)で、赤ちゃんがRh(+)の場合に起きる可能性があります。
第一子の妊娠中(流産・中絶も含む)や分娩時に、赤ちゃんの血液がママの血液に入って抗体をつくると、第二子以降の妊娠中に、この抗体が胎盤を通って赤ちゃんの血液に入り、赤血球を壊して貧血や黄疸を引き起こします。

 

出生直後、強い黄疸症状が出ますが、お腹の中ですでに貧血による心不全や重症の場合は胎児水腫を起こしていることもあります。
ママの血液型がRh(-)の場合は、定期的に抗体を定量にするなど妊娠早期から細心の注意が必要ですが、産科の医師が必ずその点を確認しています。 治療が適正に行われれば予後は良いものです。

 

【ABO型血液型不適合】
O型のママとA型、B型またはAB型の赤ちゃんという組み合わせで現れることがあります。

何らかの原因により赤ちゃんの血液がママの血液に流れ込んで抗体ができることで起こりますが、流れ込む血液の量は非常に少ないので、貧血や黄疸の程度はRh不適合と比較すると軽度であり、胎児水腫になることも少なく症状が重症化することはまれです。

母乳性黄疸

新生児黄疸が3~4週間たっても消えない場合を遷延性黄疸といいますが、たいていは母乳を飲んでいる赤ちゃんにみられる母乳性黄疸です。

母乳性黄疸は良性の黄疸なので、赤ちゃんの発育や発達に問題がなく黄疸以外に異常がなければ、母乳をやめたり治療をする必要はありません。

 

しかし、黄疸の程度を示すビリルビンという値が高値の場合は光線療法を行うこともあります。
また、黄疸のある赤ちゃんが、元気がない、一日中ウトウトしている、哺乳力が低下している、うんちが白っぽいなどの症状がある場合は、他の病気の疑いもあるので医師の診察を受けましょう。

肝臓・胆道の異常による黄疸

黄疸がどんどん強くなる、便の色が白っぽくなるなどの症状がある場合は新生児肝炎や胆道閉鎖症のおそれがあります。 便の色が気になった場合はすぐに小児科医の診察を受けましょう。

黄疸の治療

治療法には主に光線療法と交換輸血の方法がありますが、重症例の黄疸でない限り、交換輸血は行いません。

【光線療法】
光線療法はとても有効な治療法で、治療を必要とするほとんどの黄疸で実施されています。

 

一般には副作用の少ないブルーライトかグリーンライトが使用されます。 副作用として、体温の上昇、発疹、下痢などの症状が現れたりすることもありますが、治療が終われば消えていく症状です。

最近ではポータブル型の光線器械も開発され、自宅での治療も可能となりました。

【交換輸血】
ビリルビン脳症の危険が高い場合や、重症の血液型不適合の場合などに行われます。

 

この記事を書いたライター

赤ちゃん成長ナビ
赤ちゃん成長ナビ

育児のポイントと成長度合いがわかるポータルメディア「赤ちゃん成長ナビ」。
生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。

生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

この記事もおすすめ

int(8)

【生後0~3ヶ月】寝相アートで月齢フォト撮影

寝相アートで月齢フォトを撮影しよう 生後0~3ヶ月頃のねんね時期の赤ちゃんは、...

新生児のサーモンパッチは消えるの?

新生児のサーモンパッチは消える? 新生児の約20%ほどに、サーモンパッチと呼ば...

新生児の体重が増えない理由とは

新生児の体重が増えない理由とは?

新生児期の体重の悩み 新生児期に、赤ちゃんの体重があまり増えないと、母乳の量が...

新生児服のサイズと選び方

新生児の服のサイズと選び方

新生児服のサイズの目安は? 産まれてくる赤ちゃんのことを考えながら洋服を選ぶの...

生後0ヶ月の赤ちゃんの服選び

生後0ヶ月の赤ちゃんの服選び 生まれて間もない生後0ヶ月の赤ちゃん。 赤ちゃ...

赤ちゃんのお七夜で手形足形をとるコツ

赤ちゃんのお七夜に手形足形を残そう 赤ちゃんが生まれて初めてのお祝いごと「お七...

人気の名前ランキング(最新版)

人気の読み方ベスト10 可愛いわが子にどんな素敵な名前をつけようかと考えること...

新生児なのに泣かないのは大丈夫?

新生児なのに泣かないのは大丈夫? 赤ちゃんは泣くのが当たり前、と思っている方が...

新生児のミトンの選び方と使い方

新生児にミトンは必要?不要? 新生児の赤ちゃんの小さな手にはめたミトンは、ほの...

名前・命名披露について紹介

命名書とは 命名書とは、赤ちゃんの名前が決まったときに、名前を清書して飾るため...

赤ちゃんのニューボーンフォトとは?

赤ちゃんのニューボーンフォトとは?

赤ちゃんのニューボーンフォトを撮ろう 「ニューボーンフォト」とは、新生児期の赤...

新生児によくある湿疹とは?

新生児の肌の状態 生後2~3ヶ月頃までは、赤ちゃんの皮膚は思春期と同じような状...

赤ちゃんのお七夜にぴったりな記念品

赤ちゃんのお七夜に記念品を作ろう 赤ちゃんが生まれて7日目に行う「お七夜(しち...

生後0ヶ月の赤ちゃんへのプレゼント

0ヶ月の赤ちゃんへプレゼントを贈ろう 待ちに待ったわが子の誕生はとても喜ばしく...

生後0ヶ月の赤ちゃんの体重

生後0ヶ月の赤ちゃんの体重について 「赤ちゃん」と聞くと、まるまるとした肉付き...

新生児の目の発達

新生児の目の発達

新生児の目はどのくらい見えている? 新生児の赤ちゃんとたまに目があうような仕草...

新生児の心雑音の原因は?

新生児によくある心雑音とは 赤ちゃんが生まれた時、ママは人生で一番と言っていい...

新生児がママの抱っこで泣く理由

新生児はママの抱っこが大好き 赤ちゃんはママの抱っこが大好きです。 まだママ...

新生児期の赤ちゃんがミルクを飲まないのはなぜ?

【新生児】赤ちゃんがミルクを飲まない ミルクというと、赤ちゃんがゴクゴクと音を...

赤ちゃんのおしりの蒙古斑の原因は?

赤ちゃんのおしりの蒙古斑の正体は?

赤ちゃんのおしりの蒙古斑って何? 赤ちゃんのおしり、またはおしりから背中にかけ...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php